ドル円110円を維持し堅調 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • 米朝首脳会談をひとまず評価したドル買いで、ドル円は

    110円49銭まで上昇。発表された5月のCPIが年率で2.8%

    だったこともドルを支えた。

  • ユーロドルは小幅に反落。1.1733まで売られる場面が

    あったが、明日のECB理事会を控え活発な動きは見られなかった。

  • 株式市場は続伸したものの、ダウは5日ぶりに小幅安で

    終わる。ハイテク株の多いナスダックは43ポイント上昇。

  • 債券相場は小幅ながら3日続落。長期金利は2.96%台まで

    上昇し、ドル堅調の一因に。

  • 金は反落し1300ドルを割り込む。原油は小幅に続伸。


  • 5月消費者物価指数 →  +0.2%

  • 5月財政収支     →   -1468億ドル

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏4月鉱工業生産

  • 欧   IEA月報

  • 英   英4月消費者物価指数

  • 英   英4月生産者物価指数

  • 米   FOMC 政策金利発表

  • 米   パウエル議長記者会見

  • 米   5月生産者物価指数


    昨日の米朝首脳会談の様子をテレビの前でしっかりと見た人は多かったのでは

    ないかと思いますが、共同声明に署名をする場面では、やはりトランプ氏が役

    者が1枚も2枚も上なのか、終始場面をリードしている様に見えました。

    年齢差や人生経験を考えれば当然なのでしょうが、1対1の会談でどんなこと

    が話されたのか、興味は尽きません。

    共同声明では、朝鮮半島の非核化に取り組むことが記載されていましたが、そ

    のプロセスについては触れていません。これについてトランプ大統領は「完全

    な非核化には時間がかかる。いったんプロセスが始まれば、ほとんど終わる」

    と述べており、事前にあれだけ「完全で、かつ検証可能で不可逆的(CVI

    D)な非核化」にこだわった事を考えると、やや肩透かしをくらった印象です。

    一方金委員長は、北朝鮮の体制保証を取り付けたことで、まずまずの成果だっ

    たと満足している風にも見えました。

    結局今回の歴史的会談は、政治的パフォーマンスの色合いも強く、それでもト

    ランプ大統領が言ったように、ひとまず筋道をつけたことを喜ぶべきなのか、

    あるいは結局米国が望んだ短期的な非核化が棚上げされたことに失望するのか、

    評価が分かれるところです。

    またわれわれにとって関心のある拉致問題では、「拉致を提起した」とトラン

    プ大統領は述べていましたが、それに対する金委員長の言葉すら分かっていま

    せん。この点に関しては失望と言わざるを得ません。

    ドル円は昨日の首脳会談中に、「期待以上の成果だった」というトランプ大統

    領の言葉に反応し、110円49銭までドル高が進みましたが、その後上値は

    抑えられており、NYでも同じように上値を試したものの、110円台半ばは

    抜け切れていません。

    市場は既に「米朝首脳会談」から「FOMCとECB理事会」に目線を移して

    います。今回のFOMCでは今年2回目となる利上げはまず間違いないと思わ

    れます。そうなると、残りもう1回なのか2回なのかが焦点ですが、前回のF

    OMC議事録では「利上げは急がない」との文言もあり、パウエルFRB議長

    の会見でもヒントは得られず、ニュートラルな結果になるかもしれません。

    今朝方のドル円は110円台半ばを若干超えてきたことから、やはり利上げが

    ドル高をサポートしている構図になっていると思われます。

    既に日足の「200日線」をしっかりと抜けてきたことから、111円テスト

    もあるかもしれません。

    ただ、それでも今後円が買い戻される材料は残っています。

    米朝首脳会談で自分をアピールできたトランプ大統領が、先週も触れていた輸

    入自動車関税の引き上げに着手し、中間選挙を一気に有利に持っていきたいと

    考えることに違和感はありません。

    また先週のカナダでのG7では欧州との対立が鮮明でしたが、ドイツのメルケ

    ル首相は「7月1日にも対抗措置を準備できる」と述べており、対中国だけで

    なく、対欧州でも「貿易戦争」という言葉が現実味を帯びてきました。

    「最初にガツーンとやってから落し所を探る」のがトランプ流外交術であるこ

    とから、このまま「貿易戦争」に発展する可能性は低いものの、円が急騰する

    場面も想定されます。

    本日のドル円はFOMCもあることから、109円50銭~111円程度を予

    想します。


  • ドル円米朝首脳会談を前に続伸 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は110円台を回復したものの、勢いはなくもみ合い。
      経済指標もなく、本日の米朝首脳会談を見守る雰囲気が強まる。
      ドル円は110円12銭まで買われたが、110円を挟む水準で一進一退。

