FC2ブログ

原油高一服でドル全面高に。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドルが主要通貨に対して反発。原油価格の上昇が一服した
    ことから、ユーロが対ドルで大幅に下落。前日の1.40台から
    1.38台半ばまで下落。
  • ドル円でも円安が進む。82円台前半で小動きだった円は、海外市場では
    ジリ安が続き、NYでは82円後半まで売られる。ユーロなどが対ドルで
    下落したことの影響も。
  • 株式市場は大幅反発。原油価格が下落したことや、商品相場も反落した
    ことから買い物が優勢に。BOAが住宅ローンビジネスが回復基調にあるとの
    リポートを発表したこともあり、銀行株が堅調。
  • 債券価格は下落し、長期金利は上昇。原油価格の下落で「リスク回避」の
    動きもやや後退したことが背景。
  • 原油価格は3日ぶりに反落。OPECが増産を検討するとの報道から
    リビアでの減産量を賄(まかな)えるとの見方から、一時は103ドル台まで下落。
  • 金価格も下落。商品市況の下落に伴い利益確定の売りに押される展開。
  • ドイツ連銀のウェーバー総裁は、ECBが年内に0.75%利上げすることを
    排除しないとの見方を示す。



本日の注目イベント


  • 豪   スティーブンス・RBA総裁講演(ロンドン)
  • 米   1月卸売在庫





既に増産を表明しているサウジアラビアに加え、

OPEC(石油輸出国機構)の主要国であるクエートやアラブ首長国連邦(UAE)が

石油の増産を検討していると報じられたことで、急騰を続けている原油価格が反落しました。

ただ、一時103ドル台まで売られたものの、

NY原油先物市場の終値は105ドル台と小幅な下落で終わっています。

依然として原油の先高感が根強いことを示した格好です。



この日は原油価格だけではなく、商品相場も利益確定の売りが優勢となり

反落したことでドルは主要通貨に対して上昇しました。

特にノルウェー・クローネとユーロの下落が顕著だったようです。

ノルウェーは北海油田の産油国であり、

ユーロは利上げ期待の台頭からユーロ買い持ち高も急速に膨らんでいたことや、

前日のギリシャ国債の格下げで、

再び南欧諸国のソブリンリスクに目が移ってきたことが背景の様です。

ユ-ロドルは前日1.4036の直近高値まで買い進まれましたが、

昨日は1.38台半ばまで下落しています。

動き出したら相変わらずの値動きの荒さですが、下値のメドを確認しておくと、

やはり昨日のNY市場での安値である1.3865辺りになります。

ここには「200日移動平均線」(1時間足)がきており、

テクニカル通りの動きだったとも言えそうです。



高値から160ポイントほど下落したユーロですが、

個人的には調整を経て再び上昇に向かうものと観ています。

やはり、金利先高観は変わらず、年内に数度の利上げが見込まれます。

金利政策は一旦変更されるとしばらくの間続き、

場合によっては数年以上続く傾向があります。

そのため、各国中央銀行は政策変更には非常に慎重で、

ECBがこれまでの「金融緩和」から「金融引き締め」に舵を切れば、

今後数回は利上げが見込めるものと思われます。



4月に退任が決まっているドイツ連銀のウェーバー総裁は、

昨日ブルームバーグとのインタビューで、ECBで金利の正常化が始まったと述べ、

今後物価上昇圧力がさらに強まることから、

年内に1.75%までの政策金利の可能性を排除しないとの見方を示しています。

同総裁は、ドイツ連銀を退任後民間金融機関のトップに就任するのでは

との見方が有力でしたが、

6月からは米シカゴ大学で教鞭をとることが判明しています。



ドル円にもやや動きが出てきました。

81円50銭ー82円50銭のレンジを上抜けし、

NYでは82円86銭まで上昇しましたが、83円台乗せには至っていません。

為替市場全体で巻き戻しによるドル高が進んだことや、大幅な株高が主因と思われますが、

この水準は先週にも通過した「道」であることから、

それほど実需の売り意欲は強くないと思われます。

やはり、83円台に乗せることができるかどうかがポイントになってきそうです。

昨日のNY時間では、一部有力シンクタンクによる「米金融政策の変更の可能性」が

ドル買いに繋がったとの指摘もありますが、

これまでのFRB首脳の言葉からは、その可能性を全く感じ取ることはできません。

市場のコンセンサスでは、FRBが金融引き締めに転じるのは、

「早くても夏以降。恐らく来年になる」との見方が有力です。

もちろん、米経済指標の改善が続き、

今後さらにこの傾向が強まれば利上げのタイミングが早まる可能性はありますが、

ここ1-2ヵ月の話ではありません。



むしろ足元では、6月に追加緩和第2弾(QE2)の期限が来るため、

それ以降の金融政策を議論するFOMCが非常に注目されることになります。

5月にはFOMCがないことから、

その決定は4月のFOMCで行われる可能性が高いと思われます。

4月のFOMCは26ー27日に開催されます。

いわば、この日が「天王山」になる可能性が高く、

それまでバーナンキ議長をはじめ、FOMCのメンバーの発言に

変化が出てくるかどうかなどにも注意したいところです。











スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/760-4dc9f584

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。