FC2ブログ

NY休場で目立った動きなし。 

7月に入り上場企業各社は株主総会も終え「ほっ」と

一息ついたところです。

7月に入り第2四半期入りしたことで、年金基金の第1四半期の

運用成績が発表されました。

それによると、4-6月期の利回りは急低下しマイナス6.8%。

散々な成績でした。

もちろん主因は株式市場の下落です。

日経平均が3月末と比べ約15%下落したことで、

年金資金は約2兆円減ったそうです。

国民年金の不払いは一向に減らない中、預かっている

資金が減っていく・・・・。厳しい状況です。



いっそのこと、世界の第一線で活躍しているファンドマネージャー

を高給でヘッドハントして、運用を競ったらどうでしょう。

もちろん、報酬は運用成績にリンクさせて・・・。




ひと目で分かる昨晩の動き

欧州市場







  • NY市場が休場のため主要通貨の値動きは小幅にとどまった。

  • ドル円はアジア市場出88円近辺まで上昇する場面が

    あったものの、勢いはなく87円台後半での動きに。

  • 日経平均が小幅反発したことでやや円安に。

  • ユーロドルも1.25台前半で小動き。

  • 5月ユーロ圏小売売上高 → 0.2%




    本日の注目点



    • 豪   5月貿易収支  

    • 豪   RBAキャッシュターゲット 

    • 日   5月景気動向指数     

    • 米   ISM非製造業景況指数      





    NY市場が休場のため動きがありません。

    欧州時間ではドル円が87円97銭まで上昇しましたが、ポジション調整の域

    を出ず、88円台乗せに至っていません。

    ドル円では円の先高観が優勢で、ドルの戻りを売りたいと考えている市場参加

    者が多いように思えます。

    米国の利上げ期待はかなり後退し、ドルを買い上げる材料がないことがその理

    由のようですが、3連休明けの今日のNY株式市場の動きが注目されます。

    仮に大幅反発を見せれば上値の重いドル円も88円台に乗せることになろうか

    と思いますが、今朝の報道にもありましたが、米主要企業の4-6月期決算は

    前期比マイナスになりそうです。

    収益面からの株価の反発は期待できそうもありません。

    それでも株式を空売りしている向きの買い戻しを誘い出せれば株価が上昇する

    ことも考えられます。そろそろ自律反発してもよいころだとは見ますが、どう

    でしょうか・・。



    豪ドルが対米ドルで強含む場面がありましたが、欧州市場に入ると下落、0.

    83台後半での取引になりました。

    ロンドンFTが下落し、豪州資源株の代表であるBHPビリトン株が下落した

    ことが背景のようです。

    豪ドルについては豪州の「資源税問題」の行方が上昇を抑えているものと思わ

    れます。

    今朝の10時半には豪州の貿易収支、そして午後1時半には政策金利の発表が

    あります。



    ユーロドルは先週末のNY市場午後から1.35台半ば中心の取引が続いてい

    ます。

    そのため1時間足のボリンジャーバンドではバンドが急速に「収縮」していま

    す。

    短期的には明確な方向感が見えないことから、NY時間で「拡大」が始まった

    らひとまず同じ方向について行くのもおもしろいかもしれません。



    今日の東京時間も静かな1日となりそうです。

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/577-e2f02de5

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。