FC2ブログ

オプションVol:3 


オプション

第三話:哲学者ターレスの目論見


暑い夏が来ました。ターレスの予想どおり毎日いい天候が続きました。
そして、ついに秋。オリーブの木は豊かな実りを付けました。ターレスの思惑は当たったのです。
村人たちはこの豊作にオリーブの実をたくさん収穫し、搾り機屋に急ぐのでした。そして「さあ搾<るぞ。搾り機の借り賃はいくらだい?」と搾り機屋に尋ねるのですが、今年はどうも様子が違います。
搾り機屋は頭をかきながら「今年は搾り機はお貸しできません」村人たちは「貸せないとはどうゆうことだ、搾り機屋!」と搾り機屋に詰め寄りますが、搾り機屋は小さな声で「搾り機はもう他のに・・・・・・」

そこへターレスが現れ「みなさん!村中の搾り機を使う権利は全てボクにあります。」
             「搾り機を使いたければ、私に聞いて下さい。」

村人 「おい、おい、搾り機屋どうなっているんだ?」


搾り機屋 「すまん。実はターレスの言うとおりなんだ。春のうちにやつに権利を売ってしまったんだ。」

村人たちがターレスの家の前に列を作ったことは言うまでもありません。搾り機屋はしてやられたと渋い顔で「ターレスの奴、やりやがったな。こんな豊作なら貸し賃はうなぎ上がりで大儲けなのに・・・」

こうしてターレスは搾り機屋に代わって大儲けしました。収穫したオリーブの実を搾り終えたある村人は、ターレスに訪ねるのでした。「ターレス、お前は豊作になるって知っていたのかい?もし不作になったら、一体どうするつもりだったんだい?」

ターレスはわが意を得たりと胸を張って答えます。
「不作だったら、権利は紙くず同然ですね。でも、そうなったとしても、たいした損じゃない。あんなに安く権利を買えたからね。みなさんも、オリーブを搾る前に、頭を絞って下さいね。」

最後に「落ち」が入りましたが、「搾り機」は天候によって貸し賃が左右され、それによって搾り機屋の収入が大きく変動することに
着目し、「権利」という考え方を導入したターレスはやはり、偉大な哲学者なんでしょうね。

To be continued・・・
次回は、7/15(火)の予定です。

第二話:オプション誕生の歴史 


オプション

第二話:オプション誕生の歴史


オプションとは「約束の日時に約束した価格で売買する権利」です。

「売買する権利」ですから、二つあります。すなわち・・・・

「約束の日時に約束した価格で買う権利」と「約束の日時に約束した価格で売る権利」です。この二つの権利を買ったり、売ったりするのがオプション取引ということになります。オプションの歴史は、古代ギリシャまでさかのぼることになります。古代ギリシャの哲学者ターレスの時代、オリーブ油の取引が盛んでした。オリーブ油はオリーブの実を搾って造りだすため、オリーブの実の収穫量が重要ですが、その収穫量は天候によって大きく左右されます。

天候に恵まれオリーブの実が豊作の年は「搾り機」は引っ張りだこで、当然借り賃は高騰します。しかし不作の年は借り手が少なく搾り機屋は商売になりません。搾り機屋の倉には「搾り機」があふれています。

そこで哲学者ターレスは「このオリーブ搾り機を使って金儲けできないだろうか・・」と考えるのでした。今も昔もさすがに「学者」と名がつく人は普通の人と発想が違うもんですね。


この哲学者ターレスは実は天文学者でもありました。夏から秋の天候によって豊作、不作が決まり,それによって「搾り機」の借り賃が大きく変動することに着目しました。

ある年の春、ターレスは「今年の秋の天候は順調だ」と予想し、搾り機屋を訪ねました。そして主人に言うのです「搾り機を借りる権利だけを売ってくれませんか?」と。しかも「ただし、権利だけなんだから、搾り機の本当の借り賃より安くしてください。」と言うことも忘れませんでした。

主人は「権利だけ・・? おかしなことを言う奴だな」と思いますが、まだ春です、「搾り機」からの収入はありません。それに、もしこの秋の天候が悪かったら収入が激減することを考え「権利」を売ることにし、契約書にサインをしました。

【権利証書、今年の秋、あなたにオリーブ搾り機を定価で貸します。3月1日搾り機屋、ピロス】

結局、ターレスは村中の搾り機屋から「借りる権利」を買い集めることに成功しました。

そして春が過ぎ、いよいよターレスが待ちあこがれている夏になります・・・・

To be continued・・・

次回は、7/1(火)の予定です。
※尚、このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。



オプション 第一話:身近なオプション 

今回はよく耳にする「オプション」のお話です。

為替のコメントに「オプション絡みのドル売りが出て相場を下げた。」などとよく目にします。
そもそもオプション(Option)とは「選択権」「為替(通貨)オプションに的を絞って説明して行きます。

「出来るだけわかり易く」を心がけていきますので、最後まで読み終えた時に、「あぁ、なんとなく解った」というような声が聞こえたら幸いです。




続きを読む

石油情勢 最終話:原油埋蔵量と可採年数 


石油情勢



第四話:原油埋蔵量と可採年数


私も今回の資料を集めて勉強するまでは知りませんでしたが、石油は地下に埋まっている時は「液体」として存在しているのではないのです。地圧によって、地下を構成する岩石の中に微細な粒子として閉じ込められているのです。例えば、地下5000メートルの油層には50気圧という圧力がかかっています。この圧力が微細な隙間に原油と水とガスを閉じ込めています。

これが掘削によって地表の1気圧とパイプで繋がった瞬間、岩石の中の原油も水もガスも、一気に噴出して地表に上がってきます。このとき、静かに取り出すことに失敗すると「暴噴」と呼ばれる大惨事になるそうです。

 では、どれくらいの原油が地中にあるのでしょうか?

続きを読む

石油情勢 第三話:資源としての石油と新興国 


石油情勢



第三話:資源としての石油と新興国


世界の原油消費量は8620万バレル/日です。これに対して生産量は8,550万バレル/日(2007年)です。あきらかに供給不足です。しかもこの傾向は年々拡大しているのです。1985年を100とした場合の消費量の伸び率を観て見ますと2006年の統計では世界全体で143と約20年で43%も消費量が増えています
日本は116とそれほど増えていませんが、新興国を代表する中国では何と411で、4倍以上消費していることになります。

因みに他の主要国を観て見ますと・・・
  • アメリカ → 136
  • フランス → 109
  • イタリア → 104
  • イギリス → 109
  • ドイツ  → 98


ドイツにいたっては20年前より石油の消費量が減っています。「脱石油化」が進んでいるということでしょうか。概ねヨーロッパ諸国では代替エネルギー政策に積極的で消費量は伸びていませんが、それを上回るスピードで新興国が消費しているという構図が浮かび上がってきます。その結果需給バランスが崩れ、原油価格高騰の要因の一つになっていると言えます。

最近こんな記事を読みました。

続きを読む

このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
(法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
開始していただくようお願いいたします。