FC2ブログ

円、8ヵ月振りの85円台半ば。 

7月の日本列島の暑さは記録的だったようです。

毎日クーラーなしでは寝ることができません。

一応タイマーをつけてはいますが、切れると5分後には

確実に目を覚まします。

まだまだ暑い日が続きそうですが、それでも

時の移り変わりは少しづづですが感じ取れます。

朝早く出勤しますが、晴れていても日向が少なく、

日陰の場所が多くなっています。

少しづづ日の出が遅くなってきていることが分かります。

因みに、今朝は4時51分で、6月の夏至と比べて約30分も

遅くなっています。

「暑さ寒さも彼岸まで」、昔の人はいいこと言います。

あと一月ちょっとの辛抱です。



ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場







  • ドル安傾向が続く中、円は昨年11月27日以来となる

    85円67銭まで上昇。ユーロ等主要通貨も軒並み買われた。

  • 中古住宅成約指数など米経済指標が市場予想を大きく

    下回ったことや、WSJ紙が「FRBが国債の購入を検討」

    と伝えたことでドルが全面安。

  • NYダウは朝方70ドル以上下落したが、午後にはプラスに転じた。

    しかし大引けはP&Gの決算内容が悪かったことで再びマイナスに。

    ダウは前日比38ドル安。

  • 米国債は2年債の利回りが過去最低の水準を記録。長期金利も

    2.9%割れ目前まで下落。

  • 金は5日続伸。原油が4日続伸し82ドル台に。

  • 7月の米新車販売台数が発表され、日産自動車の伸びが目立った

    ものの、全体の伸び率は鈍化。

  • 中古住宅成約指数 → ー2.6%(市場予想は4%のプラス)

  • 6月個人所得 → ±0%    

  • 6月個人支出 → ±0%       




    本日の注目点



    • 豪   6月貿易収支    

    • 欧   6月ユーロ圏小売売上高   

    • 米   7月ADP雇用者数

    • 米   ISM非製造業景況指数       






    昨日の東京時間。

    前日、米株式市場が大幅に上昇したことから日経平均株価も180円程上昇。

    しかし、、ドル円は86円半ばから上値を試す気配もなくもみ合い。その後、ドル

    円は86円30辺りまで下落し、引きよせられるように株価も上げ幅縮小。

    東京が引けると円は86円割れまで上昇と、これまで見られた株高=ドル高の

    パターンが変化してきたようです。

    株式市場が上昇すると、リスク選好が高まり低金利の円が売られドルが買われ、

    高金利通貨に対してはドル安となる、いわゆる「円安、ドル安」の展開が続いて

    きましたがその構図が崩れてきたようにも思えます。



    さらに昨日は、日本の長期金利も1.02%台まで下落し、株高と債券高(金利

    安)という本来、相容れない現象が起きています。

    企業業績はある程度好調で株価を押し上げる一方、金余りから行き場のない

    資金が債券に向かい金利を押し下げるという現象です。

    企業も資金需要が盛り上がらない中、むしろ借入金を返済する動きになってい

    ます。この辺りが株高と債券高が同時に起こった原因と考えられます。



    日本の長期金利の低下は円売り材料ですが、同時に米国でも同様な現象が

    起こっていることから円売りには繋がりにくい面があります。

    加えて、米経済指標の悪化に歯止めがかからず、ドルの一人負け状態が続

    いているということです。

    ドル円は昨日のNYで85円67銭まで、「円高」というよりも「ドル安」が進みました。

    これで、昨年11月の「ドバイショック」の際に一時85円を割り込んだレベルに、

    手を伸ばせば届くところまできました。

    昨日も書きましたが、昨年の85円割れの際は急激な円買いが起こり、その日の

    うちに2円ほど円売りドル買いの巻き戻しが起こったため、ローソク足では「長い

    下ヒゲ」をつけています。

    しかし、今回はドル売りのスピードも緩やかで過熱感も出にくい状況です。

    しかも、円を買うと言うよりもドル売りの受け皿としての側面が強いだけに厄介で

    す。

    テクニカルで観ても、「週足」までの一目均衡表で「遅行スパン」が逆転を示し、

    ドル売りのモメンタムが高まっていることを示しています。

    ここまで来ると、昨年記録した84円82銭を一度は観ないと収まらないように思

    えます。

    問題は、巷間言われているように「為替介入」があるのかどうかという点です。

    個人的な意見として言えば、85円割れまでは介入はない、とみています。

    今回の円高は米国サイドに問題があり、仮に介入を行っても中長期で見ればあ

    まり効果がないことと、介入出動のポイントは円高が加速するかどうかという点に

    あるからです。現在のようにゆっくりと、時間をかけながら円が買われる展開では、

    通貨当局もやりにくいはずです。

    まずは「口先介入」がどこで出てくるという点に注目し、ドルの下げ止まるレベルを

    探りたいと思います。



    本日のドル戻りは86円半ば程度と予想していますが、介入よりも注意したいのは

    米国サイドからの「ドル安懸念」発言です。

    可能性としては極めて低いと思われますが、ドルが全面安であることから、

    注意は怠らないことです。

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/599-31297ad2

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。