FC2ブログ

ユーロドル2ヵ月ぶりに1.27台半ば。 

私の知人がこんな投資案件をもってきました。

一口30万円で配当は月1%(3千円)期間3年で

償還予定。

もちろん、リスクはあります。

投資元本を大幅に下回った場合には現金ではなく、

土地で帰ってきます。

その土地は一区画30万円の価値はありますが、

使用用途はお墓用の土地です。、

約100区画程の中の一区画で、隣には大きなお寺が

あり、必要ならばそこで法要も・・・・。

もちろん不要なら売却も可能です。

ある意味元本は保証されているわけですが

このような案件、皆さんは投資しますか?


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • NY市場では円が88円割れ目前まで買われたが、前日同様、株式市場が

    大幅に続伸したことからドルが買い戻され、88円65近辺で引け。

  • 欧州時間にムーディーズがポルトガル格付けの2段階引き下げを

    発表。ユーロドルは1.26台前半から急落し、1.25台前半まで下落。

    しかし、NYでは上記理由から急反発し、1.27台まで上昇する荒っぽい

    展開に。

  • 豪ドルも大きく上昇。ユーロが買われたことに加え、商品相場も反発した

    ことが背景。この結果、ユーロ円などのクロス円は大幅な円安に。

  • NYダウは大幅に上昇し、これで6日続伸。この間の上げ幅も

    676ドルと、それ以前の大幅下落を取り戻し1万500ドルに迫る水準まで

    引け値を伸ばす。

  • 株高から債券は続落し、長期金利は3.1%台乗せ。

  • 金、原油とも大幅反発し、2週間ぶりの高値水準に。

  • 市場引け後に発表されたインテルの決算は増収増益を確保。

  • 5月貿易収支 → 423億ドルの赤字(2ヵ月連続で赤字幅拡大)



                     
    本日の注目点



    • 日   日銀金融政策決定会合(7/15まで)         

    • 欧   5月ユーロ圏鉱工業生産                   

    • 米   6月小売売上高

    • 米   FOMC議事録(6/22、23日分)            

            



    円は狭いレンジの中、方向感が見えません。

    昨日の朝方はいつものように日経平均の上昇を好感し88円後半までのドル高が

    見られましたが、その後ドルはじり安に。

    88円40近辺に弱いサポートがあることから、一旦下げ止まりましたが、NY市場

    が開くと、さらにもう一段下げ88円03銭まで水準を切り下げました。

    しかし、NY株式市場が買い優勢の展開で始まると、一転してドル高に転換、ア

    ジア市場の水準まで押し戻されて引けています。

    株式市場の動向を睨みながらの展開ですが、87-89円台のレンジに収束しそ

    うな雰囲気も出てきています。



    一方ユーロは底堅い動きが続いています。

    1.25台を底固めしているようにも見え、昨日もポルトガルの格下げをきっかに、

    1.25台前半まで下げる場面がありましたが、そこから急反発し1.27台前半ま

    で上昇、約2ヵ月振りの水準までユーロが買い進まれました。

    材料は23日に発表される欧州金融機関のストレステストの結果について、仮

    に財務内容が悪化していたとしても、ユーロ加盟国でのセーフティーネットが整

    っているという安心感です。

    その場合、まず自力で資金調達を行い、それでも資本不足の場合には自国の

    中央銀行が援助し、さらに不足の場合にはEC加盟国の基金を例外的に活用

    するという内容です。これで、足元のユーロ不安が後退し、ユーロの買い戻しが

    進んだわけです。昨日行われたギリシャの国債入札が極めて好調だったことが、

    市場不安の後退を如実に現しています。

    ただ、テクニカルで見た日足の抵抗線は1.27台半ばにあり、目先この水準を明

    確に上抜けできるかどうかがポイントになりそうです。

    もし上抜けすれば、2ヵ月前の1.18台は「底値を確認」したと見ます。



    ユーロは対円でも反発を強めています。

    今朝は一時113円台に乗せる場面もあり、3週間ぶりのユーロ高水準です。

    これも107円台が「底値」になる可能性が強く、目先115円の壁が意識されます。

    市場は株高を背景にリスク資産へ資金を徐々に移行させているようにも見えます。

    そうなると低金利の円が売られるパターンが定着しますが、対ドルではそれほど円

    安が進みません。

    金利水準からみればドルも同じグループだと認識されていると、敢えて理由ずけ

    できなくもありませんが、ドル円に関しては依然先行き不透明です。


    今日も株式市場を意識しながらの展開になりそうです。

    日経平均は強含みで推移するでしょうが、さすがにNYダウは7日続騰するかどうか

    疑問です。

    NY株式終了後に発表されたインテルの決算内容はNYダウには反映されていま

    せん。この好決算を今夜のNY株式市場は好感する可能性もありますが、6日間で

    676ドルの上昇はオーバーシュートと思えてなりません。いかにもスピードが速く調

    整も必要です。下がり続ける相場はありませんが、上がり続ける相場もありません。

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/583-f77abf39

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。