FC2ブログ

米長期金利の上昇でドル円77円試す。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 昨日の東京時間昼前、政府は円高対策を発表したものの、
    効果を疑問視する見方が強く、ドル円は発表直後からドル売りが強まる。
    海外市場では76円台半ばを割り込んだが米経済指標の好転や、
    長期金利の大幅上昇などから77円付近まで戻されて引ける。
  • ユーロドルは1.44台後半までは上昇するものの、さらに一段の
    上昇には繋がらず1.43台後半から1.44台で一進一退。
  • ムーディーズは日本国債の格付けを1段階引き下げると発表。
    3ヵ月前にも引き下げの可能性が警告されていたこともあり影響は限定的。
  • 株式相場は2日連続の大幅高でダウは1万1300ドル台を回復。
    金価格が大幅に下落したことから、資金が「金から株式へ」流れてきた、
    との声も。
  • 債券相場は大幅に下落し、長期金利は約1週間ぶりの2.2%台に。
    耐久財受注額が予想を大幅に上回っていたことが嫌気された。
  • 金は100ドルを超す大幅な下げで1750ドル台に。利益確定の売りに押され
    急落。株式市場が大幅続伸したことでリスク回避の流れに
    やや変化が現れた可能性も。
  • 原油価格は小動きで85ドル台で推移。
  • 7月耐久財受注 → +4.0%
  • 7月住宅価格指数 → +0.9%



本日の注目イベント


  • 独   独9月GFK消費者信頼感調査
  • 米   週間失業保険申請件数





「ジャクソンホール」・・・。

今世界中が注目している米ワイオミング州の避暑地の名前です。

為替に限らず、株式、債券市場などほぼすべての金融市場は

この地でのバーナンキ議長の講演に集中しています。

われわれ日本人にはあまりなじみのない地名です。

初めてこの都市名を聞いた方も多いのではないかと思います。

実は私もこの名前を初めて耳にしたのは2年前です。

「ジャクソンホール?」、これは多分NYの「カーネギホール」のような

施設の名前かと思ったほどでした。



オハイオ州に住む友人に聞いたところ、

彼も、この地名を聞いたことはあるが、行ったことないと話していました。

中西部のワイオミング州にある避暑地ですが、イエローストーン公園が有名です。

今、為替や株の専門家に相場観を尋ねると必ずと言っていいほどこの地名が出てきます。

やや期待しすぎるのではないかとも思いますが、

明日ここで行われるバーナンキ議長の講演内容が、今最も重要なイベントになっています。



この背景は、市場がそれほど不安定で先行きが見えない状況だからです。

米国債のデフォルト懸念から始まった今回の信用不安は、

米国債の引き下げで株式市場が連日乱高下し、

大量の資金は金や、債券、さらにはスイスフランや円の価値を大きく押し上げました。

まさに「リスク回避」の流れが大規模に起こった結果です。



誰もが今後の相場展開に不安を覚え、予測すら困難な状況に陥っていることから

「バーナンキ議長の一言」に今後の相場展開のヒントを求めているわけです。

しかし、市場をつぶさに眺めてみると

2日ほど前から「異変」が起きていることに気がつきます。

信用不安とドル安の「有力なヘッジの手段」として

買われていた「金」に変化が起きています。

金価格は8月22日の時間外取引で1917ドルという記録的な高値を付けた後

急落しているからです。

昨日は104ドルも下げ、1日で5.7%の下落でした。

1600ドルを超えてからの上昇が急ピッチであったことの反動もありますが、

それにしても100ドルを超える下落は記憶にありません。



「安全資産」を代表するひとつの金が売られたことで、

「リスク資産」の代表の株式が2日連続で大きく買われ、

2日間の上げは460ドルを超えています。

つまり、「リスク回避」の流れに変化が出てきたということです。

バーナンキ議長の講演を前にポジションを手じまっておこうという動きだと思いますが、

もしかしたら「リスク選好」が進む予兆なのかもしれません。

上がり続ける相場はありませんが、下がり続ける相場もありません。

「リスク回避」の流れに歯止めがかかれば当然ドル円は、

「ドル高円安」に向かうはずですが・・・・。

ややドルの反発に期待したいところですが、ポイントとすれば77円30銭でしょう。

この水準を上抜けすれば「4時間足」での抵抗線を抜け、

「一目均衡表」の遅行スパンは「好転」を完成させます。

すでに77円台に一度乗せていることで短期の「1時間足」では

「好転」を完了させています。



テクニカルで観るとややドル反転の兆しが観られますが、

このままドルが上昇する可能性は低いと思われます。

それは、過去にもこのようなケースが何度かあり、

その都度頭を抑えられ結局ドルが下落してきたからです。

注意すべきは、上記テクニカルが正しければ78円台程度までの反発もありえる、

とのイメージを頭に入れつつトレードすることです。

ドルが本格的に反発に転じるのはまだまだ先の話です。

ドル反発には米景気の明確な回復が不可欠です。

手元の米経済指標を探しても、その兆候はどこにも見あたりません。









スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/889-512a2932

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。