ユーロドル続伸 

ひと目で分かる昨晩の動き
NY市場


  • FOMCもこなし、市場はやや気迷い状態。ドル円は
    113円台前半から半ばで推移し、動意に欠ける。

  • ユーロドルは続伸。ECB理事が債券購入プログラムを
    終了させる前に利上げに踏み切る可能性に言及したことで、
    1.0770まで買われる場面も。

  • 株式市場は反落。FOMCでの勢いを失い、ダウは15ドル下げる。
    公共事業とヘスルケア関連が売られた。

  • 債券相場は反落。欧州債が下げたことを受け、米10年債も小幅に
    売られる。長期金利は2.54%台へと上昇。

  • 金は大幅に反発し1227ドル台に。原油は小幅に反落。

  • 2月住宅着工件数            → 128.8万件

  • 新規失業保険申請件数        →  24.1万件

  • 3月フィラデルフィア連銀景況指数   →  32.8

本日の注目イベント

    独   G20(バーデンバーデン、18日まで)
    欧   ユーロ圏1月貿易収支
    米   2月鉱工業生産
    米   10月ミシガン大学消費者マインド(速報値)
    米   2月景気先行指標総合指数

重要イベントのFOMCやオランダの総選挙を終えて、市場にはやや気迷い
気分が漂い、動きが取れない状況のようです。
昨日の夕方、ドルが売られる場面があり113円を割り込んだものの、
112円90銭近辺で下げ止まり、一方反発しても113円台半ばで抑えられ、
身動きが取れません。
NYが終わっても、結局昨日と同じ水準で戻っています。

年4回の利上げ観測が高まっていた中でのFOMCと、それに続くイエレン議長の
会見で、これまでの金利見通しを変えていないことが判明し、タカ派に掛けていた
市場関係者は肩透かしを食らった感じでした。
これまで通り、緩やかな緩和解除が実施される見通しが強まり、ドル円は
112円90銭近辺まで売られましたが勢いもなく、市場は次の材料を
探している状況です。

本日からドイツのバーデンバーデンで「G20」が開催されます。
これが目先の材料になろうかと思われますが、市場の方向性を決定づける 
ことにはなりにくいと思われます。
注目したいのはムニューチン米財務長官の言動です。
同長官は今回が国際舞台へのデビュー戦です。
そのムニューチン長官はベルリンでドイツのショイブレ財務長官と会談し、
共同記者会見を行っています。

その中でムニューチン長官は、「長期的に最大の利益として、ドルの強さは
良いことであり、長期的なドルの強さは準備通貨への信頼の表れだと思う」と述べて、
強いドル支持を表明しています。(ブルームバーグ)
ムニューチン氏が強いドルを支持するのはこれが2回目ですが、不思議な
ことに市場への影響はなかったようです。

また本日はメルケル独首相がトランプ大統領との会談に臨みます。
トランプ氏はこれまでに中国、ドイツ、日本は自国通貨安誘導を行っており、
これが貿易不均衡につながっていると主張してきました。
果たして、「安倍―トランプ会談」のような友好的な雰囲気に
なるのか、あるいは直接自分の主張をメルケル首相に伝え、対立的な雰囲気に
なるのか注目されます。

やや手詰まり感の出ているドル円ですが、112円台に下落しても、それほど
深押しはないものと予想しています。
米景気の拡大基調を基本とすれば、どこかでドルを拾う場面を探してもいいのでは
ないかと考えていますが、昨日も述べたように、ユーロドルの動きには目配せ
する必要があります。
昨日も1.0770まで「ドル安ユーロ高」が進んでいます。
ユーロが一段高になるようだと、ドル円も連れ高となり円が買われる可能性には
注意が必要です。
本日の予想は112円80銭~113円80銭程度とします。

===========================
ナイフがなくても食べられる和牛。
世界でもその人気は高まっています。
ブルームバーグによると、米カリフォルニア州ビバリーヒルズにある
セレブ御用達のステーキハウス「CUT(カット)」では、宮崎県産の和牛ステーキが
2オンズ(56g)で140ドル(約1万6000円)もするとか。だが一方では、誰もが和牛を称賛しているわけでもなく、ステーキに関する
著書もある専門家は「あれはステーキではない、どちらかといえばフォアグラだ」
と言い、「ステーキには血がしたたる、動物の肉を食べているという食感が
必要だ」と話しているそうです。
個人的には「No, thank you」ですが・・・・。

