FC2ブログ

NY金大幅安で市場の不安定増す。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 週末のポジョン調整もあり、ユーロが対ドル、対円で反発。
    ユーロドルは1.34台から1.35台に、ユーロ円も
    朝方の102円台前半から103円台後半まで買い戻された後
    103円台前半で越週。
  • ECBが市場の緊張を和らげる取り組みを強化する可能性があると、
    ECB政策員会の複数のメンバーが示唆したことが背景。
  • 株式市場は前日の大幅安の反動もあり、小幅に反発。
    ダウは37ドル高、ナスダックは27ドル高と、連日の下落傾向に
    やや下げ止まったものの先行きは依然不透明。
  • 債券相場は株式市場が反発したことから売られ長期金利は上昇し、1.83%台に。
    一時、史上最低を更新し1.67%を記録。
  • 金価格の下落が止まらず前日比101ドル安と、一気に1639ドル台
    まで売られ約1ヵ月半ぶりの水準に。
  • 原油価格も小幅ながら3日続落し、80ドル台を割り込む。
  • ワシントンで行われたG20では、金融安定を主眼とした共同声明が
    採択されたものの具体的な安定策はです、11月までに行動計画を策定する
    ことで合意。



本日の注目イベント


  • 独   独8月ifo景況指数
  • 米   8月新築住宅販売
  • 米   ラスキン・FRB理事講演
  • 米   ブラード・セントルイス連銀総裁講演
  • 米   コチャラコタ・ミネアポリス連銀総裁講演





ギリシャの債務問題を巡る動きは依然不安定であることからユーロの先行きも不透明です。

米ドルに関しては景気の回復が

「異例なほどに停滞している」(ダドリー・NY連銀総裁)ことで、こちらも先行き不透明。

こうなると、安全通貨である「円とスイスフラン」が買われるのが

これまでのパターンだったものが、9月6日のスイス中銀による「無制限介入」宣言から、

フランへは投機的な資金流入が止まり、

先週は円が全ての通貨に対して買われる傾向が強まりました。

しかし、その円も76円前後では「介入警戒感」が強く、

手放しで買い進むわけにはいきません。

結局、手づまり状態になり、先行きの不透明さだけが残った格好になっています。



不透明さはこれまで「リスク回避」の受け皿とされて買われてきた「金」をも手放し、

利益を確定する動きを加速させました。

先週末のNYでの金価格は、100ドルを超す下げが観られ、

先週1週間では175ドルもの大幅下落となっており、

市場の不透明さを象徴するような動きと言えます。

投資家は「リスク回避」に走り、債券へ投資する以外は、

できるだけキャッシュポジションを高めようとする行動にでているように思えます。



先週のドル円は76円台割れ目前までは下落しましたが、76円台は割り込んでいません。

対ドルでの下落はひとまず抑えられてはいますが、

ユーロ円などの「クロス円」では円高が急速に進んでいます。

加えて、先週の東京市場休場中にはNYダウが大幅な下げを演じています。

これらの状況から、政府・日銀による介入のタイミングは徐々に高まっていると観られます。

今や、世界経済は2008年のリーマンショック以来の不確実な状況になってきており、

一部には「今回は、一金融機関の破たんではなく、一つの国家の破たんの可能性があり、

事態はより深刻だ」との指摘もあります。



このためIMF(国際通貨基金)のIMFC(国債通貨金融委員会)は声明を発表し、

「世界経済が危険な段階に入っており、加盟国とIMFに対し、異例の警戒と協調、

大胆な行動を取る準備を求める」と強調し、「われわれはIMFがその世界での役割の中で

行動することを歓迎する」と述べています。

ラガルド・IMF専務理事は昨日ワシントンでギリシャのベニゼロス財務相と会談し、

同国の経済計画について協議した模様ですが、

ベニゼロス財務相は会談後「すべての人がギリシャの状況を理解していると確信している。

われわれは予定通り前進している」と述べ、

2013、14年の財政目標に関する交渉を終えつつあることを明らかにしています。
(ブルームバーグ)



今週も欧州の財政危機問題が焦点になり、

各金融市場は荒っぽい動きをするものと予想されます。

先ずは欧州金融安定基金(EFSF)の増額と機能強化が最優先課題で、

この問題が進展すれば、

欧米の株価が持ち直しを見せ金融市場が落ち着きを取り戻すことが考えられます。

ガイトナー米財務長官もIMF総会では、

レバレッジを使い現在4400億ユーロ(約46兆円)規模の欧州金融安定基金の

支出力を増強するよう求めています。



今週で9月も終わり、企業は中間決算を迎えます。

ドル安が継続的に続いており、8月以降ドルが大きく値を戻す局面はありません。

そのため輸出企業はドル売り予約を取り遅れているとの見方もあります。

9月末まで待って、ギリギリに輸出予約を取るような状況になると、

76円台を割り込む可能性もあるかもしれません。

「リスク回避」の流れが少しでも後退することを期待したいと思いますが、

それには欧州の金融安定化が不可欠です。










スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/912-f290ba66

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。