fc2ブログ

ユーロ急落、対円で100円73銭。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ドル円はアジア市場の流れを受け、ドル売りが優勢となり77円57銭まで下落。
    米財務省が日本の為替介入を批判したことが材料視され円買いが進んだものの、
    対ユーロでドルが買われたことで円もやや連れ安となり77円後半まで反落して引ける。
  • ユーロドルは大幅に下落。イタリア国債の入札は好調だったものの、
    ECBのバランスシートが過去最大規模に拡大していたことから1.30台を
    割り込み1.29台前半まで下落。
  • ユーロは対円でも大きく売られ、一時100円73銭まで下落。
    約10年ぶりの水準を記録し、100円割れも視野に。
  • 株式市場は続落。ECBのバランスシートの拡大から欧州債務危機が
    予想以上に深刻との見方が浮上。ダウは139ドル安。
  • 債券相場は大幅に反発。欧州債務問題が米景気にも影響を及ぼすとの
    懸念から買われ、10年債利回りは1.92%台に低下。
  • 金価格は5日続落し約3ヵ月ぶりに1560ドル台まで下落。
    ドルが対ユ-ロで買われたことが背景。原油価格も6日ぶりに反落し100ドル台を
    割り込む。



本日の注目イベント


  • 欧   11月ユーロ圏M3
  • 欧   イタリア・10年債入札
  • 独   独12月消費者物価指数指数
  • 米   週間失業保険申請件数
  • 米   12月シカゴ購買部協会景気指数
  • 米   11月仮契約住宅販売指数
  • 米   12月カンザスシティー連銀製造業活動





海外市場が本格的に戻ってきてどのような相場展開になるのか注目されていましたが、

大方の予想通りユーロ安が進みました。

イタリアの6ヵ月もの国債の入札は好調で、落札利回りも前回入札を下回りましたが、

欧州中央銀行(ECB)が発表したバランスシートは

過去最大規模に拡大していたことを材料視し、

ユーロドルは1.30台を大きく割り込み一時1.2912まで下落しました。



ECBが域内の金融機関に対して融資を拡大したことが伺え、

「欧州危機は相当深刻」との見方が浮上しユーロ売りに繋がったと観られます。

ただ、ECBのバランスシートの拡大はある程度予想されていたことでしたので、

むしろその反応の大きさに驚いています。

市場は欧州の悪材料には非常に敏感であることが読み取れます。

その意味から今夜のイタリア10年債入札の結果が注目されます。



ユーロドル1.30台を大きく割り込み1.29台前半まで下落したことで、

来年にかけてはさらに下落するものと予想されます。

足元では今年1月に記録した1.2874が意識されますが、

その水準を割り込むと1.25を目指す展開になると考えておくべきでしょう。

ユーロが反発するとすれば、やはりショートカバーが大量に持ち込まれて

上昇する以外に材料は見当たりません。

しかしそれでも1.30台半ば辺りまでで、

既に1.30が大きなレジスタンスになっている可能性が高いと観られます。



欧米市場がクリスマス休暇だったことから、

本格的に参入する28日から30日にかけての値動きが、

来年の相場展開を占う上で重要だと述べてきましたが、

どうやら来年年明けは「ユーロ売り」で幕が開けることになりそうです。

ドル高が進み、ユーロが売られ易い地合いにも関わらず円はそれ程下落していません。

ドル円の78円台前半が重いことでユーロ円はさらに下落する可能性が高く、

100円割れも視野に入れておきべきでしょう。

この流れは、円に特別の売り材料でも出ない限り変わらないものと思われます。



考えられる円の売り材料は政権与党・民主党の分裂でしょう。

「消費税10%」を巡り若手議員が離党しましたが、

さらに大きな混乱になり「10%消費税」の旗を降ろさざるを得ない

状況にでもなれば日本の財政の悪化がさらに進むとの見方が急浮上し

円が売られるシナリオが考えられますが、その可能性は今のところ低いと言えます。

ユーロドルがさらに下落すれば、

ドル円も緩やかな「ドル高円安」方向に推移すると観られますが、

米景気回復が予想以上に進まないと、

「ユーロは買えないがドルも買えない」といった展開から、

円買いが進むことも無いとは言いきれません。



ユーロドル、ユーロ円の戻り売りを狙いたいところですが、

果たしてどこまで戻るのか不明です。

気をつけておきたいのは、一気にユーロが下落したことで、

市場参加者の相場観もかなりユーロ安に傾いています。

「みんなが同じ方向を向き始めたら、その方向には行かない」のが相場です。

年末年始のポジション管理には十分気をつけたいところです。



「アナリストレポート」は本日が今年最後となります。

今年1年のご愛読ありがとうございました。

来年は1月4日から始める予定です。

来年も引き続きご愛読くださいますようお願い申し上げます。

それでは、良いお年を・・・・。














スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/979-155f1469

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。