FC2ブログ

ユーロ対円、対ドルで続伸。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円はNY市場の朝方にかけて82円90銭近辺まで
    上昇したものの、ユーロが対ドルで買われると下落。
    82円30銭まで売られたが、上下ともに勢いはなく82円台半ば
    で引け。
  • ユーロは対ドルで下落したものの、WSJ紙でトリシェECB総裁の
    インフレ懸念発言が材料視されユーロが再び上昇。一時1.3686
    と、昨年11月後半の水準に。
  • 今年のG8、G20での議長国を務める仏サルコジ大統領は
    方針を発表し、通貨制度や、金融規制の強化などが議論される
    見通しであることを表明。
  • 株式市場は大幅に続伸し、連日の高値更新。
    ダウは先週末比108ドル高と、2008年6月以来となる
    1万1980ドルを記録。IBM、インテル、バークシャー
    などが株価をけん引。
  • 債券相場は2年債の入札と、オバマ大統領の一般教書演説を
    控え小動き。価格は小幅に上昇し、金利は低下。
  • 金相場は小幅に反発。一方原油は大幅下落し、5週間ぶりの
    87ドル台に。



本日の注目イベント


  • 独   2月GFK消費者信頼感調査
  • 欧   ファンロンパイEU大統領講演(ブリュッセル)
  • 英   10-12月期GDP
  • 米   11月ケース・シラー住宅価格指数
  • 米   1月消費者信頼感指数
  • 米   11月FHFA住宅価格指数
  • 米   オバマ大統領一般教書演説
  • 米   1月リッチモンド連銀製造業指数
  • 加   12月カナダ消費者物価指数





ユーロが為替相場をけん引し、ますますその存在感が増しているように思えます。

ドル円は83円近辺まで買われたものの、さらに一段と上昇する勢いもなく、

ユーロが対ドルで買われ、「ドル安ユーロ高」に振れると下落し、

やや「円高ドル安」に推移しました。

しかし、下値も82円30銭近辺を抜けきれず、82円台半ばでの取引になってます。

引き続き「三角保ち合い」(さんかくもちあい)の中での値動きになっています。



欧州からNYにかけて、ユーロは1.35台半ばまで下落していますが、

トリシェECB総裁の記事が引き金となり再び上昇し、

1.36台後半までユーロ買いが進みました。

記事はWSJ(ウオール・ストリート・ジャーナル)紙が、

同総裁とのインタヴューの内容を伝えたもので、

総裁は、エネルギーと商品価格の上昇に懸念を表し、

改めてインフレに対する姿勢を強めていることを強調しました。

これは先日のECB理事会後の「インフレ懸念発言」を繰り返したもので、

昨年12月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)が2.2%まで上昇したことを

念頭に置いたものです。

この時以来ECBの利上げ期待が高まり、市場はユーロ買い戻しを急いだ

経緯がありました。

昨日の動きもそれに似たものです。

また、米ダウ・ジョーンズ社は欧州金融安定基金(EFSF)が債券市場で

50億ユーロの債券を発行すると報じたことも

ユーロ高に繋がったようです。



ただWSJの記事は昨日の午後の東京時間で電子版として既に流れており、

この時は大きな反応は観られませんでしたが、

NY市場では新聞の活字として読まれたことで反応した様です。

同総裁はまた、

景気回復のために欧州の緊縮財政は必要だとの見方も改めて示しています。

日米は共に、景気回復の足取りが遅いため利上げには程遠い状況の中、

ECBが利上げに踏み切ればユーロが一気に

買い進まれる可能性もあります。

昨年12月には2010年度として初めて2%台の消費者物価指数の上昇が報告され、

その後もドイツの景況感が急回復するなど、

利上げに向けた環境は徐々に整いつつあります。

しかし、現状ではドイツ一国がユーロ圏をけん引する構図は変わってなく、

この状況がどこまで続くかは未知数です。

しかも、ユーロがこの先1.4台、1.5台へと上昇して行った場合、

ユーロ安による輸出増も期待できなく、

ドイツといえどもこのままユーロ圏を引っ張ることができるかどうか分かりません。

ユーロ圏の消費者物価数をしばらく追いかけてみる必要がありそうです。



本日はオバマ大統領の一般教書演説があります。

財政支出拡大による景気回復、雇用の創出が予想され、

債券相場への影響があるかもしれません。

長期金利が上昇しドル高に振れる可能性もあります。

オバマ政権後半のスタートになるわけですが、任期後半での雇用の回復に失敗すれば

2011年の大統領選での再選も危うくなります。

大統領は「引き締まった政府」実現のため側近をボルカー元FRB議長から

GEのイメルト氏に替えました。

リーマンショック後、金融システムの立て直しが最大課題で、

そのため金融出身者を側近に置いてきましたが、金融機関の収益力も回復し、

システムも安定化したことで、

今回は製造業出身者を任命して製造業を回復させることに主眼を

置いているようにも思えます。

株価上昇による資産効果もあり、

個人消費を中心に米景気は緩やかではありますが徐々に回復に向かっています。

あとは最後まで残された「雇用と住宅」を、

任期後半でどこまで回復することができるのか注目したいところです。



昨日も触れましたが、ユーロドルが1.36台後半まで上昇したことで

一目均衡表(日足)の「雲」を上抜けしています。

「ボリンジャーバンド」(日足)も拡大していることから、

「調整」はあるかも知れませんが、1.37-1.38を目指していると観られます。

ユーロ主導の相場展開はまだしばらく続きそうです。










スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/724-d49289f0

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。