FC2ブログ

円全面高。ドル円一時83円51銭。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • 欧州の信用不安が再燃し、ユーロ売りが加速。ユーロは対

    ドルで1.29台から1.26台に急落。対円でも再び106円

    台前半までユーロ売りが進む。

  • 主要通貨が対ドルで売られる半面、円は対ドルで続伸。

    先月25日に記録した円の最高値を上回る83円51銭までドル

    安円高に。リスク回避が進み、安全資産としての円が独歩高となり

    「円高、ドル高」の展開が鮮明に。

  • 金融決定会合で政策金利据え置きを決めた後の記者会見で、

    白川日銀総裁は円高に関して積極的な姿勢を見せなかったことも

    円買いに。

  • WSJ紙は欧州のストレステストでバークレーズなど一部の

    銀行は、国債の保有額を開示していなかったと報道。

  • この日は米経済指標の発表はなかったものの、WSJ紙の

    報道から金融株が大きく売られ、NYダウは100ドルを超す

    大幅安に。

  • 債券相場は大幅に上昇、長期金利は2.6%割れと急落。

  • ドル安、株安から金価格は上昇し、原油は下落。


    本日の注目イベント
           

    • 日   7月貿易収支   

    • 日   8月景気ウオッチャー調査

    • 独   7月貿易収支

    • 英   7月鉱工業生産

    • 独   7月鉱工業生産

    • 加   カナダ中銀政策金利発表 

    • 米   地区連銀経済報告(ベージュブック)   

    • 米   7月消費者信用残高  



    ドル円は8月25日に記録した83円58銭をわずかですが上回る

    円高水準を、NY市場の朝方に更新しています。

    これまで4回83円台をテストしていますが、今回の83円台半ば

    を試しに行った展開はこれまでとは少し異なります。

    これまでの4回は83円台に突入しても全て押し戻され、NYでは

    84円台に乗せて引けています。しかし、今回は83円75-80

    近辺で取引を終えています。


    また、これまでは米経済指標の悪化を材料にドル売り円買いが進んで

    いましたが、昨日は米経済指標の発表はありませんでした。

    欧州の金融不安の再燃という材料でユーロ売り、ドル買いが進みま

    したが、これは本来円売り、ドル買いに繋がります。

    ユーロ円の売りがドル円でも円買いに波及したものです。

    このように、今回の円高は新たな局面に入った可能性も出て来ました。



    市場介入に対する姿勢もこれまでと変わっていません。

    白川総裁は昨日の会見で「当局が為替相場を自在にコントロールでき

    るわけではない」と発言。追加の金融緩和についても「適時適切に対

    応する。それ以上でもそれ以下でもない」と答えています。

    さらに菅総理も、野田財務大臣も「必要なら、断固たる措置を」との

    コメントを繰り返しています。

    これらの一連の発言が円買いに安心感を与えている、と指摘するメ

    ディアもありました。

    円が再び83円台半ばまで買い進まれたことで、市場介入の可能性が

    高まってきたと思われます。

    これまでも書いてきましたが、介入のタイミングとしては円高が急速

    に進み、株式市場なども大幅な下げを見せ、景気に悪影響を及ぼす恐れ

    がある時、と見られます。

    今日の日経平均株価も大幅な下落が見込まれ、景気に対する影響も無

    視できません。

    ところが、問題は円高へのスピードです。

    円高が着実に進んでいるものの、円が一気に急騰する場面は見られません。

    また過熱感もないことから、当局の「介入基準」(?)に合致してい

    ないことも考えられます。

    前回の円最高値からわずかではありますが更新していても、スピード感を

    伴っていないと判断されれば介入が行われないことも考えられます。

    その意味では、今日、日経平均の下落に伴い、仮に円高が進んだ場合の通

    貨当局の対応は非常に注目されます。


    ユーロが再び下落基調に入ったようです。

    ストレステストの内容で英仏の大手銀行の開示情報に問題があったことと、

    ポルトガルの国内銀行が8月にECBから借り入れた資金が高水準だったこ

    とで、欧州の金融システムに対する不安が再燃したことがきっかけです。

    ユーロ円も106円割れ目前の水準まで急落し、直近のユーロ安値に近付

    いてきました。

    「ドルも買えないユーロも買えない」ことで、消極的な円買いがジリジリ

    進むと見ざるを得ません。介入を催促する相場展開が続きそうです。

    スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/625-95e24b88

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。