良い週末を・・・・・。

FOMC受けドル急落 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • FOMCでは予想通り利上げを決めたものの、メンバーによる

    金利見通しでは、前回と変わらず残り2回との見方にドルが急落。

    113円17銭まで一気にドル安円高が進む。

  • ユーロドルでもドル安ユーロ高が進む。オランダの総選挙で、

    出口調査では現与党の自民党が勝利との報道に、ユーロドルは

    1.07台半ばまで上昇。

  • 株式市場は反発。FOMC参加者の年内利上げ予測が変わって

    いなかったことで安心感が広がる。ダウは122ドル上昇し2万900ドル台

    を回復。

  • 債券相場は急伸。利上げペースが変わらないとの見方に、

    買い戻しが集まる。長期金利は2.5%を割り込む。

  • 金は小幅に続落。原油価格は在庫の減少が予想以上だったことを

    材料に8日ぶりに反発し、48ドル台を回復。

  • 3月NY連銀製造業景気指数  →  16.40

  • 2月消費者物価指数       →  +0.1%

  • 2月小売売上高          →  +0.1%

  • 3月NAHB住宅市場指数    →  71

    本日の注目イベント

  • 豪   豪2月雇用統計

  • 欧   ユーロ圏2月消費者物価指数(改定値)

  • 英   BOE金融政策発表

  • 英   BOE議事録

  • 米   2月住宅着工件数

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   3月フィラデルフィア連銀景況指数

  • 米   トランプ政権、予算概要を議会に提出
                                       

    予想通りFOMCでは、政策金利であるフェデラルファンド(FF)金利を

    0.25%引け上げました。昨日のコメントでも述べたように、市場の注目

    は今後の利上げ見通しで、メンバーの見通しが2017年、18年とも、こ

    れまでと変わっていなかったことでドルは急落。

    ドル円は113円17銭まで売られ、ユーロドルは1.0740までドル安

    が進みました。

    多くの市場参加者が今後の利上げペースに着目していたことは明らかです。

    利上げペースがこれまで通り緩やかであるとの見立てに、ドルが売られ、金

    利上昇を嫌う株と債券が買われました。特に米長期債は前日比10bp以上

    の金利低下につながっており、これがドル円を一気に113円台前半まで押

    し下げたともいえます。

    FOMC声明文では「労働市場とインフレに関する現状および予想を考慮し、

    委員会はFF金利誘導目標のレンジ引き上げを決定した」と表明。

    「短期的なリスクはおおよそ均衡しているように見受けられる」とも述べて

    います。注目されたイエレン議長の記者会見では「金融緩和の緩やかな解除

    という決定は経済の進展継続を反映している」とし、「この日の決定はその

    見解に沿うもので、判断変更はしていない」と述べています。

    (ブルームバーグ)

