FC2ブログ

ドル円約1週間ぶりに77円台半ばに。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円は久しぶりに動意をみせ一時77円57銭と、10月31日の
    市場介入後の円高水準まで下落。節目と観られる77円50銭を目前に
    小幅に反発し77円75銭近辺で引ける。
  • ユーロドルも上昇。イタリアのベルルスコーニ首相は来週の議会で
    財政緊縮法案が可決したら辞任することで合意したと、同国大統領が
    発表したことで買われ、1.38台半ばまで上昇。
  • 注目のイタリア国債は、議会で予算関連法案は通過したものの、
    賛成票が絶対過半数に至らなかったことから続落し、10年債利回りは
    一時6.769%台まで上昇(価格は下落)。
  • 株式相場は朝方軟調に推移していたものの、ベルルスコーニ首相が辞任する
    ことで合意との報道が伝わると急伸し、ダウは101ドル高で取引終了。
  • 債券相場は株価の急伸から、安全投資先としての需要が後退し小幅に下落。
  • 金価格は続伸し、一時1800ドル台を回復。原油価格もイランでの緊張の
    高まりなどから5日続伸。
  • ギリシャの次期首相にパパデモス氏が指名されると、メディア各社が報じる。




本日の注目イベント


  • 日   9月国際収支
  • 日   10月景気ウオッチャー調査
  • 中   中国10月消費者物価指数(CPI)
  • 中   中国10月生産者物価指数(PPI)
  • 欧   ファンロンパイ・EU大統領講演
  • 欧   バローゾ・欧州委員長講演
  • 欧   シュタルク・ECB理事講演
  • 米   バーナンキ・FRB議長講演
  • 米   タルーロ・FRB理事講演
  • 米   APEC財務相会合(11/10まで、ハワイ)





ベルルスコーニ首相への辞任期待が高まっていたイタリアでは、

同首相が財政緊縮法案が可決したら辞任することで合意、

とのニュースが伝わりユーロが買われ、株式市場も好感するなど、

やや「リスク選好」の格好となっています。

全体的にはドル安が進み、円も上昇しています。



ユーロドルは昨日のアジア市場では

イタリア国債の下落基調を背景に上値の重い展開が続き、

1.37台半ばを割り込む水準まで売られましたが、

「ベルルスコーニ首相辞任」のニュースに大きく反応し

1.38台半ばまで上昇に転じています。

同氏の辞任は株価を上昇させ、債券価格を下落させるなど

「首相に留まること自体がリスク」だったことが、あらためて証明された格好です。



ユーロドルはテクニカル的にも重要な水準まで上昇しています。

1.38台半ばはこれまでに何回か突破を試しては振り落とされてきた水準だからです。

この水準を完全に抜けきれば1.40台が見えてくる可能性もあります。

基本的には1.36台半ば~1.38台半ばのレンジ内での動きと観ていますが、

現在そのレンジの上限を試しに行っている状況かと思います。

ベルルスコーニ首相が辞任を固めたことで、

新政権への期待からユーロ買いが優勢となったようですが、

一方で昨日もイタリアの国債は売られ、

危険水域の7%に迫る水準まで価格が下落しています。

また、ポルトガルやスペインの国債も売られており、

ベルルスコーニ首相辞任という材料だけで

さらにここから上値を追っていく展開は想像しにくいと思われます。



ドル円もNY市場では77円57銭まで円買いが進み、

10月31日の大規模介入後で最も円が高い水準までドル安が進みました。

78円を挟む展開で約10日間推移していましたが、ようやく動き始め、

それもこれまでと同様に円高方向への動きとなっています。

ユーロドルの1.38台半ばと同様に、ドル円の77円台50銭も重要なレベルです。

この水準は介入以前までは上値のメドとされていて重要なレジスタンスでした。

しかし、政府・日銀の大規模介入で水準が大きく押し上げられた現在では、

逆にサポートラインとして機能しており、ドルの下落を止める形になっています。

また、この水準は介入で約4円押し上げられた「値幅の半値戻し」の水準にもあたります。



この水準を明確に下抜けすれば、再び76円台が視野に入り

「政府・日銀の介入スタンスを試す展開」になると観られます。

先月末に続き再び市場介入に踏み来るのかを確認することができそうですが、

個人的には市場関係者の多くが介入を意識している77円台の水準では、

その可能性は少ないのではないかと観ています。

やはり前回の様にある程度の「意外性」をもって介入を実施しないと、

その効果も限られてしまうと言うことです。



また前回は一気に4円も水準を切り上げたことで、

個人投資家や輸出企業に絶好の売り場を提供した形になりました。

再びそのような場を提供するとも思えなく、

ここでも「過度な介入期待」は持つべきではありません。

ドルのロングポジションを大方吐き出した個人投資家には「買い余力」もありそうです。

76円台からはこれまで通りドルを買い下がるものと思われますが、

米株式市場の思わぬ急落から「リスク回避」が大きく進むと、

再び投機的な円買いが観られる可能性もあります。

今週に限って言えば下値は76円台半ばが限界というところでしょうか。

上値でのは徐々に78円が重くなり、

「78円台は売り」といった相場観が定着する気配もあります。

加えて、「オリンパスショック」から、日本の株式市場への信認が大きく後退し、

「外人投資家」が日本株を手放すことも「リスク回避」の流れに繋がることも

考えられることから、日米の株価の動向にも注意が必要です。












スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/944-7da1a435

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。