fc2ブログ

円、81円台前半で動かず。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 米経済指標はまちまちだったものの、9月の鉱工業生産が市場予想を
    下回ったことでややドル売りが優勢。
  • 円は値幅がわずか20銭強と、81円台前半で動意なし。
  • ユーロドルは1.40台に迫る水準まで買い戻されたものの
    後が続かず1.39台前半へ。
  • 株式市場は大幅高。アップルが四半期での最高益決算を発表。
    金融でもシティグループが好決算を発表したことから、
    ダウは80ドルを超す大幅高で1万1100ドル台乗せ。
  • 債券相場はロックハート・アトランタ連銀総裁が改めて追加緩和に
    前向きな発言をしたことから上昇し、長期金利は小幅に低下。
  • ドル安を背景に、金は小幅上昇、原油は大幅に反発。
  • 9月鉱工業生産 → -0.2%(市場は小幅なプラスを予想)
  • 9月設備稼働率 → 74.7(ほぼ予想通り)
  • 10月NAHB住宅市場指数 → 16(市場予想は14)



本日の注目イベント


  • 豪   RBA議事録
  • 独   10月ZEW景況感調査
  • 欧   10月ユーロ圏景況感調査
  • 米   9月住宅着工件数
  • 米   9月建設許可件数
  • 米   7-9月期決算発表 → BOA,ゴールドマン・サックス
  • 米   エバンズ・シカゴ連銀総裁講演
  • 米   イエレン・FRB副議長講演(フランクフルト)
  • 米   フィッシャー・ダラス連銀総裁講演
  • 米   ダドリー・NY連銀総裁講演
  • 米   デューク・FRB理事講演
  • 加   カナダ中銀政策金利発表





NY市場での円はわずか24銭の値動きでした。

ロックハート・アトランタ連銀総はFRBによる新たな国債購入を支持する可能性があるとの

認識を示し、債券に買い物が入り長期金利は下落。

さらに9月の鉱工業生産は予想に反して前月比マイナスと、

ドル売り材料には事欠かなかったと思われましたが、

ドル円への影響はほとんどありませんでした。

ユーロ、豪ドルがドルに対して上昇したため、

クロス円がアジア時間に比べ円安方向に推移しましたが、

この方面からのドル円への影響も見られませんでした。

やや「ドル売り円買い」での仕掛けに飽きたというところかもしれませんが、

依然として水準が81円台前半だけに予断は許しません。

もう一段のドル安も考えられるし、

政府・日銀による市場介入も全くないとは言いきれないレベルだとも言えます。



米株式市場では好決算が相次ぎ、ダウは直近の高値を更新しています。

これまでなら、株高はドル高に繋がっていました。

株価の上昇を背景にリスク選好が高まり低金利の円が売られ、

高金利の豪ドルやユーロが買われる「ドル安、円安」の流れでした。

しかし、追加緩和観測が強く意識され始めたころから、低金利継続は株式市場には

プラスに作用するものの、

ドル円ではむしろ金利差縮小からドル安要因として捉えらえれています。

そのため、現在は株高とドル高の相関が崩れています。



昨日も、追加緩和は市場にかなり織り込まれてきたのでは、と書きました。

上記ロックハート総裁のコメントにもこれまでほど強くドル売りで反応はしてません。

それほど大きな記事ではありませんが一つ変化が見られました。

ガイトナー財務長官は、米国は「強いドル」への信頼を保持するだろうと言明した、

とブルームバーグは伝えています。

同長官がカリフォルニア州での会合で、

米国が通貨切り下げに携わることはないだろうと語った、としています。

詳しい内容は分かりませんが、

これまで米国は輸出倍増計画を推し進めるため「ドル安」を容認してきた経緯があります。

「強いドル」を標榜したのは、

かつてクリントン政権時代のルービン財務長官以来のことです。

ドル安政策が変更されたとは思えませんが、

今後の動きに何か変化があるかどうか注視したいところです。



先週末に発表されたシカゴ通貨先物市場のポジションに大きな変化はありません。

円の買い持ちがやや減少し、ユーロの買い持ちがそれ以上に減少しています。

豪ドルの買い持ちは相変わらずの高水準です。

市場ではユーロや豪ドルに少し達成感がでてきたとの見方もありますが、

少なくとも今のところヘッジファンド等の大口投資家の動きは見られません。



本日も米通貨当局者の講演が多く予定されています。

中でもフィッシャー・ダラス連銀総裁は追加緩和には消去的と観られています。

他にもダドリーNY連銀総裁は追加緩和には一貫して前向きであり、

FOMCでの投票権も有しています。

住宅関連の経済指標と同時に、各連銀総裁の発言が相場に影響を与えるかもしれません。








スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/655-030c9664

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。