FC2ブログ

円、85円台半ばから後半で小動き。 

お詫び



7月30日付け本欄で記述した内容は事実と

異なっておりましたことをご報告致します。

関係者の方々には多大なるご迷惑をお掛け致しました事

謹んでお詫び申しあげます。

今後掲載に当たっては事実確認を十分に行い

誤りのないよう細心の注意を払う所存でございます。

この度は大変申し訳ございませんでした。

重ねてお詫び申し上げます。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場





  • FOMCを控えていることや、経済指標の発表もなかった

    ことで、ドル円は小動き。ポジション調整のドル買いがやや優勢で

    円は85円96銭まで下落。ほぼ同水準で引け。

  • ドルの買い戻しが進んだことで、ユーロも1.33台前半から

    売られ、1.32台前半まで弱含む。全般的にドルの買い戻しが

    目立った展開に。

  • NY株式市場は小幅上昇。マクドナルド株が既存店売上が予想以上

    だったとして大幅高。クライスラーの赤字幅縮小も追い風となり

    ダウは45ドル高。

  • 株高から債券相場はやや軟調、長期金利は2.8%台前半に。

  • 金は9日振りに下落。原油価格は小反発。

  • 市場は今夜のFOMCに注目。追加金融緩和期待が高まる中

    政策実施に踏み切るのか、また声明文の変化にも注目が。



    本日の注目点



    • 中   7月中国貿易統計  

    • 米   FOMC  





    先週末のNY市場で85円02銭を記録したドル円は、やや買い戻され85円90

    近辺で取引されています。

    昨日のNYでは、重要な経済指標の発表もなく、また夏休みということもあり市

    場参加者が少なかったことなどから、値幅はわずか35銭でした。

    FOMCを今夜に控えポジション調整のドル買いが進み、円は85円96銭、ユ

    ーロも高値から100ポイントほど売られ1.32台前半まで下落しています。

    ただ、ドル円では買い戻しが進んだとはいえ、86円台に乗せる場面もなく、依

    然として上値の重い展開とも言えそうです。



    ユーロ円などのクロス円も、このところ「レンジ相場」に入っており112円半ばから

    114円半ばでの取引が続いています。

    これは、円もユーロも対ドルでは同じ様なスピードで強含んでおり、ドル全面安

    の展開が続いていることが背景だと見られます。

    テクニカルで見てもここ2週間ほど112円半ばを割り込むことなく、110円ー113

    円から水準訂正が行われたことが読み取れます。

    現在、日足では比較的厚い雲の中ほどに位置しており、しばらくは上下に大き

    く動きそうもない状況を示しています。

    ただ、一目均衡表の遅行スパンはローソク足を上抜けしていることから、足元で

    は上値を試す可能性が高いと見られます。

    115円台前半の雲の上限と、その上に位置する100日移動平均線が抜けるかど

    うかが、ユーロ円が「110円の底固め」ができるかどうかのポイントになりそうです。

    そのためには、ユーロが対ドルでもう一段の上昇を見せなけらばならないというこ

    とになります。



    今夜のFOMCでは何らかの追加金融緩和策が発表されるのではないかとの期

    待が高まっています。

    MBS(住宅ローン担保証券)の買い取り継続だけでは、市場への資金供給は変

    わらずインパクトがありません。

    加えて、国債の購入に踏み切れば長期金利の下落の招き、短期的にはドル安

    円高に振れる

    可能性もあります。

    これまでもバーナンキ議長は、米景気は緩やかに拡大しているとの立場に立ちな

    がらも住宅、雇用にリスクがあると繰り返してきました。

    ドルが全面安で推移している状況下で、米景気が「2番底」に向かっているとすれ

    ばこのあたりで新たな政策を打ち出さないと「底割れ」という事態を招きかねません。

    そうなると今度は、水面に浮上するまでに大変なコストと時間を要することになりま

    す。

    そのあたりは著名な経済学者である議長は十分認識していることと思われますが、

    「ドル安は米経済にとってプラス」との本音が見え隠れすることが気になります。

    ドルは全ての主要通貨に対して下落を続けている現状でも「ドル安懸念」の声は

    聞えて来ません。

    オバマ大統領が政策に掲げた「輸出倍増計画」との兼ね合いが取りざたされて

    います。


    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/604-7d2d57a5

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。