FC2ブログ

米経済指標の好転を受けてドル反発。 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場





  • 7月の小売売上高など、この日発表の米経済指標の内容が概ね

    好調だっことからドルは主要通貨に対して堅調に推移。

  • 対円では86円39銭までドルが反発。ミシガン大学消費者信頼感指数

    などの経済指標の好転と、金融当局による介入警戒感からドル買い戻しが

    優勢の展開に。

  • ドルはユーロに対しても上昇。一時1.2750と7月22日

    以来の水準までユーロ安が進む。スペインの銀行が7月にECBから

    借り入れた金額が過去最大だったことや、ギリシャの経済成長がマイナス

    だったことなどが材料に。

  • 株式市場は小幅ながら4日連続の下落。

  • 債券価格は上昇し、10年債利回りは2.6%台と1年4ヵ月振りの

    低水準に。

  • 金は小幅反落、原油価格は米景気後退を材料に4日続落。

  • 7月小売売上高 → +0.4%(市場予想は+0.3%)

  • 7月消費者物価指数 → +0.3%(市場予想を上回る)

  • 8月ミシガン大学消費者信頼感指数 →69.6(市場予想は69.0)



    本日の注目点



    • 日   4-6月期GDP 

    • 欧   7月ユーロ圏消費者物価指数

    • 米   8月NY連銀製造業景気指数  

    • 米   8月NAHB住宅市場指数   



    「日銀と連絡を密にとり、必要な措置を講じていく」(菅総理)

    このような、いわゆる「口先介入」が相次いだことから、介入警戒感が高

    まり円はやや値を下げ86円台の前半まで売られています。

    先週末のNY市場での円安値は86円39銭でした。

    この水準は8月5日の安値とも一致し、問題はここかから上値の86円50

    超えが実現しないことです。

    過去2週間、この水準で頭を押さえられており、ここを抜けることができる

    かどうかが大きなポイントになりそうです。

    テクニカルでも8時間足ではこの上の86円40銭辺りからは一目の「雲」

    があり、やや抵抗をしています。

    先週末は米経済指標内容に改善傾向委を示す内容が見られたことでド

    ルが反発していますが、ここからもう一段上値を試すかどうかは非常に難

    しいと観られます。



    まず、株安傾向が収まらないことから債券に資金が向かう流れが止まらな

    いことです。

    この背景にはFRBがいずれ近い時期に「追加緩和に踏み切ると」いう見

    方が払拭されないことが挙げられます。

    追加緩和が実施されれば、一段の債券価格の上昇から長期金利の低下

    が見込まれドル安要因と捉えられます。

    また、日本側からは聞えてくる「円高行き過ぎ」の合唱も、米国サイドからは

    聞えてこず、「米政府はドル安を望んでいる」との意見は、今や市場のコン

    センサスになりつつあります。同時に、本邦通貨当局による介入も「米国の

    スタンスを考えたら本腰を入れにくい」との見方もあります。

    先週の84円72銭までの円高の局面では、実際の市場介入はみられませ

    んでしたが、その後、口先介入の回数が増したことから、「この次には」とい

    う期待感(?)もあり市場はもう一度84円台を試す可能性があります。





    8月に入って半ばを過ぎましたが、予想したとおり今回の「ドル安円高」のス

    ピードは非常にゆっくりとしたものです。

    8月の値幅も84円台後半から86円台後半と約2円で、決して大幅ではあり

    ません。現状では、ドルの戻りは限定的で再び85円割れを目指すものと思

    われますが、今週にも菅総理と白川日銀総裁との会談が予定されていると

    の噂もあり、介入警戒感がより一層高まるものと思われます。

    実際に市場介入が行われれば、88円台程度まで円が弱含む可能性はある

    と見ています。先週末に発表されたシカゴIMMの通貨先物市場での「円買

    いドル売りポジション」は5万2478枚と、これまでの最高水準に近いほど円買

    いが積み上がっています。これらのポジションの巻き戻しを促すような展開にな

    ればドルの戻りもある程度の値幅が期待できますが、本邦通貨当局だけの介

    入ではその効果は不透明です。







    波乱要因はユーロドルの動きです。

    1.33台半ばまで買い戻しが進んだユーロドルは先週末には1.27台半ばまで

    反落し、約600ポイント下落しています。

    このままドルに対して弱含むようであれば、基本的にはドル高が進むことになり、

    円もドルに対して同じようにして弱含むはずです。

    ただ、7月初めにもあったように、ドルは買えないがユーロも買えないという流れから

    円買いが進むことも考えられます。

    ドル円が下落すると同時に、ユーロ円も下落するというパターンです。

    今のところその可能性は低いと見ますが、ユーロドルの動きからは目が離せません。



    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/608-64a0cad8

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。