fc2ブログ

米追加緩和見通し高まる。 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場



  • FOMC議事録では、多くのメンバーが追加緩和を実施するのが

    妥当との意見だったことから、再びドル全面安の展開に。

  • 円はアジア市場で82円台まで売られたものの、大崩する地合いではなく

    その後ジリジリと買い戻しが優勢となり、NYでは81円66銭まで上昇。

  • ユーロは行って来いの展開に。アジアから欧州にかけては上値が重く、

    利食いのユーロ売りが勝っており、1.37台後半まで下落。

  • NYでは追加緩和の可能性が高まったとの見方から、再び上昇し1.39台に。

    トリシェECB総裁の、ユーロ圏の追加緩和に否定的なコメントもユーロ高に。

  • 株式市場は午前中まで軟調な展開だったが、午後FOMC議事録が発表されると

    流れが一変。インテルの好決算もありプラスに転じる。ダウは小幅高。

  • 債券は3年債の入札が行われ好調。ただ、長期債はFRBの購入対象に

    ならないとの見方から小幅に続落し、金利は上昇。

  • 金、原油価格は高値警戒感から利益確定の売りに押され反落。



本日の注目イベント

         


  • 中   9月中国貿易統計 

  • 英   9月失業率 

  • 米   7-9月期決算発表 → JPモルガン・チェース 

  • 米   ラッカー・リッチモンド連銀総裁講演      

  • 米   10年物国債入札             



このところのドル安から、円やユーロ、豪ドルなどが上昇し、市場参加者のポジションも

かなりドル売りに傾いていることから、「調整」のドル買い戻しを予想しましたが、その動き

も小幅で、結局ドル安傾向が継続した格好になっています。



ドル円は昨日の東京市場で82円36銭近辺まで買い戻しが進みましたが、テクニカルで観た

抵抗線が82円50銭を下回るところにあり、その水準を抜けきれずに押し戻されています。

NY市場で発表されたFOMCでは、多くのメンバーが、追加緩和を実施することが妥当との

意見だったことが分かりました。

この結果、11月3日のFOMCでは追加緩和に踏み切ることはほぼ間違いない状況になって

きました。

次の焦点は、追加緩和を実施するかどうかから、その中身に移ってきたようです。

この点ついて議事録では「会合の参加者は、追加緩和として考えられる手段をいくつか

議論したが、主に期間が長めの米国債の追加購入とインフレ期待に影響すると考えられ

る措置について話し合われた」と指摘しています。(ブルームバーグ)

この影響から米債券市場では2年債などが過去最低を記録する場面もあったようです。



米追加緩和が確実視される中、市場はある程度織り込みつつとは思いますが、「追加緩

和」の文字が躍るたびにドル売りで攻めるスタンスは変わっていません。

対ドルではユーロの1.40台、豪ドルの0.99台に達成感が出てはいるものの、調

整も小幅で大きな流れに変化は無いようです。

円も、83円台さえもやや遠のき、介入の可能性を意識しながらも徐々に円を買い進め

る格好になっています。

G7を終えた野田財務相も昨日の記者会見ではこれまでの「定型文」である「必要な時

には介入も含め断固たる措置をとる」との文言を繰り返すのみです。

9月15日の大規模介入以来約1ヵ月、介入らしき目立った動きは見られません。

財務相筋の話として「次に介入に踏み切るには相当な覚悟が必要だ」と、一部メディア

は伝えていました。貨安競争の中、日本が継続的に市場介入を繰り返すことにG7諸国

は、結局「いい顔しない」のではないかとも取れそうです。



実際、昨日は東京時間内にも81円台後半までドル安円高が進む場面がありましたが、

政府・日銀は動きませんでした。

82円台、81円台でも市場介入に踏み切らない現状は正に上記メディアが伝える通り

です。継続的な介入を行うわけにはいかないということになると、より効果的なタイミ

ングを狙うしかありません。

そう考えると、介入の実施は史上最高値である79円75銭を割り込んだタイミングし

か無いように思われてなりません。この水準を割り込むと、市場はさらに円高が進むと

判断し、これまで「介入期待」からドルロングを継続してきた市場参加者もさすがに維

持できなくなり、損切りを決断してくる事は想像に難くありません。その結果、さらに

ドル売りが加速し円を押し上げることにもなります。政府・日銀も少なくてもその状況

は避けたいはずです。

80円前後まで介入は行われないという一つの根拠、と言ったら言い過ぎでしょうか・・。



上段でも若干触れていますが、FRBによる追加緩和は徐々に市場に織り込まれつつあ

ると思われます。「追加緩和は確実」との見方からドルが大きく売られ、その受け皿とし

て円、ユーロ、豪ドルなどの通貨が買われ、さらに金などの商品相場も上昇しているわけ

です。大きなドル安の流れは続くとしても、突っ込みすぎるドル売りはやや警戒しなけれ
ばならない

水準です。「Buy on rumour,sell on news」の格言を、今一度意識しておきたいと思いま

す。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/651-6efbb699

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。