fc2ブログ

豪ドル円79円台で堅調。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • 米経済指標の結果はまちまち。期待された住宅関連指標が依然低迷する
    一方、信頼感指数は大幅に好転。
  • ドル円は77円台後半でもみ合い77円80銭まで下落したものの、
    動意はみられず、77円台後半で一進一退。
  • 市場ではややドル安が進み、ユーロドルも若干上昇し、1.30台半ばから
    後半で推移。
  • ロンドン市場が依然休場だったこともあり、全体的には盛り上がりに欠ける
    展開。本日からは平常に戻るためユーロドルなどの値動きが注目される。
  • 株式市場ももみ合いとなりダウは小幅安、ナスダックは小幅高。
  • 債券相場は小幅に反発。信頼感指数の発表で売られたものの、その後は
    しっかり。10年債利回りは2.0%台とやや低下。
  • 金は3日続落。原油価格はホルムズ海峡で緊張が高まる可能性があることを
    材料に6日続伸し、101ドル台に乗せる。
  • 10月ケースシラー住宅価格指数 → -3.40
  • 12月消費者信頼感指数 → 64.5
  • 12月リッチモンド連銀製造業指数 →3



本日の注目イベント


  • 日   野田首相訪印
  • 日   11月失業率
  • 日   11月鉱工業生産
  • 欧   イタリア・短期債、ゼロクーポン債入札





クリスマス休暇が明けNY市場が戻ってきましたが、

欧州市場ではロンドンなどが休場だったため値動きは限定的でした。

そのロンドンも本日から通常通りに戻ります。

実質的には本日から2012年度相場がスタートすると言えます。



ドル円は相変わらず値動きが鈍く、値幅も出ません。

昨日は78円台にも届かず上値の重い展開が続いています。

依然として78円20-30銭あたりが重要な節目と観られており、

この水準が抜けるのかどうか意識されます。

下値も77円70銭あたりがサポートされそうですが、

重要なのは77円半ばが抜けるかどうかです。

ユーロドルが市場全体を大きくけん引しない限りは上記レンジが抜けずに、

このレンジの中で越年する可能性もありそうです。



ユーロドルもユーロ売りのポジションが高水準の割には本格的な買い戻しが出ていません。

おそらく1.31台半ばから1.32にかけては

「ストップロス」のユーロ買いもあるものと思われますが、

その水準に届く前に下落しているため発動されないという状況かと思います。

ユーロドルについてはやはり来年に向け下落基調をたどると観るのが順当でしょう。

欧州債務危機が収束するメドが立たず、万が一の場合の安全網も依然資金不足です。

今後域内の国債がデフォルトに陥る可能性がないといった見方が優勢となり、

債券相場が安定に向かうにはドイツとECBの役割が極めて重要になります。

既に「メルコジ」ではなく、ドラギECB総裁と関連で、

「メルドラ」の対応が市場の注目を集めそうです。



今日から明日にかけてはイタリアの短期債や10年債の入札が予定されています。

昨日のイタリア国債はやや下落していましたが、

この入札が不調に終わると再びユーロ売りが活発になりそうです。

ユーロが下落した際に1.30台を割り込むのか、

あるいはさらに下落し直近安値の1.2945を割り込むのかどうかが注目されますが、

長期的な下落傾向に歯止めはかからないと予想しています。



住宅関連指標の中でも最も遅く発表されるケース・シラー住宅価格指数が

予想を下回る結果でした。

全米20都市を対象にした住宅価格は、19都市で下落し、

上昇したのはアリゾナ州のフェニックスだけでした。

特に戸建て住宅では価格の下落が止まっておらず、

このところ堅調だった住宅市場の底入れに感に水を差す結果となりました。

指数を発表したS&Pも「市場は分断化されており、

さまざまな市場で異なった状況が展開されている。

住宅価格が下げ止まったと判断するには時期尚早だ」との見方を示しています。

しかし、12月に入って発表された住宅関連指標は、

新築、中古ともに大幅に改善しています。

今後在庫が整理されれば、

価格の下落も止まり上向くとの見方は維持しておきたいと思います。



今日もアジア市場での値動きは期待できないでしょう。

欧州が本格的に参入して来るのを待ち、

イタリアなどの国債の値動きを確認しながらの展開になりそうです。













スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/978-22bce121

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。