FC2ブログ

お金の話Vol:2 

第二話:貨幣の価値と利便性


お金の誕生については前回述べましたが、われわれが毎日使っているお金、
例えば千円札は紙ではありますが、千円の価値があります。

当たり前ですが日本国内ならば、いつでも、どこでも千円の物と交換できます。

それは発行元である日本銀行が1000円を保障しているからに他なりません。

絶対的な価値が保障されているから安心して保管できるわけです。

塩や貝が貨幣として使われてきたわけですが、貨幣を使用する目的は四つ
あると言われています。

第一は、交換する時の支払い手段です。

第二に、富を蓄える手段です。

第三は、価値を測る尺度として用いられます。

最初の二つに目的はすぐに理解できますが。第三の理由はやや説明が必要です。



例えば、桃1個と塩1gが交換され、鯛1匹と塩3gと交換されるなら、鯛1匹と桃3個の
価値が同じだということになります。

このように、貨幣として塩を用いることで、他の財の交換価値を測ることが
できるわけです。

その後時を経て、貨幣は金、銀、銅などの金属に移っていきます。

金属のほうが、利用価値があり、耐久性や、運び易さ、分割などの点で
優れていたからです。

そして更に時を経て、統一国家という中央集権的な体制が出来上がると、
通貨が誕生します。

中国を統一した最初の皇帝、秦の始皇帝は円形の通貨に文字のある銅銭を
普及させました。

また、日本では7世紀後半には富本銭と呼ばれた銅銭が造られました。


このように、国家の絶対的な保障、品質を背景に、貨幣を専門的に造る
機関(中央銀行)が設立されるようになり、イングランド銀行は1844年に設立され
銀行券を独占的に発行しました。

世界で最も古い中央銀行ということになると1668年設立のスウェーデンの
リクスバンクと言われていますが、やはり中央銀行の原型モデルと考えられているのは
イングランド銀行のようです。

わが国の中央銀行、日銀が設立されたのは1882年のことです。

次回は、「中央銀行」の歴史を観て行きます。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/63-6cf18d2e

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。