fc2ブログ

続くドル全面安。ドル円は80円台も。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 欧州タイムでドル円が80円台に突入するも、介入警戒感を背景にNYタイムに入ると
    欧州タイムまでの急激なドル売りの買い戻しが進み81円40銭台を中心に終始もみ合う展開に。
  • ユーロは対ドルで買われ過ぎ警戒感があるものの1.41台まで上昇。
    高金利、資源国通貨である豪ドルも対ドルで0.9993まで続伸するがパリティー(等価)には届かず、若干調整が入るも0.99台をキープ。
  • NYダウは5営業日ぶりに小幅に反落。この日発表された貿易収支や週間失業保険申請件数が予想以上に悪く、一時70ドルほどまで下げたが、根強い追加緩和観測から引けにかけて積極的な買いが入った。
  • 債券は反落。長期金利は上昇し2.5%台に戻す。
  • 金は前日に続き史上最高値を更新。原油は反落。
  • 米8月貿易収支 → -463億ドル(市場予想は-440億ドル)
  • 米週間失業保険申請件数 → 46.2万件(市場予想は44.5万件)



本日の注目イベント


  • 日   日銀支店長会議
  • 欧   8月ユーロ圏貿易収支
  • 米   9月消費者物価指数
  • 米   9月小売売上高
  • 米   10月NY連銀製造業景気指数
  • 米   10月ミシガン大学消費者信頼感指数
  • 米   バーナンキFRB議長講演





昨日もまたドル安の流れが加速しました。

ドル円にいたっては東京タイムからのドル安円高が止まらず、

欧州タイムに入り80円台に入りました。

この背景は昨日朝方のシンガポール金融通貨庁が

シンガポールドルの変動幅拡大を発表したことがきっかけで、

米ドル売りに拍車がかかった結果、ドル全面安で対主要通貨は上昇しました。



シンガポールがドル売りにまわったことでアジア通貨の連れ高を誘い、

しかし、その反面、アジアでは日本、韓国、タイなどが為替介入に着手しています。

昨日にはインドが為替介入を行いました。

アジア以外ではブラジルなども介入をしています。

ドルを売る国とドルを買う国…まさに通貨戦争というのが分かります。

この通貨戦争の根源はやはり中国と米国ではないでしょうか。

中国管理相場制と米国追加金融緩和観測が焦点であり

来週のソウルで開かれるG20や

11月のFOMCでの追加緩和の内容などに注目が集まっています。

特にG20ではこの通貨戦争に対して話し合われる予定ですが、

米国はもちろんEU諸国なども中国牽制の姿勢を強めてきています。

米国にいたっては昨日発表された貿易収支で中国からの輸入が過去最大となり

今朝にはギブズ大統領報道官が

「中国が責務を果たすようオバマ大統領やガイトナー財務長官らが

同国政府に対し圧力をかけ続けることに疑いはない」(ロイター)と発言しています。

中国に対しての圧力は増す中、G20で何らかの動きがあると思われますので、

市場としてはポジション調整に入りやすい地合いと言えます。

とはいえ依然ドル安基調は崩れそうにないです。



米追加金融緩和にも動きが見えてきています。

1ヶ月以上も前から追加緩和観測が浮上し、ドルキャリートレードが盛んとなっていますが、

織込み済という声が徐々に増えてきています。

ユーロを見ましてもファンダメンタルズを無視した買われ過ぎ警戒感が高まっており、

EU諸国の要人等もユーロ高に不服を表し始めています。

さらには今朝、ローゼングレン米ボストン連銀総裁が

「景気が改善すれば、金融緩和は不要となる可能性がある」と発言しました。

この発言は過度の追加緩和への期待を抑えると共に、

人民元高になれば景気回復が見込めるといった意味を含んでいると考えます。

ということは中国の行動が

現在のドル安の流れを変えるきっかけになるのではないでしょうか。

人民元高 → 米ファンダメンタルズ改善 → ドル高 ようなシナリオが想定出来ますが

かなりの時間が必要だと思われます。



ドル円に関しては

80円台を付けてしまいましたが、菅首相は昨日の発言で

「どうしても必要なら断固たる措置とる」と言っています。

9月の介入前後では聞かれなかった「どうしても必要なら」という言葉が加わっており、

私には円の史上最高値付近までは、介入はほぼ無いと言っているように感じます。

G20を目前に介入をするのであれば、

やはり80円台割れが条件になってくると読んでいます。

しかし、単独介入には限界があり、中国や米国に変化が見られないと

円の史上最高値更新が連日見られる日が迫っているという可能性も忘れてはいけません。

ドル安がそう簡単に止まらないという認識を持っておくべきだと思います。



よい週末を・・・。







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/653-4e9d5bef

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。