fc2ブログ

ドル円81円割れを試すもG20控え堅調。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 円は東京時間、ガイトナー財務長官の発言内容をWSJ紙が
    伝えたことをきっかけに売りが膨らみ、81円84銭まで下落。
    しかし、円買い意欲は依然強く円の下落幅は限定的となり、
    その後81円台を割り込む場面もあったが、
    G20を控え小動きとなり81円台前半で引け。
  • ユーロは欧州時間に発表された独PMIが好調だったことから
    買いが優勢となり、対ドルでは1.40台半ば、対円でも113円台
    後半まで強含んだがNY市場ではドル買い戻しに押された。
  • 株式市場は続伸。朝方は企業の好決算が発表され大幅高に。
    その後はやや軟調となり上げ幅を縮小して取引終了。ダウは38ドル高。
  • 株価が続伸したことで債券は軟調。長期金利は3日ぶりに2.5%台を回復。
  • 金、原油は反落。金の上昇傾向にややブレイキも。
  • 週間失業保険申請件数 → 45.2万件
  • 10月フィラデルフィア連銀景況指数 → 1.0
  • 9月景気先行指数 → +0.3%



本日の注目イベント


  • 独   10月ifo景況指数
  • 加   9月消費者物価指数
  • 加   8月小売売上高
  • 米   ホーニング・カンザスシティ連銀総裁講演
  • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演





「2度目の介入か?」・・・。

昨日の朝方10時すぎ、ドル円が丁度81円を割り込むタイミングから

ドルが急速に反発しました。

1時間ほどの間に81円84銭までドルが買い戻され、市場はやや混乱状態に。

知人の証券マンからも「日銀の介入?」との問い合わせが何本かありましたが、

結局そうでは無かったようです。

ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)の電子版が、

ガイトナー財務長官の「ドルがユーロや円に対してこれ以上下落する必要は無い」との

発言を伝えたことが原因でした。



短時間の間に約1円も「円安ドル高」に振れる状況は、

ドルショートが積み上がっている証拠ですが、

ただ、それでもドル買い戻しが終わると再び元の位置(?)に戻り、

さらに円高水準を記録してしまうのは、

市場には根強い円先高観があることの証拠でもあります。

政府・日銀も、こういったタイミングをうまく利用して、

円高の流れを止める工夫も必要かと思います。



それにしても、ある材料をきっかけにした「ドル買い戻しの流れ」は

三度目の正直とはならなかったようです。

一度目は、9月15日の政府・日銀による大規模介入。

これによって約3円ドル高方向に持って行かれ85円94銭までドル高に振れましたが、

その後は時間をかけながら元の鞘に。

2度目は2日前の中国の突然の利上げです。

主要通貨でドル買い戻しが加速し、円は81円93銭まで下落し、

82円台乗せには至りませんでした。

そして3度目は昨日ガイトナー発言でした。



いずれもドルが反発するものの、上値は限定的で、

むしろドルが反発したら「絶好の売り場」と見てドル売りが持ち込まれ、

ふたたび円高が加速する展開です。

この背景には円はいずれ80円を割り込む、といった相場観が支配的だからだと言えます。

FRBの追加緩和観測と、介入観測が後退したことが円先高観を醸成しています。

そのため、円はゆっくりとではありますが高値を更新し、

前日のNY市場では80円84銭までの円高を記録しています。

円の史上最高値である79円75銭へも「残り1円程度ののりしろ」となっており、

市場関係者の間では「一度はつけないと気が済まないだろう」

あるいは「80円割れを見ないと収まらないだろう」といった意見が交わされています。

市場の多くの見方が円高方向に傾いていることが気になりますが、足元の状況を考えると、

やはりこれらの見方に歩み寄らざる得ない状況かと思います。



注目のG20では通貨問題が議題の中心になることは必至です。

米通貨当局としても「通貨安戦争」は避けたいところですが、

そのための具体案は見つかっていない状況です。

日本としては「単独介入」に対する批判は避けたく、

円安誘導を目的としたものではないことを明確に伝えるべきでしょう。

米ガイトナー長官もこれまでのドル安黙認姿勢から、

ここへきてややスタンスを変えてきているようにも見えます。

上記発言に加え、今朝のブルームバーグは以下の記事を伝えてます。

「ブラジルのマンテガ財務相は記者団に対して、

ガイトナー長官と20日実施した電話会談で、

同長官が米国はドル下落を容認しないと表明したと語った。

マンテガ財務相はまた、G20で、ドル下落を防ぐ手段を模索することで合意した。」



この内容はG20を控えての「ポーズ」と見られないことはありませんが、

週末に向けポジションは軽めにしておくべきでしょう。



良い週末を・・・。










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/659-72fa5ebc

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。