FC2ブログ

FOMC議事録内容から再びドル安に。 

NYダウの急騰をきっかけに、世界的に株価が反発

しています。

米ブルームバーグが発行する「Bloomberg Markets」

8月号では「ビル・グロスはなぜ株が好きか?」と題して

過去40年間にわたり、世界最大級の運用会社「ピムコ」

で債券運用の指揮を執ってきたビル・グロス氏の変化を

取り上げています。氏は「債券王」と称され、債券相場にも

影響力をもっています。その氏が「これからは株式だ」と

のコメントを寄せています。

「われわれは変化の真っ只中にいる」と、債券から株式への

シフトを勧めているようです。

だからというわけではないでしょうが、このところの株価の

上昇には驚きます。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • ドル円はアジア市場で89円台に載せたものの、前日同様

    さらに買い進まれる勢いもなく再び88円台に軟化。

  • NYでは経済指標とFOMC議事録の内容が景気後退を

    示すするものだったことから、ドル円は88円割れ目前まで下落。

  • ドル安材料が目立ったことでユーロドルは直近の

    戻り高値を更新し、1.2778までユーロ高が進む。

  • さすがのNYダウも悪材料を受け下落していたものの、

    引けはわずかながらプラスで終え、7日続伸。

  • 債券相場は景気悪化の見通しから買い物を集め反発、

    長期金利は下落したが3%台を維持。

  • 金、原油価格ともに反落。

  • 6月小売売上高 → -0.5%(市場予想より悪化)

  • FOMC議事録(6/22、23日分) →GDPと失業率の見通しを下方修正 




    本日の注目点



    • 中   第2四半期GDP

    • 中   6月消費者物価指数   

    • 欧   ECB議事録  

    • 米   6月生産者物価指数 

    • 米   週間失業保険申請件数

    • 米   NY連銀製造業景気指数

    • 米   6月鉱工業生産

    • 米   6月設備稼働率

    • 米   7月フィラデルフィア連銀製造業景況指数

    • 米   第2四半期決算 → グーグル、JPモルガン・チェース           

            

      これまで発表された米経済指標の内容をみればある程度予見されたFO

      MCの議事録内容でしたが、市場は米景気後退を示すものだとして、ド

      ル売りで反応しました。円は2日連続で89円台定着に失敗しました。

      89円20辺りが抜けきれずにもみ合い、その後ずるずると下げる展開

      が続いています。



      昨日はまず、これまで発表された6月の経済指標がそうであったように、

      小売売上高が市場予想を上回るマイナス幅でした。特に、自動車・同部

      品と建設資材などの落ち込みが目立ったようです。

      さらに、その後公開されたFOMC議事録では、2010年第4四半期

      のGDP見通しを下方修正し、失業率の見通しについても悪化すると、

      9.2-9.5%に引き上げられていました。大半のメンバーは景気回

      復ペースが鈍化し、高水準の失業率は長期化するとの見方をしているこ

      とが明らかになりました。また議事録では、景気が悪化した場合には、

      追加の緩和策が適切かどうか検討する必要がある、とも指摘しています。



      このように米景気回復のペースが明らかに鈍化しており、市場は米金利

      の引き上げは「来年以降」との見方を強めています。

      このため昨日はドルが全面安の展開を見せました。

      ただ、米株式市場が大きな崩れを見せないことからドル売りの勢いも今

      のところ限定的です。

      円も88円前半までは買われますが、87円台に切り上げる勢いもなく、

      上値も下値も大きくぶれにくい状況です。

      米株式市場が大崩すれば、円も再び87円台を目指す展開になりそうで

      すが、このところの株価の安定がかろうじて円高への流れ関止めていま

      す。

      NYダウは7日連続で上昇していることから、その反動が気になるとこ

      ろです。



      ユーロドルの回復がゆっくりではありますが、しかし着実に上値を試し

      ています。昨日はNYで1.27台後半まで買われ、直近の戻り高値を

      切り上げています。

      日足では現在一目均衡の「雲」に突入しており、1.2792辺りに雲

      の上限があります。

      日足よりも短い足では、全て上昇傾向を示しておりこの「雲」を抜けきる

      と、ユーロの1.18台は「底値」だったことを認識するに十分だと思え

      ます。



      ストレステストで欧州金融機関に対する不安が払拭された以外、ユーロ圏

      を取り巻く環境は変わっていません。

      昨日のユーロ圏の鉱工業生産を見ても、輸出が好調なドイツなどが指標を

      押し上げ、スペイン、ポルトガルなどが全体の足を引っ張る構図は変わっ

      ていません。

      6月7日に記録した1.1876は一体何だったのでしょうか?

      結局、欧州財政危機を煽りたてた投機筋によるユーロの売りすぎだったのか

      もしれません。

      T&Cフィナンシャル・テクノロジーズの吉田氏の言葉を借りれば「スピー

      ド違反」だったと言えるかも知れません。



      さて、本日は上に書かれているように材料、指標が目白押しです。

      中国の経済指標もあり、米経済指標も多く発表されます。さらに、米大手

      金融機関の決算発表も控えています。

      特に中国第2四半期GDPには注目です。前四半期は11.9%という驚

      異的な成長を見せましたが、足元では自動車販売などにややブレイキがか

      かっています。

      市場の予想も10%から11%と多少見方が割れています。

      スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/584-2d4c9593

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。