FC2ブログ

豪ドル円80円台乗せならず。 

先日米議会で「金融規制改革法案」が成立しました。

リーマンショックをきっかけに金融機関が過大なリスクを

負わないように、様々な規制を設けたものです。

米国では、1929年の世界恐慌を経て、いわゆる

「グラス・スティーガル法」が施行されました。

銀行と証券の垣根を決めた法律です。

その後銀行の業務内容が多岐にわたり、証券化、国際化して行ったことから

同法律は廃止となり、金融機関が再び過大なリスクをとった結果が

リーマンの破綻でした。

今回法案が決まったことで、1930年代に逆戻りした感はありますが、

金融機関救済のために巨額な税金が使われたことを考えると止む得ません。

オバマ大統領は「金融機関救済のために税金を使うことは2度とない」と

宣言しています。

歴史は繰り返すと言いますが、繰り返させてはいけない

出来事です。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • 円は昨日の東京市場で88円台に乗せる場面があったが、

    その後の海外市場では87円前半まで再び円高となり、87円半ばで

    引け。

  • ユーロ円も114円台後半を記録したものの、ドル円で

    円高が進んだこともあり、113円前半での取引。

  • 米経済指標の発表では、市場予想を下回る結果に

    ドルが軟調。さらにベージュブックでも米景気の回復力の

    弱さが報告された。

  • 上記指標に、NY株式市場は5日振りに反落。ダウは39ドル

    安、ナスダックも23ドルと大幅安。

  • 債券相場は5年物国債の入札の好調と、株安を受け上昇。

    長期金利は3%割れ。

  • 金は前日の大幅安から反発。原油価格は小幅続落。

  • 6月耐久財受注 → -1.0%




    本日の注目点



    • 独   7月失業率  

    • 米   週間失業保険申請件数  






    昨日は日経平均の大幅高を材料にドル円は買われ、88円台に乗せる

    場面もありましたが、やはり押し戻され、88円台キープはなりませんでし

    た。海外市場では一度も88円を試すことなく87円前半まで円が買われ、

    依然として方向感に乏しい展開でした。

    7月の耐久材受注が発表になりましたが、市場ではプラスを予想していた

    ものが実際にはマイナス0.1%と、大幅に予想を下回りました。

    その結果ドル売り円買いが進み87円25銭まで円高が進み、前日のドル

    上昇幅をはきだす結果となっています。

    これもいつものストーリーですが。



    さらにベージュブック(地区連銀経済報告)では全体的に経済成長のペー

    スは鈍くなっており、12地区連銀のうち、2地区で経済活動は「横ばい」、ま

    た2地区で「拡大ペースが鈍化」と報告されました。

    住宅についても大半の地区では低迷していると報告されてます。

    今回のベージュブックの報告内容は、先日行われたバーナンキ議長の議会

    証言の内容とも合致するもので「米景気は異例なほど不透明」との表現が裏付

    けられた格好になりました。ベージュブックでの報告内容は、将来FOMCでの

    討議事項になることから、FRBでは追加的金融緩和を検討するのではないか、

    と見る向きもあります。



    しかし、現実的には金融政策面での緩和には限界があり、資金供給がされたと

    しても日本同様資金需要は低調です。

    先月から今月にかけて発表された経済指標をみれば、雇用を中心とした新たな

    政策の実施が早急に求めれる状況になっていることは一目瞭然です。

    バーナンキ議長をはじめ、経済を司る要人たちのクールさにやや驚きを隠せま

    せん。既にサマーバケイションということなのでしょうか・・・。



    豪ドル円が80円テストに失敗しました。

    昨日発表の豪州の消費者物価指数が市場予想を下回り、8月の利上げが遠のい

    たことが理由です。

    堅調な株式市場を背景にしたリスク選好の高まりから豪ドルは対ドル、対円でも

    上昇傾向を強めてきましたが、それぞれ、0.90台、80円台の定着とは至りませ

    んでした。しかし、旺盛な国内経済と中国を中心とする外需に支えられている豪

    州景気にスキはありません。

    今秋までには再利上げに踏み切るものと考え、豪ドルの押し目は拾っておきたい

    と考えています。



    本日のドル円は日経平均の下落の影響から下値を探る展開かと思います。

    ここ2日続いて円の高値は87円25-30で止められています。

    東京時間でこのレベルを割り込むかどうかに注目していますが、日経平均が予想外

    に大幅な下落を見せれば、その可能性もでてきます。

    このところ上昇が続いており、利益確定の売りが出やすい地合いですから、200円

    を超す下落があればドル売り圧力が増してきます。

    個人的な予想は100円前後の下落です。可能性は少ないと思いますが、買い意

    欲も強いことから前日比プラスも考えられます。

    それでもドル円は88円には届かないと見ます。

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/595-78768cc1

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。