FC2ブログ

ドル円82円を挟み膠着。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ユーロが反発。ドイツのifo景況感指数が予想超え、過去最高付近を
    維持したことと、このところの売られすぎからユーロ買い戻しが
    優勢となり対ドルでは1.41台前半、ユーロ円でも116円台まで上昇。
  • ドル円は81円台後半から小幅に上昇し、ユーロ円の買い戻しの影響もあり
    82円台前半までドル高円安が進む。ただこの水準はここ数日でも
    トライして抜け切れておらず、昨日も同様な動きに。
  • ギリシャ政府は60億ユーロ(約6900億円)の追加の
    財政赤字削減案を決定。しかし、ギリシャ最大野党党首はこの削減案を
    拒否したことで、その実行については不透明。
  • 米株式市場は3日続落し約1ヵ月ぶりの安値に。朝方は反発して
    始まったものの、上昇は続かず、ダウ、ナスダックはともに小幅安。
  • 債券相場は続伸。2年債入札が好調だったことと、株安が材料と
    なり長期金利は低下。
  • 金は5日続伸し1523ドル台に。原油も米投資銀行による
    原油高見通しを材料に大幅に反発。
  • 4月新築住宅販売件数 → +7.3%
  • 5月リッチモンド連銀製造業指数 → -6



本日の注目イベント


  • 日   4月貿易収支
  • 独   6月独GFK消費者信頼感指数
  • 欧   ドラギ・イタリア中銀総裁講演
  • 欧   シュタルク・ECB理事講演
  • 英   1-3月期英GDP(改訂値)
  • 米   4月耐久財受注
  • 米   3月住宅価格指数
  • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演





ユーロが反発し対ドルで1.41台前半、対円でも116円台を回復しました。

前日、1.40の大台を割り込み、1.39台半ばまで売り込まれたユーロでしたが、

昨日はドイツifo景況感指数が114.2と市場予想を上回ったことで

ユーロの買い戻しを誘いました。

しかし、ユーロ圏では依然としてギリシャの財政問題が重くのしかかり、

解決策も見いだせていないことからユーロの大幅反発には繋がっていません。



ギリシャ政府は昨日、60億ドルの追加的な財政赤字削減案を決めていますが、

野党はこれを拒否し実行に移せるかどうかは不透明な状況です。

国有企業の民営化や富裕層への課税強化、さらには社会保障へも手をつけ、

2011年度の財政赤字をGDP比7.5%まで削減しようというものです。

EU、ユーロ圏も一層の財政赤字削減を追加融資の条件としているものと見られ、

仮に議会で拒否されるようなことになると、

今後ギリシャの資金調達の道が断たれることにもなりかねません。



これらを受け、ギリシャ国債の利回りはさらに上昇し、

同国債に対するCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)スプレッドは

1496bp(ベーシス・ポイント)まで上昇し、

これは5年以内のデフォルト(債務不履行)の確立71%を織り込んだ水準です。

(ブルームバーグ)さらに、ギリシャ国債だけではなく、ポルトガル、スペインの国債も

「連想」から売られる(金利は上昇する)展開が続いています。



ドル円は81円台半ばから82円を挟み一進一退の動きです。

GWの5日に80円台をいったん割り込み、すぐに80円台を回復してからは約3週間、

80-82円台の値動きが続き、

さらにここ1週間は81-82円の値幅に概ね収まっています。

底値が徐々に切り上がってはいるものの、

足元では82円20-30銭が上値の上限として抑えられているようです。

この水準を抜けきるにはさらなる米景気の回復を示す指標が必要で、

それにはまだしばらく時間がかかると見られます。

昨日発表された4月の新築住宅販売件数は市場予想を大幅に上回っていましたが、

先週発表された住宅着工件数などは依然として低水準で、

住宅市場の本格的な回復はまだ先のことと思われます。

このため、高水準の数字の割には市場の反応は限定的だったようです。



上述のようにドル円は82円台に入ると上値を抑えられ、

81円台に押し戻される展開が続いていますが、

今週の動きを見る限りドルは上昇したがっているように見えます。

上記82円30銭を明確に抜けきれば、

その上には「ストップロスのドル買い」もあるとみられ、

82円半ばを抜ける可能性も出てきそうです。

そのきっかけになりそうなのが1時間後に発表される4月の日本の貿易収支です。

「貿易赤字」は確実で、問題はその赤字幅です。

市場は7000億円程度の赤字を予想していますが、

赤字幅がさらに拡大しているようだと「円売り材料として」捉えられる可能性もあります。

また、貿易収支の発表を受け日経平均株価がどのような反応を見せるかも注目です。

株価が上昇するようだと82円30銭を試しに行くことも考えられます。



もちろん下値不安がないわけではありませんが、

現状では81円70銭あたりがサポートされそうです。

短期的な動きを示す「1時間足」では、

この水準に「120日移動平均線」と「雲の上限」が来ているからです。

さらにその下では81円20-30銭が重要なポイントとなりそうです。





スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/817-7d8ce6fe

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。