    また「当局の経済予測は昨年12月に示したものとほぼ同じだ」とも述べ、

    市場はこの言葉に反応したように思えます。

    良好な経済データを背景に、年4回の利上げ観測が盛り上がっていました。

    JPモルガンやゴールドマンが年4回の利上げに予想を変更するなど、

    市場が4回利上げの「言質」を催促していたようなところもあったことで、

    今回のイエレン議長の発言は、それをけん制するような印象とも受け取れ

    ます。先走る市場にブレイキをかけることによって、株や債券市場を落ち

    着かせようとしたところもあったのではないでしょうか。

    個人的には、それほど今回の議長の会見は「ハト派的」だったという印象

    です。

    ドル円の113円台前半にはやや驚きましたが、ユーロドルの1.07台

    半ばにはもっと驚きました。

    このレベルは約5週間ぶりで、「日足」では雲抜けが完成しています。

    ユーロドルの「雲抜け」は昨年9下旬以来となるユーロ高で、これは上記

    イエレン議長の発言に加え欧州の政治リスクが一つ取り除かれたことも大

    きく影響しています。

    今朝の報道ではオランダの総選挙で、出口調査を基に、ルッテ首相率いる

    与党・自由民主党が最大議席を獲得し、反イスラムを掲げる極右・自由党

    を破ったと伝えています。

    イギリス、アメリカと続いたポピュリズムの波が、今回の選挙で一旦止ま

    ったと見られ、来月のフランス大統領選での安心感につながっています。

    FOMCで利上げに踏み切った背景は、米経済が順調に拡大しているから

    に他なりません。

    しかも、現時点ではまだトランプ政策は実施されていない状況です。

    このように考えると、この先ドルがさらに大きく売られる可能性は低いと

    予想します。

    もみ合いを続け、今後はトランプ大統領の予算教書の中身を見極める必要

    があります。

    ただしユーロドルがこのレベルからさらに上昇し、1.1を目指す展開に

    なるようなら円も連れ高となり、再び111円台を狙いに行くことも考え

    られるため、ユーロドルの動きにも目配りをしたいと思います。

    本日の予想レンジは112円80銭~114円程度と見ます。


  • ドル円「往ってこい」の展開 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は欧州時間に115円20銭近辺まで買われたものの、

    NYでは金利が低下し、原油価格が47ドル台に下落したことで

    反落。114円51銭までドル安が進み、114円70-80銭で引ける。

  • ユーロドルは売られたものの1.06台は維持。ドイツの経済指標が

    良好だったものの、上値は限られた。

  • 株式市場は続落。原油価格が47ドル台まで売られたことで、

    石油関連株が下落。ダウは44ドル下げ、他の主要指数も揃って続落。

  • 債券相場は反発。2月のPPIは上昇したが、原油安でインフレ

    期待が後退。長期金利は2.60%台に低下。

  • 金はほぼ変わらず。原油価格はサウジなど、OPEC加盟国の

    減産が一段と進んでいることで7日続落。47ドル台まで売られ、

    昨年11月末以来の水準を記録。


  •  2月生産者物価指数  → +0.3%

    本日の注目イベント

  • 欧   オランダ下院選挙

  • 英   英2月雇用統計

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   イエレン議長記者会見

  • 米  3月NY連銀製造業景気指数

  • 米   2月消費者物価指数

  • 米   2月小売売上高

  • 米   3月NAHB住宅市場指数

  • 米   連邦債務上限の適用停止期間が終了

    ドル円は115円台がやや重くなりつつある一方、114円台半ばは維持され、

    重要イベントを前にポジション調整の域を出ません。昨日の欧州市場では11

    5円20銭までドルが買われたものの、上昇は続かず、NYでは一旦114円

    51銭まで売られた後、結局昨日の水準で戻って来ました。

    本日のFOMCでは利上げはほぼ確実で、発表は朝方3時です。

    現行のフェデラルファンド(FF)金利の誘導目標0.5%~0.75%を

    0.75%~1.00%へと引き上げると見られています。

    注目すべきは、FOMCメンバーによる政策金利見通し(ドットチャート)

