FC2ブログ

バーナンキ議長講演など控え、様子見ムードに。 

本日は外為オンラインシニアアナリストの佐藤がお休みのため

外為オンラインの高谷が書かせていただきますので

宜しくお願い致します。


ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場




  • NYダウは週間失業保険申請件数が市場予想より強い結果が好感され、買い優勢の展開に。

  • しかし、バーナンキFRB議長講演やGDP(改訂値)が本日控えているため

    警戒感から上値は重く徐々に値を下げ、終値では1万ドルを割る。

  • ドル円もバーナンキ議長講演を控え、積極的な買いも売りも出ず様子見ムードが広がる。

  • ユーロは対ドルで続伸。アイルランド等の国債入札が好調だったことや米指標の好結果を背景に

    若干リスク選考の動きになるもNYダウの下落を受け乱高下の展開になり、結局東京タイムの終わり頃の水準に落ち着く。

  • 債券は大幅反発。長期金利は反落し2.5%割れに。

  • 金は小幅に反落。原油は続伸。

  • 米週間失業保険申請件数 → 47万3千件(市場予想49万件)



本日の注目イベント





  • 日   7月消費者物価指数

  • 日   7月失業率

  • 独   8月消費者物価指数

  • 米   第2四半期GDP(改定値)

  • 米   8月ミシガン大学消費者信頼感指数(確報値)

  • 米   バーナンキ議長講演



昨日は若干材料がありましたが様子見の展開になりました。

バーナンキ議長の発言、GDP(改訂値)の結果を見極めたく

市場は積極的に動けず、ポジション調整をしたといったところでしょう。

本邦の円高対策も進まず各方面から様々な意見が出ていますが

政府日銀はまだまだ重い腰が上がりきっていません。

白川日銀総裁の訪米が新たな展開を促しそうですが

政府は小沢前幹事長の代表選出馬表明をしたことで

政策より政局が話題となりつつあるようです。

海外メディアからは批判的な意見が多く、日本は政治も経済もさらなる

混乱を示唆されています。



本日はNYダウの下落からドル円はドル安円高の流れとなりそうですが

様子見ムードから東京タイムではもみ合いが予想されます。

夕方から欧州勢の動きで東京タイムよりは活発な取引が期待できそうで

す。というものの根本はバーナンキ議長発言などのイベント待ちでレン

ジは狭いと考えます。もちろん日本の為替介入についての要人発言に

は常に注目しなければなりません。

84円を割らなければ実弾での介入は考えづらいので円安に期待する

より政府日銀に対する失望感からの円高を念頭に置いておいた方が

良いと思います。

さらにはバーナンキ議長の発言によりドル安加速も十分あり得ます。



歴史的ドル安円高が賑わっているなか

ユーロ圏の財政危機が再浮上しそうです。

先日のアイルランド国債の入札が不調だったり、

ECBがアイルランド国債を買い入れを進めているとの報道や

格下げの噂が出ています。

ユーロの買い戻しが進み、対ドルで1.33台まで付けたのが

3週間ほどで約600~700ポイントも下落し

現在1.27付近で推移しています。

ここでアイルランドの国債が格下げされれば

さらなるユーロ安円高も考えられるでしょう。



ユーロドルの本日の値動きとしては

テクニカルを見ますと「1時間足」の100日移動平均線が

1.2670ほどにあり下値をサポートし

上値としては「1時間足」の200日移動平均線が

1.2750にありますので

このレンジ内でおさまると見ています。

大きな材料があれば上抜け、下抜けは有ると思いますので

その点は注意が必要です。



白川日銀総裁、バーナンキFRB議長、トリシェECB総裁が

本日の米カンザスシティ連銀主催シンポジウム前後で

情報交換、意見交換が行われる可能性があるということですので

週末にニュースが出て

来週月曜の始値から大きく値が動くというパターンも

考えといた方が良いのかもしれません。

過度なポジション保有は控えておくべきかと思います。



良い週末を・・・。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/617-7d63ee4f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。