    • ユーロドルは小幅に上昇。イタリアの財務相がユーロへの残留を
      コミットしたことで、1.18台前半までユーロ高が進む。

    • 株式市場は小幅に続伸。特段材料がない中、米朝首脳会談には
      楽観的な見方が広がり、ダウは5ドル上昇し、4日続伸。

    • 債券相場はほぼ変わらず。長期金利も2.95%台とやや上昇。

    • 金と原油はともに上昇したが、小幅に留まる。

    本日の注目イベント

    • 英  英5月雇用統計
    • 独  独6月ZEW景気期待指数
    • 米  5月消費者物価指数
    • 米  5月財政収支 
    • 米  米朝首脳会談(シンガポール)

    「(会談は)うまくいくと思う」トランプ大統領がそう自信を深めた米朝首脳会談は現地時間9時から両首脳の挨拶があり、9時15分から1対1の会談が始まります。両首脳に加え、関係閣僚を加えた拡大会議は10時間から始まる予定で、11時半からはワーキングランチが設定されています。また会談は本日1日の予定で、トランプ大統領は7時にはシンガポールを出発することになっています。

    会談に先立ち、ポンペオ国務長官は記者会見で「米国が唯一受け入れる結果とは、完全かつ検証可能で不可逆的な非核化だ」と述べ、「外交で正しい方向に動かないのなら、制裁は強化される」と語っており、最後の最後まで駆け引きを行っています。もっとも、ポンペオ氏は「明日の会談が成功することに私は非常に楽観的だ」とも述べています。焦点は言うまでもなく非核化への「期間」です。短期間での非核化を望むトランプ大統領の意向を、金委員長が受け入れるかどうかという点です。現時点では会談は建設的で和やかな雰囲気の中で行われると見られます。早朝のドル円も、その辺りを織り込みつつ110円台半ばまでドル高が進んでいます。

    ドル円は昨日の東京時間から株高を伴って上昇し、110円台に乗せました。NYでは110円12銭までドルが買われましたが、勢いはなく110円を挟む展開になっています。日足の「200日線」が上昇を抑えていましたが、今朝のドル急伸でこの水準をクリアしています。ただ注意したいのは、この会談が終了すれば市場の注目は次の材料であるFOMCとECB理事会に移ります。そのため、会談途中でも「材料出尽くし」という認識からドルが売られる可能性もないとは言えません。

    トランプ大統領は、先のG7サミット終了後にも自動車関税の引き上げに触れています。今回の会談を成功裡に終わらせれば、一気呵成に自動車問題も片付けたいと考えるかもしれません。今朝の報道では、メルケル独首相は「米国への対抗措置は7月1日に発動可能だ」と述べているように、G7主脳声明を承認しないと言い張ったトランプ大統領への対決姿勢を、EU全体で強めていくことも予想されます。本日のドル円は109円60銭から110円60銭程度を予想します。

    ドル円小幅に下落 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は109円台半ば前後で小動き。カナダで行われるG7
      首脳会議の行方を見極めたいとする姿勢が強まり、米金利が
      小幅に上昇したことで109円50-60銭まで戻して引ける。

    • ユーロドルは小幅に反落。1.1736前後まで売られたが、
      商いは薄く、盛り上がらず。

    • 株式市場は続伸し、ダウは75ドル上昇。朝方は安く始まったが、
      午後には3主要市場とも揃って上昇。

    • 債券相場は反発。株価は上昇し、リスクオフムードがやや後退。
      長期金利は2.94%台まで上昇。

    • 金、原油はともに反落。

    本日の注目イベント

    • トルコ トルコ1-3月期GDP

    • 英   英4月鉱工業生産

    • 英   英4月貿易収支

    110円台維持に失敗したドル円は欧州時間に109円20銭まで売られました。カナダで行われるG7サミットでは、米国の保護貿易への批判が相次ぐとの見方もあり、ややドルの上値が重くなりました。NY時間では週末のポジション調整がメインで、株価が上昇し、米長期金利も上昇した割にはドルの戻りは鈍く、109円台半ばで越週しました。

    G7首脳会議では事前に予想された通り、米国の保護貿易に対する厳しい批判が相次ぎました。声明文が出されるのかどうか危ぶむ声もありましたが、声明分の発表までにはどうにか、こぎつけました。声明文では「われわれはハンブルグG7サミットの貿易システムが極めて重要な役割があると強調し、保護主義と引き続き闘う」との内容でした。ただトランプ大統領は「G7サミットは時間の無駄だ」と述べ、米代表団にG7サミット首脳宣言を承認しないよう指示するとともに、カナダのトルドー首相が不誠実だと批判しました。