    です。

    年内利上げ3回が昨年12月時点での予測でしたが、これが4回を見通すこと

    ができるのかどうかです。既に大手米銀では3回から4回に予想を見直してい

    るところも出ており、個人的にもインフレ率以外の指標がほぼ良好なことから、

    その可能性は高いと考えています。

    また、その後のイエレン議長の会見内容も重要です。

    仮にドットチャートで4回の利上げを示唆しても、議長自らの言葉が「利上げ

    のペースは依然ゆるやかなものになる」といった内容であれば、ドルの上値は

    限定的なものになるかもしれません。また、その逆もあり得ます。

    議長は今月4日の講演で、「緩和縮小のプロセスは過去数年のようなゆっくり

    したものにはならない可能性が高い」と発言し、市場にその準備を促している

    からです。いずれにしてもカギは利上げではなく、ドットチャートと、イエレ

    ン議長の会見内容です。

    もう一つの注目は、やはりオランダの総選挙でしょう。そして市場が警戒する

    のは、この選挙でもし極右の自由党が勝利した時のフランス大統領選への影響

    です。ユーロ圏第二の大国であるフランスでも「FREXIT」が起こるよう

    なら、通貨ユーロの危機につながる恐れがあるからです。

    ただ今朝の情報では、その可能性がやや低下しています。

    投票前日の世論調査では、ウィルダース率いる自由党の大幅後退を示している

    ようです。ブルームバーグは、自由党の獲得議席は150議席中16にとどま

    る見通しだと伝えています。

    これは13日公表された前回の調査結果を4議席下回っており、昨年12月に

    は獲得議席数が32に達するとの結果もありました。

    自由党への支持率が低下していると見られます。

    ただイギリスの例もあり、昨年11月の米大統領選でも「まさか」が実際に起

    きており、ここは「学習効果」を無駄にしてはならない局面です。


    本日は上で述べたように、動きにくい相場展開が予想されます。

    ドルが売られた際には114円50銭が下抜けするのかどうか。

    また上値は115円台半ばが重要なポイントになろうかと思います。

    レンジはワイドに114円~115円50銭程度を予想します。



  • ドル円114円台で動かず 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は114円台で小動き。FOMCやオランダの総選挙を
      控えていることから、ポジション調整に終始。

    • ユーロドルは小幅に反落。ECB理事の金融政策の変更はない
      との発言を手がかりに、1.0653まで小幅に下落。

    • 株式市場はまちまち。ダウは21ドル下落したものの、ナスダックは
      14ポイント上昇。FOMCや各国中銀の金融政策を待つスタンスが強まる。

    • 債券相場は大幅に反落。この日は社債発行増加が重石となり、
      明日のFOMCでの利上げも確実視されていることから売りが膨らんだ。
      長期金利は2.62%台まで急上昇。

    • 金は10日ぶりに反発したものの小幅に留まる。一方原油は
      6日続落し48ドル40セントで取り引きを終える、米国のリグ(掘削装置)
      稼動数の増加が嫌気された。

    本日の注目イベント

    • 中   中国 2月小売売上高
    • 中   中国 2月鉱工業生産
    • 独   独2月消費者物価指数(改定値)
    • 独   独3月ZEW景況感指数
    • 欧   ユーロ圏1月鉱工業生産
    • 米   FOMC (15日まで)
    • 米   2月生産者物価指数
    • 米   メルケル独首相訪米、トランプ大統領と会談

    昨日からのドル円は上値が重く徐々に下落したものの、114円台半ばは
    維持し、米長期金利の上昇に114円台後半まで値を戻しましたが小康状
    態です。明日はFOMCがあり、欧州ではオランダの総選挙が控えています。
    ポジション調整の域を出ず、値動きも小幅に留まっています。

    明日のFOMCでは利上げが確実視されていることから米長期金利が上昇し、
    昨日は2.62%台で引けています。
    この水準は昨年12月15日以来の高水準ですが、その割にはドル円が上昇
    していません。
    昨年12月15日といえば、トランプラリーのピークで、ドル円が117円
    から118円台半ばまで買われた時でした。
    金利水準は同じでも、ドル円の水準は2円以上も円高水準です。
    これはトランプ政権の政策に対する不透明感と、欧州リスクを控えている
    ことが主因だと思われます。

    債券市場だけが利上げに反応して動いているようですが、明日15日は
    上記2つの重要イベントに加え、米連邦政府の債務上限引き上げ期限が
    来ます。
    期限までに議会が上限引き上げを承認しなければ今後、政府は新規の
    国債を発行することができなくなります。
    かつて、オバマ大統領の時にも期限までに承認できなくて、政府機関の一部の
    機能が停止されたことがありました。

    FOMCでの関心ごとは既に、年内利上げが3回なのか、4回になるのかに
    移っています。
    4回の利上げがコンセンサスになるようだと、株価が軟調に推移することに
    なるかもしれません。
    急激な金利上昇を嫌って、利益確定の売りが優勢になる可能性があり、
    金や、原油市場では既にその動きが顕著になっています。
    金利上昇が進むと、金利の付かない金は売られる傾向があり、金価格は
    2週間程前の1260ドル近辺から1200ドルあたりまで売られています。

