FC2ブログ

円、1ヵ月半ぶりに81円台後半に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドルはアジア市場から主要通貨に対して軟調に推移。
  • NY市場では米経済指標の予想外の悪化に円が急騰。
    ドル円は約1ヵ月半ぶりに81円台後半まで円が買われ、
    対ユーロ、対ポンドでも大幅に上昇。その後米長期金利が
    上昇したことからドルは82円台半ばまで反発。
  • ユーロはこのところのショートポジションの買い戻しから
    上昇し、1.32台後半まで反発したものの、買い戻しが終わると
    下落に転じ1.31台前半で引け。スイスフランや豪ドルに対しても
    大きく下落。
  • 株式市場は住宅関連株が売られたものの、ダウは小幅に上昇し、
    ナスダックは下落。
  • 米マスターカード子会社の調査会社によれば、11月5日から
    12月24日までの小売売上高は前年同期比5.5%増とのこと。
    ただ、このところのNYを中心とする大雪の影響を懸念する声も。
  • 債券は5年物債入札が不調だったことから下落し、長期金利は
    大幅に上昇。
  • 金はドル安を受け大幅上昇。11月中旬以来の1400ドル台を
    回復。原油価格も小売売上高の大幅な増加を好感し上昇。
  • 10月ケース・シラー住宅価格指数 → -0.8%
  • 12月消費者信頼感指数 → 52.5
  • 12月リッチモンド連銀製造業指数 → 25



本日の注目イベント


  • 欧   11月ユーロ圏マネーサプライ
  • 独   12月消費者物価指数(速報値)





82円台の前半を割り込み、82円を突破した円は、

11月12日以来の81円台後半まで急騰しました。

84円半ばから上値が重い展開が続いていた中でも、

下値も82円台後半と82円30銭辺りでしっかりサポートされて

いたドル円でしたが、今週に入り82円台後半でのもみ合いに変わり、

昨日、米経済指標の悪化をきっかけに大きく下落しました。

ロンドンなど一部の市場がクリスマス後の休暇だったこともあり、

市場参加者が少ない中で円が急騰したとの指摘もありますが、

円が上昇する際は概ね昨日のように一気に円高が加速するのが常です。



円は一時、81円81銭まで買われた後、82円台後半まで反落していますが、

これはNYの午後に入ると米長期金利が大幅に上昇したことで、

ドル買い戻しが優勢となったことによります。

これで、今月に入り続いていた82円半ば-84円半ばのレンジを

下に抜けたように思えます。

テクニカルで観ても、日足の遅行スパンはローソク足だけではなく、

「雲」の下限も下抜けしており今後のドルの下落を示しています。

ケース・シラー住宅価格指数の前年比マイナスは今年の1月以来ということで、

米住宅市場の2番底懸念から市場はドル売りで反応しましたが、

一方でユーロの先安観測は依然として根強く、ショートカバーが終われば下落しています。

そのため円やスイス・フラン、豪ドルなどの通貨に資金が集まりやすい状況になっています。

「ユーロ・スイス」や「ユーロ・豪ドル」は過去最安値を記録しています。

テクニカル面で一つ気になるのは、昨日81円81銭まで下落したドル円は、

その後82円55銭まで反発し、「長い下ヒゲ」を形成したことです。

通常、底値から70銭を超える反発を見せ、

「長い下ヒゲ」を示現させたことは「相場の底固さ」を表し、

「底値」を記録する場合があるからです。



ケース・シラー住宅価格指数が9ヵ月ぶりにマイナスに転じたことで、

米景気回復は「雇用と住宅」が依然として足かせとなっていることを示しています。

「差し押さえられた多くの住宅が再び市場で売り出されることを考えると、

2011年も住宅価格には下押し圧力がかかるとみられる。」(ブルームバーグ)

との見方が支配的で、先月から緩やかな回復傾向を示してきている米景気が

「本格的な回復」に向かうには相当な時間が必要と観るべきでしょう。

特に失業率については、バーナンキFRB議長が最近のテレビ番組のインタビューの中で

「正常な基準(5~6%)に戻るまでには4~5年かかる可能性がある」

と述べていたことが頭から離れません。



さて、今日から欧米勢は長いクリスマス休暇から戻ってきます。

本邦勢が年末年始入りしますが、市場は通常の状況に近いとみておくべきでしょう。

82円台後半から82円に掛けての重要なサポートを次々に突破したドル円ですが、

上記「長い下ヒゲ」が気になるところですが、

しばらくは、ドルの戻りが売られる上値の重い展開を予想します。

一目均衡表の「雲」を下抜けしたことで、今度は「雲」の下限が頭を押さえそうな気配です。

現在、83円08銭にある「雲」の下限(先行スパン2)を抜けるまでは

ドルの戻り売り(Sell on rally)でいいのではないかと思います。

ユーロだけではなく、円もにわかに動き始めたことで、

年末年始も気の抜けない状況になりそうです。














スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/707-9abd42bf

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。