FC2ブログ

米金利下落で円83円台前半に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は84円台から反落。格付け会社ムーディーズ・インベスターズが
    米国の格付け見通しを「ネガティブ」としたことがきっかけ。
  • 円は欧州市場で一時84円35銭まで売られたものの、上記発表に
    83円前半まで急騰。
  • ユーロも対ドルではアジア市場の1.31台後半からドル安の流れを受け
    1.34台前半まで約250ポイントの上昇。
  • EU首脳会議で欧州版IMFの創設にイギリスなども参加し、2013年の
    発効を目指すとの概要が決まり、ユーロ高に繋がる。
  • 株式市場は朝方中国の利上げがなかったことを好感し、続伸したものの
    消費関連株を中心に売りが優勢。資源株などが上昇したことでダウは小幅高。
  • 債券相場は反発。アジア市場で売られ、金利が上昇したものの、NYではFRBが
    債券購入に動いたことから相場は上昇、長期金利は下落。
  • 金、原油は反発。金は2週間ぶりに1400ドル台を回復する場面があったが、
    引けは大台を維持できず。



本日の注目イベント


  • 日   10月鉱工業生産(確報)
  • 独   12月独ZEW景況感指数
  • 欧   10月ユーロ圏鉱工業生産
  • 英   11月英消費者物価指数(CPI)
  • 米   FOMC
  • 米   生産者物価指数(PPI)
  • 米   11月小売売上高
  • 米   10月企業在庫





ドル円は4度(よたび)84円40銭ー50銭の重要なレジスタンス抜けに失敗しています。

アジア市場から欧州市場にかけてドル円は緩やかに上昇したものの、勢いはなく、

NY市場に入ると再び83円台に下落。

その後大手格付け会社ムーディーズ・インベスターズ・サービスが米国債の格付けを、

2年以内に「安定的」から「ネガティブ」に引き下げる見通しを発表。

この報道をきっかけにドルは下げ足を速め、円は83円10銭まで買い戻されています。

米国の格付けは現在最上級の「AAA]を維持していますが、

今回のブッシュ減税の2年間延長で、景気へのメリットよりも、

財政への悪影響の方が深刻との判断が働いたようです。

しかし、現実的には米国債は世界で最も安全な金融商品であり、

流動性、利便性などを考えても米国債券市場は

世界最大の投資先であることに変わりはありません。



ドルは円だけではなく、ユーロ、豪ドル、カナダなどに対しても売られています。

特に豪ドルは、中国が利上げではなく、預金準備率の引き上げに留(とど)めたことや、

資源価格の上昇を材料に0.9984まで上昇し、

パリティーが視野に入ってくる水準まで値を戻しています。

この水準は約1ヵ月ぶりの水準で今後、

ドル安が継続されれば1.0台に乗せてくるものと思われます。

また、対円でもしっかり83円台に乗せてきています。

これまでなら「売りゾーン」と観られていた水準でしたが、

83円33銭まで上昇したことで上抜けの可能性も出てきました。

約半年ぶりのレベルですから、売り意欲も強いと推測されますが、

この水準抜けに成功すれば、久々の85円が見えてきそうです。

豪ドルにとっては正念場と言えます。



それにしても中国の「利上げの回避」の影響の大きさには驚きます。

先週末の中国経済指標の内容は利上げを決断するには十分なものでした。

中国人民銀行は利上げではなく預金準備率の引き上げで対応したことで、

昨日、週明けの上海を含むアジアの株式市場は軒並み上昇しました。

日経平均株価も約7ヵ月ぶりの高値となる1万300円に迫る水準です。

今朝の経済紙の論調も「株式よこんにちは、債券よさようなら」といった趣(おもむき)で、

つい2ヵ月前に言われていた、

「日本の長期金利が上昇する材料は見当たらない」

といった債券に対する強気の意見は既に観られません。

市場はいつの間にか株価に強気になり、

実際、昨日の日経平均株価は銀行、証券などの大型株の上昇が目立ち、

やや「金融相場」の様相でした。

菅総理の英断による「法人税の5%引き下げ」も株式市場にはプラスに働きそうですが、

この結果「雇用を拡大し、給料を増やして、景気の拡大につなげる」

との菅総理の期待は理解できますが、

「デフレ脱却」への道のりはそう簡単ではないと思われます。

むしろ、今後はその財源をどこに求めるかによっては、

消費が落ち込み、景気後退に繋がる可能性も否定できません。



ドル円は83円10銭まで下落しましたが、

それでも82円50銭ー84円50銭のレンジを抜ける勢いはありません。

日足では「100日移動平均線」を下抜けしたものの、

83円10銭前後には一目均衡表の「雲」の上限(先行スパン2)があり、

昨日のNYでもドル円が下落したものの、まさにこの位置で止められました。

この「雲」は比較的厚さもあり、下落時には抵抗しそうです。

依然としてレンジ内取引が続いていますが、本日はFOMCが予定されています。

追加緩和の拡大などに触れた声明文が出されると

ドルが軟調に推移する可能性がありますが、

引き続き米長期金利の動きがカギを握っているものと思われます。












スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/696-90382644

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。