FC2ブログ

ドル円76円台でもみ合い。 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場



  • ユーロドルはギリシャ支援への楽観的な見方が広がったことや、
    米第4四半期GDPが予想を下回ったことでユーロ買いドル売りが優勢に。
    ユーロドルは一時1.3235まで買われ、約7週間ぶりの高値に。

  • ドル円もドル安傾向に引っ張られ、一時は76円65銭まで下落。
    2週間ぶりに76円台半ばを記録。米長期金利の低下も円買い材料に。

  • 株式市場は続落。10-12月GDPの伸びが予想に届かなかった
    ことが嫌気され、ダウは74ドル安と、この日の安値圏で引ける。

  • 債券相場は続伸し、10年債利回りは1.9%を割り込む水準まで低下。

  • 金は3日続伸し1730ドル台に。原油は小動きで前日比小幅に下落。

  • 10-12月GDP(速報値) → +2.8%

  • 1月ミシガン大学消費者信頼感指数 → 75.0


    本日の注目イベント


    • 独   独1月消費者物価指数(速報値)

    • 欧   ユーロ圏1月消費者信頼感

    • 欧   EU首脳会議(ブリュッセル)

    • 欧   イタリア国債入札

    • 米   12月個人消費

    • 米   12月個人支出

    • 米   12月PCEコア・デフレーター



    ドル円はNY市場で76円65銭まで「円高ドル安」が進み、市場では再び
    ドル円の下値を探る展開になってきました。
    先週水曜日発表のFOMCで、低金利政策を2014年後半まで延長したことで
    市場の雰囲気が大きく変わったことが背景です。
    バーナンキ議長は会見でも、必要ならさらなる追加緩和を示唆し、市場に
    「今後も低金利維持に対する強い意思」を示した格好となり、これが米長期金利の
    低下に繋がり、ひとまずドル売りで反応したといった状況です。
    78円29銭を記録した直後に声明文が発表され、市場の雰囲気が、
    がらっと変わったとも言えます。
    ドル円は77-78円のレンジで推移すると予想していましたが、米金利の低下が
    予想以上だったことで、ドル円も76円台半ばまで下落し、ドルの底値を探る展開です。

    先週前半まではどちらかと言えば「ドルが堅調」に推移しており、ドル円は78円台の
    半ばを抜けるかどうかを試している展開でしたが、これでまた元の水準に戻ったこと
    になり、今後もし下値も底堅いという流れになれば、再び膠着状態になる可能性も
    あります。
    米政策金利の引き上げは2014年後半までないことが確認されたわけですが、
    今後は米景気がどの程度まで回復してくるのかを睨みながら一進一退が続くように思えます。
    先ずは今週末の雇用統計で、失業率の低下傾向が続いているかどうかが注目されます。

    ギリシャの債務減免交渉では、民間団体側もギリシャ政府側も「合意は近い」との
    メッセージを配信しています。
    問題の表面利率(クーポン)では、債権者側がギリシャ側の要求を受け入れた
    格好になりそうで、30年物新発債で3.6%の金利水準になりそうだとの報道も
    あります。
    ギリシャのベニゼロス蔵相は「最終的な債務交換に関する合意が今後1週間に
    成立するだろう」との楽観的な見通しを述べています。

    ただ、ドイツの有力紙は、メルケル首相率いる、キリスト教民主同盟(CDU)党首の
    話として、「ギリシャが合意した調整プログラムを実行しなければ、追加支援はあり
    得ない」との談話を掲載しており、今後トロイカがギリシャの債務削減状況の精査を
    実施し、計画通りに進んでいない場合には、融資が実行されない可能性を示唆
    していることもあり注意が必要です。

    一方本日から行われるEU首脳会議の内容も徐々に明らかになってきており、財政
    規律を守るための新条約の概要や、違反した場合の罰則規定なども明らかになって
    きました。
    内容的には、昨年末のEU首脳会議で英国を除く26ヵ国で合意した内容に沿った
    もので、ドイツの意向が色濃く反映されている内容と言えます。
    財政規律を最優先したことで、今後の高債務国の支援体制など抜本的な解決策を
    示されないまま時間が経過してます。

    ユーロドルは、ギリシャの債務交渉が合意に近いことから1.32台まで買い
    戻されてはいますが、1.32-1.35にかけては、多くの市場参加者が
    「ユーロの戻りを売りたい」と考えていると思われます。
    現在「8時間足」では重要な200日移動平均線にかかっているところで、
    この水準を明確に上抜けできるのかどうかがポイントになりそでうすが、
    仮に上抜けできても、その上には「日足」では比較的厚めの雲が控えています。
    この雲を完全に抜けるには相当なエネルギーが必要と見られます。

    ドル円は76円65銭まで下落しましたが、重要な節目の76円50銭は割り込んでいません。
    今月第3週あたりでは、76円60-70銭を何度も試しながら抜けなかった水準で、
    ここが抜ければ75円台も見えてくる可能性が出てきます。
    今回の低金利政策の延長がこの水準を割り込むほどのパワーがあるのか、
    あるいは再び76円50銭-77円50銭のレンジに戻っていくのか今週末の雇用統計
    発表後には判明しているものと思います。
    既に77円台が重いものと思われ、上値を切り崩していくのも結構時間がかかりそうです。
    スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gaitameonline.blog50.fc2.com/tb.php/998-e2806b95

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。