    サミット終了後は「心既にここにあらず」という状況で、そそくさとシンガポールに向けて飛び立って行きました。歴史的な北朝鮮トップとの会談がトランプ大統領にとって、もはや最重要課題となっており、報道ではトランプ大統領は北朝鮮と公式の関係を樹立し、最終的に平壌に大使館を開設することを検討する用意があると伝えています。

    為替市場も明日の歴史的会談を見守る姿勢を強めており、今日明日は、材料に乏しいこともありますが、動きにくい展開が予想されます。トランプ大統領はカナダからシンガポールに向かう専用機の中でもツイートし、「われわれは米国市場にあふれる自動車への関税を検討している」ことを明らかにしています。日本としても、ここの部分は何としても避けたいところですが、米国とカナダが関税を巡る報復合戦を行う流れから、米国への輸入車の関税引き上げが決まってしまう恐れもあります。本日のドル円は109円~109円90銭程度を予想します。


    ドル円110円台を維持できず反落 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は110円台を維持できず反落。米長期金利が低下したことから

    ドル売りがやや優勢となり、109円48銭まで下落。

  • ユーロドルは1.1840まで上昇。来週の理事会で量的緩和の終了が

    議論されるとの見方がユーロ買いをサポート。ユーロ円も一時

    130円台前半まで続伸。

  • 株式市場はまちまち。ダウは前日の大幅高に続きこの日も

    95ドル上昇。一方ナスダックは利益確定の売りに押され、54ポイント下落。

  • 債券価格は反発。長期金利は一時2.9%を割り込んだが、

    引けは2.92%台まで戻す。

  • 金と原油は揃って反発。

  • 新規失業保険申請件数   →  22.2万件

  • 1-3月期家計純資産    →  1028bドル

  • 4月消費者信用残高     →  9.262bドル

    本日の注目イベント

  • 日   4月国際収支

  • 日   1-3月GDP(改定値)

  • 日  5月景気ウオッチャー調査

  • 中   中国5月貿易収支

  • 独   独4月鉱工業生産

  • 独   独4月貿易収支

  • 加   カナダ5月住宅着工件数

  • 加   カナダ5月就業者数

  • 加   カナダ5月失業率

  • 加   G7首脳会議(カナダ、シァルルボア)

    トルコ中銀が昨日の政策会合で利上げを決めました。

    1週間物レポ金利を1.25%引き上げ、17.75%としました。

    先月28日に大幅な政策金利引き上げを実施したばかりなこともあり、今回の

    会合では「引き上げはない」と個人的には予想していましたので、サプライズ

    でした。市場でも多くは据え置きと予想しており、利上げを予想した向きでも

    「0.5%」という中での大幅な利上げでした。これで、過去2カ月弱で3回

    目となる利上げです。

    トルコ中銀は声明で、高水準のインフレとインフレ期待が引き続き価格動向に

    リスクを及ぼしていると指摘。物価安定を支えるため金融引き締めの強化を決

    定したと説明し、物価安定を追及するためあらゆる手段を活用し続けると表明

    しました。(ブルームバーグ)