    一方で、昨日のNY債券市場で見られたように、金利上昇は債券価格の下落
    要因となり、価格が下がり、金利が上昇します。
    金利上昇はドル高につながり易いため、ドル円が株価か債券のどちらの材料に
    より反応するのかを見極める必要があります。
    まずは、15日のFOMCで「ドットチャート」が先行きの金利をどのように
    示すのかに注目したいと思います。

    本日のドル円は114円50銭~115円50銭程度を予想します。

    ドル円雇用統計発表後反落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • 2月の雇用統計はまずまずの結果でしたが、ドル円は

    115円51銭まで上昇したものの、利益確定のドル売りに

    押され反落。長期金利の低下もあり、114円66銭までドルが

    売られた。

  • ユーロドルは大幅に反発。ECBによるテーパリングの噂なども

    流れ、1.05台後半から1.07近辺までユーロの買い戻しが進む。

  • 株式市場は続伸。利上げのペースはそれほど加速しないとの

    見方が広がり、ダウは44ドル上昇。他の主要指数も揃って続伸。

  • 債券相場は反発。4日連続で続落したことでショートカバーの

    買い戻しも入り、長期金利が2.57%台まで低下。

  • 金は9日続落。原油価格も5日続落し、約3カ月半ぶりとなる

    48ドル台まで売られる。

  • 2月失業率            →  4.7%

  • 2月非農業部門雇用者数   →  23.5万人

  • 2月平均時給          →  0.2%(前月比) 、2.8%(前年比)

  • 米2月財政収支        →  -1920億ドル


    本日の注目イベント

  • 欧 ドラギ・ECB総裁講演

  • 米   2月労働市場情勢指数(LMCI)                                   

    今週15日のFOMCでの利上げ観測が高まっている中、先週末に発表された

    2月の雇用統計がまずまずの結果であったことから、利上げは確実な状況にな

    ったと思われます。先週水曜日に発表されたADP雇用者数が予想を大きく上

    回る結果を見せたことから、上振れ期待もありましたが、非農業部門雇用者数

    は23.5万人で、失業率は4.7%と、いずれも予想よりも改善していまし

    た。注目された平均時給は予想と同じく、前年比で2.8%でした。ただ、こ

    の結果が利上げを遅らせるほどのものではありません。ドル円は115円51

    銭まで買われましたが、そこを天井に反落しています。雇用統計発表直前まで

    ジリジリとドルが買われていたことや、先週末のコメントにも書きましたが、

    良好な雇用統計がある程度期待されていたこともあり、115円~115円台

    半ばはドル売り注文が集まりやすい水準であったことが、この日の高値から1

    円ほど落とされた理由かと思われます。ただ、ここからドルがさらに一段と売

    られる可能性は低いと予想しています。

    それはやはり、労働市場の拡大が続いていると見られるからです。製造業の雇

    用者の伸びは1年ぶりのことで、予想通りだった平均時給の

    伸び率も8年ぶりの水準に戻ってきました。その結果、年内3回の利上げと見

    込まれている利上げ回数もJPモルガンやゴールドマンは今回の雇用統計を受

    けて、『年4回も可能』と上方修正しています。

    仮に4回の利上げだとすれば、15日のFOMCに続いて6、9、12月のイ

    エレン議長の会見を伴う会合全てで利上げを行うことになります。あるいは、

    利上げは全ての会合で可能との立場に立てば、15日に続いて5月の会合でも

    利上げを実施する可能性さえあります。トランプ大統領の経済政策がある程度

    の規模を伴って実施された場合、労働力が不足する事態も予想され、労働力確

    保のため賃金も上昇するはずです。

    今週の利上げは確実ですが、ドル円が再び115円台半ばを上回るには、やは

    り年4回の利上げが見通せるような裏づけが必要になります。

    15日の会合ではメンバーによるFF金利の見通し(ドットチャート)も発表

    されるため、この結果がヒントになります。

    また、会合後のイエレン議長の言葉に「年4回利上げ」を示唆する言葉がある

    のかどうかにも注目しなければなりません。

    本日のドル円は115円台に乗せれば売りも出でくると思いますが、下値もそ

    れほど深くはないと予想しています。

    下値は1時間足の雲の下限である114円30銭程度と見て、予想レンジは1

    14円30銭~115円30銭程度にしたいと思います。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。