FC2ブログ

NYダウ8日振りに反発。 

LED電球が売れているそうです。

寿命が白熱電球の約40倍で電気代が約7分の1。

当然売れるはずですが、問題は価格でした。

2年ほど前までは5千以上していましたが、最近は

安いところで1個1700円台にまで下がっています。

ところが問題もあって、使用できる期間が長いため

口金など、装着される方の部品が持たないそうです。

もし白熱電球を毎年交換するとしたら、LED電球は

40年に1回交換・・・?

と言うことは、長い人生で2回交換すればいいということに。

何やらぞっとします・・・。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • アジア、欧州市場の株高を受けリスク回避の動きが後退。

    ドル円ではドル高円安、その他主要通貨は対ドルで軒並み上昇。

  • 日経平均、ロンドンFTなどが反発したことで円は88円目前まで

    売られたが、NY市場では経済指標の悪化からドル全面安となり、

    円も87円前半まで上昇。

  • ドル安が進んだことから、ユーロは5月21日以来となる

    1.26台半ばまで反発。1.20の大台割れ後の高値を記録。

  • 政策金利据え置きを決めた豪ドルも急反発。アジア市場での

    0.83台から0.85台を回復。

  • NYダウは急反発し、一時前日比170ドルを超す上昇。

    その後経済指標が市場予想を大幅に下回ったことから、マイナスに転じたが

    引けは57ドル高。

  • 米債券相場は上昇。10年債利回りは年初来の最低水準に

    近付く。

  • 金は大幅続落し、1200ドルの大台割れ。原油は軟調で小幅ながら7日続落。

  • ISM非製造業景況指数 → 53.8(4ヵ月振りの低水準)



    本日の注目点



    • 欧   ユーロ圏第1四半期GDP(確報値)                

    • 独   5月製造業受注       




    NYダウが8日振りに反発しました。

    上海総合指数や日経平均の上昇を受けて、欧州市場の株価も急反発。

    為替市場ではこの流れを好感し、これまでのリスク回避の動きの巻き戻し

    からドル全面安の展開になり、ユーロドルは1.2663まで買い戻されまし

    た。市場ではユーロ先安観が強く、ユーロの戻りは売りたいとの姿勢が優

    勢ですが、さすがに1.26台の半ばを超えてくると「1.18台は底値?」と

    の観測も出てきたようです。

    5月の安値から約800ポイントの戻しは、「ユーロは小康状態で、再び下落

    する」との見方に説得力を失いつつあるようです。

    今回のユーロの下落は1.3679から始まっています。

    1.26台半ばまで戻したことで、その下落幅の44%を回復したことになりま

    す。いわゆる「半値戻し」の水準は1.2778と計算されますが、この水準を

    上回れば目先の「ユーロの底値を確認」したと判断できそうです。

    その意味でも現在の1.26台からの動きは、今後のユーロの方向性を占う

    意味でも重要だと言えます。



    一方、ドル円は88円が「壁」になりつつあります。

    今週に入り、ドルが反発するものの、88円手前で押し戻される展開が続いて

    います。先週、7月に入ったとたんに87円割り込み、86円96銭まで円高が進

    みましたが、その後は87円台でのもみ合いが続いています。

    ドル全面安の流れが継続されていることから、円の大幅な下落は期待しにくい

    状況です。

    今後、ユーロ円あるいは、豪ドル円が大幅に買われる流れになれば、ドル円で

    の円売りに繋がりますが、可能性としてそれほど高くはないと見ています。

    むしろ、再び株価の下落傾向が強まれば円が買われる可能性の方が高いと思

    われます。


    引き続き米経済指標の悪化が懸念されます。

    製造業に加え、非製造業でも景気減速の可能性が出てきました。

    昨日発表された6月ISM非製造業景況指数は、前月比約6ポイントも下落しまし

    た。

    景気判断の分かれ目となる「50」は超えたものの、市場の予想を大きく下回ったこ

    とで雇用、住宅、などとともに景気拡大にブレイキがかかってきました。

    特に項目別では雇用指数が49.7と「50」を割り込んできたことで、サービス業な

    どにも再び雇用調整の動きが出てきたとの見方もできます。

    先週末の雇用統計でもこの傾向は示されており、オバマ大統領は雇用を増やす

    ための新たな政策に着手する必要に迫られることにもなりそうです。



    本日は米経済指標の発表がないことから大きな値動きは期待できませんが、やは

    り株価を睨んだ動きになると思われます。

    ドル全面安の展開になれば、円を含む主要通貨はドルに対してパラレルに動きそ

    うですが、ユーロ円などのクロス円の動きにも注意したいと思います。

    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/578-9813c0e9

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。