FC2ブログ

ドル円、NYで75円95銭を記録。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ドル円はNY市場に入ると徐々に値を切り下げ、今年3月に記録した
    76円25銭を割り込むと一気に75円95銭まで下落。
    日本の金融当局者の発言が介入に消極的だったと受け止められたことや、
    米国債の利回りが低下したことなどから円が買われた。引けにかけては
    ドルが買い戻され76円台半ばと、この日の安値圏で取引を終える。

  • ユーロドルは明確な方向感もなく1.43台後半から1.44台半ば
    で小動き。

  • 株式市場は世界経済の先行き不安が払しょくできず、ダウは大幅に下落。
    HP株や金融株が下落しダウは172ドル安と、1万900ドル台を割り込む。

  • 債券相場は上昇。前日最高値を更新した10年債利回りは、この日は小幅に
    下落。30年債などが大きく買われた。

  • リスク回避の流れが一段と進み、金は大幅に続伸。株式市場からの資金が
    流れ込み、一時1881ドルまで買われる。
    引けは1852ドルと投機的な動きを一段と強める。原油価格は小幅に下落。



本日の注目イベント


  • 米   7月シカゴ連銀全米活動指数



先週末のNY市場では、ドル円がついに75円台に突入してます。

とは言ってもドルの安値が75円95銭でしたので、わずか5銭でしたが「75円台」を

記録し、円の史上最高値を更新したことになります。

76円台が定着してから約2週間ほどかかっていますが、個人的には「時間の問題」だった

と思っていたこともあり、驚きはなく、むしろ「かなりに時間がかかった」というのが正直

な印象です。

77円割れの水準では政府・日銀による介入があるものと予想していましたが、

それも76円台半ばでも見られなかったことで、「介入しづらい」と同時に「次の介入では

サプライズ」を狙っているのではないかとの見方に変えていました。

76円25銭という3月につけた円の最高値を更新しましたが、NYでの引け値は前日と

変わらず76円台半ばです。

「最高値更新」の割には線香花火のような終わり方をしています。

短期的な値動きを表す「1時間足」では「長い下ヒゲ」が出ており、これは前回、前々回の

円が最高値を更新した時を全く同じです。

つまり、この後はすぐにもう一段の円の最高値をつけに行く可能性は少ないと思われます。

しばらくは再び76円台での「もみ合い」が続き、その後に75円台のどこかで「最高値を

更新」するのではないかと見ています。

ドルが75円95銭を底値に反発して行く可能性は少ないでしょう。

実態経済の悪化は消費者信頼感指数でも明らかにされており、FRBは今後2年間はゼロ金

利政策を継続すると宣言しています。

加えて、今週末にはバーナンキ議長がワイオミング州ジャクソンホールで注目の講演を行い、

一部には「QE3」にも言及するのではないかと取り沙汰されています。

確かに1年前の講演では「QE2」の可能性を示唆しましたが、現在はその当時と比べて

状況も変わっており、さすがに「QE3」への言及はないものと思います。

米国債の最大の保有国である中国は、米国の量的緩和が通貨高と準備通貨の価値の下落を

招くと、強く非難しています。

自国通貨高で苦しんでいるのは中国だけではありません。ブラジルなど新興国も同様に自国

通貨高による景気の悪化に懸念を表明しています。

また、日本やスイスもある意味同様な状況に置かれており、記録的な自国通貨高に対応を

迫られています。

さらに、1年前よりインフレ懸念は大幅に高まっています。

「QE3」は、その効果以上に資源高をを通じ世界中に「副作用」を拡大していると言えます。

そのため、これ以上の金融緩和策にはFOMCメンバーの、コチャラコタ・ミネアポリス連銀

総裁も明確に反対の立場を示しています。

バーナンキ議長もそのあたりは十分に認識していると思われ、「QE3」実施の可能性は低い

と思います。

しかし、それでも講演で米景気の回復力が想定以上に遅いなど、米景気の現状認識を

「下方修正」するような発言が出ると、再び株が売られ、債券が買われ、ドル安が進む

「リスク回避の動き」が加速することも考えられます。

市場がドル安に傾いている以上「QE3」に触れなくも、まだしばらくはドルのジリ安が

続くのかも知れません。

今朝の経済紙では、政府・日銀による市場介入の可能性が高い、との報道があります。

そのせいか、すでにドル円は反発して取引が始まっており、76円台後半までドル高が進んで

います。

先週末のNYでのドル底値からは1円程度の反発で、「1時間足の下ヒゲ」はさらに長く

なっています。

この水準では、介入の可能性がないことは先週確認されていますが、東京株式市場が大きく

値を下げ76円を割り込む水準では介入の可能性が高まることから注意が必要です。

報道によると、単独でも円売り介入を行い、来月に予定されている日銀の金融政策決定会合も

前倒しで開催し、追加緩和を行う構えの様です。

市場では依然としてリスク回避の流れが支配的であることから、円が先行きもう一段強含むと

見られますが、75円を突破してさらに70円に向かうかどうかは不明です。

円の実力からすればかなり「過大評価」されているとは思われます。

ここから先は「マネーゲーム」の領域に入っていく、と考えてもいいのかも知れません。

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/886-d246fa5f

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。