    この発表を受けてトルコリラ円は、24円台半ばを超える水準まで上昇。対ド

    ルでも4.4600を超える水準までリラ高が進みました。

    トルコでは通貨安と原油高からインフレが加速しており、直近でも12%と、

    高水準です。

    特に通貨安が物価を押し上げており、リラは今年だけでも2割ほど下落してい

    ます。インフレを沈静化するため、トルコ中銀は強力な金融引き締め政策を推

    進したいところですが、エルドアン大統領が中銀の金利引き上げに圧力を加え

    ており、政策金利の引き上げどころか反対に、大統領は「金利を引き下げれば

    インフレは収まる」と主張していました。そのため、市場では「トルコでは中

    銀の独立性が維持されていない」と見られ、投機筋などから売りを浴びせられ、

    トルコ国債も大きく値下がりしていました。今回の予想外の利上げはトルコ中

    銀の独立性をアピールすると同時に、意地を見せた格好ですが、今月24日の

    大統領選を控えてエルドアン大統領が、通貨安が自身にとってマイナスだとい

    うことを意識した「あくまでも選挙を意識して柔軟な姿勢を示しただけ」との

    見方もあるようです。

    ドル円は結局110円を維持できずに反落しました。前日のNY市場では11

    0円27銭までドル高が進んだものの、この水準を抜くことなく、109円台

    半ばまで押し戻されています。

    日足チャートでは、結果的に「200日移動平均線」に上昇を抑えられた形に

    なっています。

    米長期金利の方も、上昇傾向を強めてきたものの3%台乗せには失敗しており、

    引き続き米金利の動向に左右されそうですが、110円を挟んだ展開に落ち着

    きそうな気配です。

    来週は12日の米朝首脳会談を皮切りに、FOMCやECB理事会、さらには

    日銀の政策決定会合もあり、イベント満載です。

    米朝会談ではトランプ大統領も「もう、最大限の圧力という言葉は使いたくな

    い」と語るなど、融和な姿勢を見せていることから、会談からはドル売り材料

    が出る可能性は低いと予想しています。

    本日のレンジは109円20銭~110円10銭程度を予想します。


  • ドル円2週間ぶりに110円台を回復 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場


  • 株価の大幅上昇や、長期金利の上昇を手掛かりにドル円は

    110円台を回復。一時110円27銭までドル高が進む。

  • ユーロドルは続伸。ECBのプラート理事の発言から1.1795まで

    ユーロドル高が進行。ユーロは対円でも6日続伸し、129円台後半

    まで買われる。

  • 株式市場は続伸。S&P500が4日続伸し、ナスダック指数も

    最高値を更新。ダウは346ドル高と大幅に上昇し、2万5千ドルの

    大台を回復。

  • 株価の上昇に債券価格は下落。長期金利は再び上昇し、

    2.97%台に乗せる。

  • 金、原油はともに反落。


  • 労働生産性(1-3月、確定値)   →  +0.4%

  • 4月貿易収支              →  462億ドルの赤字

    本日の注目イベント

  • 豪   豪4月貿易収支

  • 日   4月景気動向指数

  • 中   中国4月外貨準備高

  • トルコ トルコ中銀政策金利発表

  • 欧   ユーロ圏1-3月期GDP(確定値)

  • 米   新規失業保険申請件数

  • 米   1-3月期家計純資産

  • 米   4月消費者信用残高

  • 米   日米首脳会談(ワシントン)

    米株式市場に再び資金が流れ込んでいるようです。

    昨日のNY株式市場では、S&P500が4日続伸。ナスダック指数も上昇し、

    連日の最高値更新です。やや出遅れ気味のダウは前日比346ドル上昇し、こ

    ちらは2万5000ドルの大台を回復するなど、今年1月末に最高値を記録し

    た後、米長期金利の上昇を嫌って長い期間「調整」が続いていた株式市場が再

    び活況を呈してきました。

    株価の大幅上昇を受けてドル円は110円台にしっかりと乗せてきました。

    注目の「200日移動平均線」も抜き、一時は110円27銭までドル高が進

    んでいます。

    円は対ユーロでも売られ、ユーロ円は129円台後半まで上昇。わずか1週間で

    124円台の底値から5円以上の上昇です。ドル円が買われた上に、ユーロドル

    も買われた結果ですが、昨日はECBの理事が14日に開かれる政策委員会会合

    が、資産買い入れ策の終了時期を決める上で重要になるとの認識を示したことで、

    ユーロの買い戻しが進みました、

    プラートECB理事はベルリンでの講演で、「資産買い入れ策の緩やかな巻き戻

    しを正当化できるだけの十分な進展がこれまでにあったかどうか、この判断を来

    週の政策委員会で下す必要があるのは明らかだ」と述べています。

    市場では、ユーロ圏景気の鈍化やイタリアなど南欧の政局不安から、量的緩和の

    終了が先送りになるとの見方が強まり、ユーロの下落圧力になっていました。

    プラート理事の発言に加え、政策委員会のメンバーであるバイトマンドイツ連銀

    総裁も、年内の債券買い入れ終了を見込む市場の期待は「妥当」

    と発言し、同じくオランド中銀のクノット総裁も、債券買い入れの終了を近く

    発表することは「合理的」だと述べています。(ブルームバーグ)これらの発言

    から、ユーロドルは約2週間ぶりの高値となる1.18手前まで上昇しました。

    ドル円は110円を何度かテストし、そのたびに押し戻されていましたが、昨日

    の夕方から再び上昇し、NY市場では110円27銭をつけています。

    その後の伸びはいま一つですが、それでも110円台前半に並んでいたドル売り

    注文をこなしたことになります。

    本日の東京時間では、NY株の大幅高と円安が揃ったことで、日経平均株価もあ

    る程度の上昇が見込めます。焦点は、その際にドル円が何処まで上値を伸ばせる

    かという点です。

    このところの1日の値幅を考えると、ここから大幅に上昇して111円を付ける

    というシナリオはないとしても、110円半ばあたりまでの上昇はあるかもしれ

    ません。2.97%台まで上昇してきた米長期金利が、3%台を回復するなどの

    支援材料も期待したいところですが、短期の動きを示す「30分足」では「ダイ

    バージェンス」を示現しており、やや注意が必要かもしれません。

    本日の予想レンジは109円70銭~110円60銭程度にしたいと思いますが、

    明日からの「G7サミット」や来週の「米朝首脳会談」といったイベントには、

    ここでも「トランプリスク」が意識されますが、注目しておかなければなりませ

    ん。


  • このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。