FC2ブログ

ユーロ利益確定の売り優勢。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • NY市場が休場だったこともあり、為替は全般的に小幅な
    値動き。
  • 円は終始82円台での取引で推移する中、一時82円前半まで
    強含む場面もあった。クロス円の売りも散見され、全般的に先週からの
    利食いの動きが優勢。
  • ユーロドルも利食いの動きから値を下げる。1.33台半ばから
    徐々に売られ、白川日銀総裁の発言もあり一時、1.32台半ばまで
    ユーロ安に。
  • 欧州財務相会合では、債務問題に対応する話し合いがおこなわれる
    ことになっているが、ドイツは支援拡大のアプローチに反対の姿勢を
    弱めている。
  • 欧州株式市場はまちまち。
  • プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁は、失業率は高水準だと
    しながらも、経済成長の裏付けがあれば年内の利上げの可能性を
    否定しないと語った。



本日の注目イベント


  • 日   12月鉱工業生産(確報)
  • 米   全国百貨店売上高
  • 欧   EU財務相理事会(ブリュッセル)
  • 欧   1月ユーロ圏ZEW景況感指数
  • 独   1月独ZEW景況感指数
  • 英   12月消費者物価指数(CPI)
  • 米   1月NY連銀製造業景気指数
  • 米   1月NAHB住宅市場指数
  • 米   胡錦濤主席訪米(1/21まで)
  • 米   決算発表 → シティーグループ、IBM、アップル
  • 加   カナダ中銀政策金利発表





先週1週間上昇し続けたユーロに対する「買われ過ぎ感」が徐々に広がり、

ユーロは反落しました。

スペイン国債も売られ金利は上昇していますが、

一貫して買われながらも1.35台には乗せず、1.34台半ばで

折り返してきたことは、昨年12月中旬の動きに似ているようにも思えます。

ユ-ロドルはこの時1.35台乗せに失敗し、

その後1.30台半ばまでの下落を見せています。

昨日は、白川日銀総裁が「欧州金融市場は依然として不安定。」との認識を示したことも

ユーロ売りに繋がったようです。

急騰した後の下落ですから、足元では「調整」の域を出ませんが、

しばらくは1.31-1.34の展開になるのではと観ています。

引き続き南欧諸国の債券相場を睨みながらの展開になりそうです。



昨日はNY市場が休場だったこともあり全般的に値幅は出ませんでした。

そんな中でドル円は82円35銭まで買い進まれ、

1月5日以来の水準を記録しましたが、

この水準から81円台に突っ込むのかどうかが注目されます。

再び83円台に乗せるようだと、82-84円のドル円の取引レンジもさらに狭まり、

82-83円50銭に収斂してストレスのたまる相場展開に戻る可能性が高くなります。

しかし昨日も書きましたが、動かないドル円ですが、いつ動いても不思議はありません。

ボリンジャーバンドは、もみ合いを続けていることから「2シグマ」のバンドは

上下ともに内側に集まってきているようにも観ることができます。

このバンドが内側に縮んだ後急速に拡大した時には、

相場が大きく動き出すことでも知られています。

どちらに抜けるかは分かりませんが注意しておきたいところです。



プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁が「利上げ」に言及しています。

同総裁はもともと、FRBの過度の金融緩和には反対の立場を取ってきましたが、

公の場ではないものの、米国の利上げに触れたことは極めて異例のことだと思います。

昨年11月に追加緩和第2弾(QE2)を実施し、

それでも雇用や住宅に目に見える改善傾向がでないようなら、

第3弾の緩和策も考えられる状況の中、

利上げの可能性について肯定的な見方を示しています。

市場の大方の見方では、「利上げは早くても年後半。来年にずれ込む可能性もある。」との

予想が一般的です。

利上げはドル高に直結することから、

今後他の連銀総裁に与える影響にも注意したいところです。



今夜は、NY連銀製造業景気指数など重要な指標が発表されます。

また、シティーグループなど大手米銀の決算発表も今夜から相次いで出て来ます。

米企業の好決算を先取りした形で米株式市場が上昇していますが、

期待はずれの結果がだされると、株式市場の下落から債券が買われ、

金利低下を理由にドルが売られることも考えられます。

また、今や米国の最大の貿易相手国である中国の胡錦濤国家主席が

ワシントンを訪れます。

明日の米中首脳会談からも目が離せません。












スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/719-28969d8e

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。