FC2ブログ

ユーロ反発するも上値が重い。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • ユーロはショートカバー優勢の展開となり、1.28台前半まで
    買い戻しが進む。しかし買いは続かず上値も再び重くなり1.27台
    後半まで押し戻されて引ける。
  • 格付け会社フィッチがフランスの年内格下げは無いと発表したことも
    ユーロ買いを誘ったが、上値は限定的だった。
  • ドル円は76円台後半に張り付いたまま動かず。ユーロ円も落ち着いた動き
    となり98円台前半でのもみ合いに終始。
  • 株価は続伸。中国の緩和期待を材料にダウは一時120ドルを超す上げを
    見せ、昨年7月以来の高値を付けたが大引けは70ドル高。
  • 債券相場は3年物国債の入札は好調だったものの、株高などから売りが優勢に。
    10年債利回りは小幅に上昇し1.97%台に。
  • サルコジ・仏大統領はフランス東部での演説で、金融取引税をフランス単独でも
    導入したいと述べる。
  • 金は大幅に反発し1630ドル台に。原油価格も中東情勢の緊迫や
    中国の成長見通しなどを背景に4日ぶりに反発。




本日の注目イベント


  • 日   外貨準備高発表
  • 日   11月景気動向指数
  • 中   ガイトナー・米財務長官、温家宝中国首相などと会談
  • 独   独2011年GDP
  • 独   独5年債入札
  • 欧   メルケル首相、モンティ・イタリア首相と会談。その後記者会見
  • 欧   バローゾ・欧州委員長講演
  • 欧   ファンロンパイ・EU大統領講演
  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)
  • 米   エバンス・シカゴ連銀総裁講演
  • 米   ロックハート・アトランタ連銀総裁講演
  • 米   プロッサー・フィラデルフィア連銀総裁講演





ユーロドルは堅調に推移し、海外市場では1.28台前半まで反発。

これはショートカバーによるものと、昨年末以来ユーロ急落のスピードが早かったこともあり

「当然の調整局面」と見られます。

投機筋のユーロ売りが大きく積み上がっていることはこの欄でも再三お伝えしてきましたが、

本格的な買い戻しが入れば1.30台に乗せてもおかしくない状況でした。

今のところ反発しても1.28台前半で抑えられているということは、

やはり「戻りを売りたい」という市場参加者が多いことと、

「あわてて買い戻す状況ではない」と考えている人が多い証左です。



格付け会社フィッチの、フランスの格下げは今年は無いとの発表にも

それ程反応していません。

もっとも、イタリアとスペインの格下げをを示唆したことで

「相殺」された面もあろうかと思います。

今週初めから独仏伊の3首脳が会談し、

昨日はメルケル独首相とラガルド・IMF専務理事を会談もありましたが、

「欧州債務問題の先行き懸念を取り払うような対策は出てこない」と言った見方が

根強くのこっており、ユーロの戻り上値を重くしている格好です。

ブルームバーグによると、メルケル首相とラガルドIMF専務理事との会談は

ベルリン時間夜8時から行われ、

ギリシャ問題とユ-ロ圏の債務危機の解決策について協議した模様です。

ドイツからの報道では

「ギリシャ情勢といわゆるトロイカのギリシャ訪問」が主な議題だったようで、

事前予想通り特に目新しい進展はなかったと伝えられています。



依然として欧州債務問題解決への糸口がつかめないまま、

ユーロ昨年末より下げ足を早めていますが、

今朝の経済紙にトリシェ前ECB総裁の寄稿文が掲載されていました。

氏は、EUは国を超えて相互監視の枠組みを強化し、

財政規律をお互いに監視すべき体制を早急に作るべきだと主張しています。

通貨と金利は一つでも財政は加盟国それぞれに委ねられており

「EU財務省」の創設が急務だと述べています。

財政規律については昨年末のEU首脳会議で

制裁も含めた新しい規律を策定することで合意し、

3月にも署名を経て発効される予定ですが、

今後「EU財務省」創設にはドイツを中心に早急に枠組みを作ることが求められます。

財政、金融、通貨が一つになって初めて、

EUが「単一経済圏」として再生してゆく基礎が確立されるものと思います。



今週はまだまだユーロが大きな値動きを示す可能性が残っています。

独伊首脳会談やEU首脳の講演、さらにはECB理事会での政策金利の発表もあり、

注目のイタリア、スペインの国債入札も控えています。

為替への直接的な影響はやはり上記両国の国債入札の成否です。

アジア時間にはほとんど動かず、

夕方の5時前後からいきなり大きな値動きを見せる展開が続いていますが、

われわれもそれに対応する必要があります。

ドル円の取引が確実に細っている一方、ユ-ロドルやユーロ円の取引が拡大しています。

「ドル円に慣れている人」はその値動きの違いに

やや戸惑いを覚えることも多いと思いますが、

両通貨ペアとも「順張り」が基本であることは言うまでもありません。

ドル円と違って多少出遅れても収益機会があるという特徴もあります。

「順張り」を基本にしつつ、ユーロドル、ユーロ円ともに、

戻り高値を探る展開かと思います。















スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/985-d167bb71

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。