FC2ブログ

ドル円2週間ぶりに77円台後半。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は海外市場では終始77円台で推移。77円30銭を抜けたことで
    ドル買い戻しの動きが強まり77円70銭まで上昇。バーナンキ議長の講演を前に
    ポジションを調整する動きが主体。
  • ユーロは再び1.45台乗せに失敗。欧州各国が株の空売り禁止を延長した
    ことが嫌気され1.43台前半まで下落。
  • 株式市場は大幅に反落。ウォーレン・バフェット氏がBOAへの増資を引き受ける
    との報道で上昇したものの、失業保険申請件数が増加していたことや、「QE3」
    への期待感が急速にしぼんだことでダウは170ドル安。
  • 債券相場は小幅に上昇し長期金利はやや低下。
  • 金は前日に続き軟調地合いで始まったが、株価の下落から小幅に反発。
  • 原油価格も商いは低調な中小幅に反発。
  • 週間失業保険申請件数 → 41.7万件



本日の注目イベント


  • 豪   スティーブンス・RBA総裁証言
  • 日   7月消費者物価指数(CPI)
  • 米   第2四半期GDP(改定値)
  • 米   8月ミシガン大学消費者信頼感指数
  • 米   バーナンキ・FRB議長講演(ワイオミング州ジャクソンホール)





ドル円は昨日の東京市場で77円台に乗せてからは

終始77円台での取引で推移しています。

昨日この欄で、77円30銭が上抜けすれば場合によっては

78円程度までドルが反発する可能性を指摘しましたが、

NY市場では78円には届かなかったものの、77円70銭までドル高円安が進みました。

ただ、同時に「リスク回避」の流れは変わらず、

ドルが反転するには材料不足とも書きました。

テクニカル的にはドルが反発しましたが、

それは本日の「ジャクソンホール」前の一時的なポジションの

巻き戻しに過ぎないと思われます。



やはり焦点は株式市場です。

昨日のNY株式市場はやはり値動きが激しく、値幅も大きく、

結局170ドルを超す下落になりました。

著名投資家のウォーレン・バフェット氏が、

このところの株価が急落しているバンク・オブ・アメリカの

50億ドル(約3900億円)の増資を引き受けるとの報道で堅調には始まったものの、

いつものように経済指標の悪化や本日のバーナンキ議長の講演で

「QE3」に言及する可能性が急速に後退したことで株価の大幅な下げに繋がった様です。

VIX指数(恐怖指数)も依然として高止まりしていることもあり、

まだしばらくは株価の乱高下は続きそうです。



株価が大きく下げ、金価格は小幅ですが反発したことは、

市場が再び「リスク」を意識し始めたことと受け止められます。

そうなると「リスク回避」の流れからスイスや円が買われ、

ドル円はドル安方向に動くのがこれまでのパターンでしたが、昨日は違っていました。

厳密にいえばドルスイスは下落し「ドル安・スイス高」に触れていますが、

ドル円では「ドル高・円安」に動いています。

これは上述のように、テクニカルポイントであった77円30銭を上抜けしたことで

「ストップのドル買い」がでたものと思われます。

「4時間足」のローソク足を観ると、

まさに「200日移動平均線」でピタリと上昇を止められ反落しているのが確認できます。

またこの水準は「8時間足」では「雲」の下限あたりの「抵抗帯」に

上値を抑えられたとも言えそうです。

結局、テクニカル通りの動きだったということが言えます。





市場の雰囲気はやや風向きが変わりそうな気配はありますが、

それには78円台にしっかり乗せることが絶対条件になります。

先ずは、77円70銭を上抜けることが必要で、

78円台では10-15銭に抵抗線があります。

この水準をしっかり抜けてくれば、

先週の75円95銭が「目先の底値」になる可能性はありますが、

昨日も書いたようにそこまで米景気に期待はできません。



本日は日本時間23時から注目のバーナンキ議長の講演が始まります。

ここにきて「QE3」への言及はないのではないかという見通しが急速に台頭してきました。

昨年の「QE2」時に比べ、インフレリスクが大きく異なることから

「QE3」の可能性はほとんどないと思いますが、

では議長がどんな一手を打ち出してくるのでしょうか?



バーナンキ議長は言葉を選ぶのが非常にうまい人の様です。

自分が発した言葉で市場がどのような反応をするのかを

かなり的確に読み取ることに長けていると言われています。

「QE3」への言及がなかった場合の市場の反応は既に予想しているものと思われます。

一旦は失望させておいて、後日緩和策を打ち出してくる可能性も否定できません。

市場が発言内容に失望しても76円台で推移していれば、

ドル円が大きく崩れることはないと思います。

今週は政府・日銀による介入の可能性がきわめて高かったものの、

「不発」に終わりそうです。

現行の水準では介入はないと思われますので、

「ジャクソンホール後」ドル円が76円前半に下落した場合には注意が必要です。

当局も「ジャクソンホールでの発言内容を確認してから」といった

スタンスを取っていると思われます。



良い週末を・・・・。









スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/890-b9866e46

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。