FC2ブログ

円、89円台乗せは短命。 

民主党の大敗は予想通りの結果と受け止めてられています。

昨年9月、国民は戦後長期にわたり政権の座にあぐらを

かいてきた自民党に、ノーを突きつけ政権交代を実現させました。

民主党政権に夢を託し、「変革」を期待しました。

しかし、鳩山政権は普天間問題や政治と金問題で失脚。

菅新総理のもとで「国民の判断」を仰いだ結果、現有議席を

大きく割り込む大敗となったわけです。

いわゆる「無党派層」の動向が政治の主導権を左右する時代に

なりました。

自民党ではだめだったが、民主党だって国民不在の政治をやったら

明日はないよ、ということです。

無党派層は、過去のしがらみや、古いしきたりなどには

縛られません。

これで日本の政治が少しでも良い方向へ進んで行けば、

たとえ芸能人でもスポーツ選手でもいいんです。

議員報酬に見合った活動をしてくれれば・・。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • 参院選の結果を受け、円はアジア市場で2週間ぶりの

    89円台乗せを示現。しかしその後はじり高の展開が続き、

    NYでは88円39銭まで円が買い戻された。

  • S&Pが民主党のは敗北は日本の格付けにマイナス要因である

    と発表したことで円が大幅に下落したが、影響は限定的だった。

  • 重要な経済指標発表もないな中、ユーロドルは1.26台から

    1.25台半ばへ下落。これまでショート筋の買い戻しが主流

    でユーロが上昇したが、その動きもかなり消化されたとの見方も。

  • ポンドが3日続落。S&Pが英国の格付けを「AAA]から

    ネガティブに見直したことが背景。

  • NY株式市場は小幅高。ダウは18ドル高で5日続伸。

  • アルコアが四半期決算を発表。純利益は市場予想を上回った。

  • 債券はやや下落し、長期金利は前日比小幅上昇。

  • 金は反落し、再び1200ドル台割れ。原油価格も反落。




    本日の注目点



    • 独   7月ZEW景況感調査  

    • 欧   7月ユーロ圏ZEW景況感調査 

    • 欧   EU財務相理事会 

    • 米   5月貿易収支        

                       


    2週間ぶりに89円台に乗せた円でしたが、その水準を維持することはで

    きなかったようです。

    参院選でも民主党の敗北から円売りが優勢な状況で、格付け会社が、潜

    在的な格下げ要因になるとの見方を発表。

    これをきっかけに88円後半から89円15銭までドル買い円売りが進みました。

    円が89円台に乗せたことで、寄りつきからマイナスで推移していた日経平

    均もプラスに転じ、株価上昇。輸出関連株が上昇しました。

    しかし、この流れも長くは続きません。

    欧州市場にかけ円はジリ高となり、NY市場では先週末の水準よりやや円

    高のレベルまでドルが押し戻された格好でした。



    先週後半までに円の上値は87円近辺で抑えられ、今週は円の安値を探る

    動きが予想されていましたが、これも89円台乗せで一杯一杯。円の下値も

    限定的となり再び88円半ばを中心にした取引になりそうです。

    もともと為替市場は政治的要因を受けにくいと言われていますが、昨日の動

    きなどまさに、その通りだったと言えます。

    ただ、今後避けては通れない「消費税」問題や「歳出削減を含めた財政改革

    」問題はねじれ国会が実現してしまった以上混迷が予想され、その影響が為替

    に及ぶことは十分あり得ます。

    少なくとも長期金利への影響は大きく、金利のブレが為替に影響を与えるからで

    す。さて、87円ー89円の上下ともに大きく抜けきれない円は、しばらくもみ合いが

    続く可能性があります。

    今後の材料としては米国、欧州サイドの要因で動くと見られます。

    今週から来週に予定されている米企業の決算発表、さらにはFOMCが控えてい

    ます。

    昨日のウオール・ストリート・ジャーナルは、オバマ政権が新し雇用対策を計画して

    いる、と報じています。

    順調に拡大してきた米労働市場は、6月の雇用統計を見てもやや失速気味です。

    景気の「二番底」を避ける意味でも追加的対策が求められるところです。



    ユーロドルもこのところ1.25-1.26台で小康状態が続いています。

    シカゴ先物市場でのユーロ売り持ち額も、先週火曜日現在ではピーク時の3分の1

    程度に縮小され、この間にユーロドルを大きく買い戻したことが伺えます。

    来週23日には欧州金融機関のストレステストの結果も発表されることから、その前

    にポジションを閉じておこうという動きで、1.27台までユーロ高が進んだ主因と見ら

    れています。市場は依然としてユーロの動きに注目しています。

    投機筋のポジションも軽くなったことから、ストレステストの結果を睨みながら

    ユーロが再び値動きを速める可能性もあります。

    ユーロ円を介してドル円が影響を受けることから、結局、円以外の要因がドル円の

    方向性を決める流れは先週までと変わりません。

    もちろん、その中には株式市場の行方も含まれ、重要な要素である事は当然です。

    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/582-8e838d55

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。