FC2ブログ

商品相場の下げ一服でユーロも下げ止まり。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • アジア時間に81円33銭まで上昇したドル円は、上値が重く
    ジリ安に。海外市場では80円台後半まで下落するが、円買いの勢い
    も弱く、81円を挟み一進一退。
  • ユーロは商品相場の下落を受け、アジア市場から欧州市場の
    時間帯にかけて売られ、対ドルでは1.41台前半、対円でも
    114円台半ばまで下落したが、NY市場では商品相場の反発に
    ユーロが買い戻される展開に。
  • 株式市場も商品相場の反発を材料に上昇。商品相場に敏感な
    銘柄を中心に株価が上昇しダウは65ドル高。
  • 債券相場は下落。30年国債の入札が不調だったことや、
    株価が上昇したことが材料となり長期金利は上昇。
  • 中国人民銀行は預金準備率を0.5%引き上げると発表。
    インフレ圧力が依然として強いことから、金融引き締め政策を
    鮮明に。今年で5回目の引き上げで預金準備率は21%と高水準に。
  • アジアから欧州の時間帯にかけ一段と下落した金、原油は、
    NY市場では下げが一服し小幅に上昇。
  • 4月小売売上高 → +0.5%
  • 週間失業保険申請件数 → 43.4万件
  • 4月生産者物価指数 → +0.8%



本日の注目イベント


  • 独   1-3月期独GDP(速報値)
  • 欧   1-3月期ユーロ圏GDP
  • 欧   EU欧州委員会、半期経済見通し
  • 米   4月消費者物価指数(CPI)
  • 米   5月ミシガン大学消費者信頼感指数





昨日の東京タイムではドル買いが先行し、

ドル円は81円33銭まで上昇し前日のNYでの高値に並んだものの、

その水準を抜けきれずに反落しました。

この水準は「4時間足」の雲の上限にも近く、

結局、雲を抜けきれずに押し戻された格好になっています。

その後、欧州市場にかけては金、原油などの商品相場が下落したことを材料に

ドル売りが優勢となり、80円70銭近辺まで売られています。



足元の為替相場は商品相場との関連性がさらに強まり、

これらが上昇するとドルが売られ、ユーロ、豪ドルなどが買われます。

昨日の夕方には金価格が1480ドル台まで下落し、

原油価格も97ドル台目前の水準まで下落したことから、「ドル買いユーロ売り」が強まり、

「ユーロ円の売り」を誘ったことでドル円が下落しました。

しかしドル円の下落も限定的で、相場はやや膠着(こうちゃく)感が強まり、

80円半ば-81円半ばのレンジ相場を形成しつつあります。

このレンジはちょうど上記「4時間足」の雲の厚さに近く、

結局、雲の中で上限、下限のどちらに抜けるかを試している展開といえます。



さらにドル円そのものの動きというより、ユーロ円などクロス円の動きに影響され易く、

クロス円の上昇はドル高円安に、下落は円高に振れることから、

商品相場の動きをを間接的に受けているともいえそうです。

本日も上記「雲」の上限である81円18銭を抜けるかどうかに注目しますが、

81円台半ばではドル売りも控えていそうで、

特段の材料が出ない限りドルの上昇は限定的と見られます。

一方下値でも、80円70銭あたりはNY市場での底値ということもあり

ドル買い需要も見られそうです。

81円を挟む動きが予想され、東京タイムでは新鮮味に欠ける相場展開が続きそうです。



中国人民銀行は今年5回目となる預金準備率を0.5%引き上げました。

11日に発表された4月の消費者物価指数は2ヶ月連続で5%を上回り、

依然として高水準でインフレ圧力はおさまりません。

これで大手銀行の預金準備率は21%と過去最高水準になり、

人民銀行はインフレ対策が緊急の課題であるとの姿勢を強めた格好になりました。


預金準備率は市中銀行が強制的に中央銀行に預金をしなければならない割合を示し、

21%まで引き上げることによって

市中にある資金を大量に吸い上げることを目指しています。

市中銀行にとっては、預かった預金の21%を人民銀行に再預金しなければならず、

おのずから一般の融資にまわす資金が減少することになります。

ブルームバーグの記事によれば、

今回の引き上げにより約3700億元(約4兆6000億円)の資金が吸収されるそうです。



4月には今年2回目となる政策金利も引き上げられ、現在6.31%です。

これに加え、相次ぐ預金準備率の引き上げを実施したことは、

「経済成長より物価安定」を重視した政策へ方向転換したことを意味します。

2010年度では10%を超える経済成長を遂げた中国でしたが、

一向に収まる気配を見せないインフレに、成長を犠牲にしてもインフレを阻止するという、

いわば「ハードランディング」の姿勢を示したことになります。

「世界の工場」といわれてる中国の経済成長にブレイキがかれば、

世界規模で景気が減速することにも繋がります。

人民元相場も連日最高値を更新していますが、

金融引き締めと同時に人民元高を許容することで

インフレを抑制しようという政策は理にかなっており、

人民元の上昇はさらに続くものと予想されます。



ようやく天気も回復しそうです。

よい週末を・・・・。




スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/809-fe669310

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。