ドル円109円台を維持できず 

ひと目で分かる昨晩の動き

NY市場

  • ドル円は109円台を維持できず反落。経済指標もいまいちで、

    金利低下や株安に反応し、108円台前半までドルは下落。

  • ドル安の流れにユーロドルも急伸。一時は1.0736と、

    約3週間ぶりのユーロ高に。

  • ポンドが大幅に上昇。メイ首相が解散総選挙を行うことを

    表明したことで、対ドルでは1.29台に乗せる。

  • 株式市場は反落。ゴールドマンの決算が市場予想に届かなかった

    ことで大幅に下落し、ダウ全体の足を引っ張った。ダウは113ドル安で

    取引を終える。

  • 債券相場は反発し、長期金利は今年最低水準にまで低下。

    朝鮮半島での緊張や、欧州での政治リスクを手がかりに買われる。

    長期金利は2.16%台まで急低下。

  • 金は買われ5日続伸。原油は続落。


  • 3月住宅着工件数    → 121.5万件

  • 3月建設許可件数    → 126.0万件

  • 3月鉱工業生産     →  +0.5%

  • 3月設備稼働率     →  76.1%

    本日の注目イベント

  • 欧   ユーロ圏2月貿易収支

  • 欧   ユーロ圏3月消費者物価指数(確定値)

  • 米   ベージュブック(地区連銀経済報告)

  • 米   ローゼングレン・ボストン連銀総裁講演

  • 米  企業決算 → モルガンス・タンレー、ブラックロック、アメックス


    昨日の東京時間には109円21銭あたりまで上昇したドル円。やはり上値は重く

    109円台は維持できなかったばかりか、108円台前半までドル売りが進み、再

    び108円割れを試す雰囲気が漂ってきました。昨日のこの欄でも指摘したように、

    109円20-25銭に集まっている抵抗帯で上昇を抑えられた格好でした。

    朝鮮半島での緊張の高まりやフランス大統領選に加え、昨日はイギリスのメイ首相

    が突然「解散総選挙」を行うことを表明し、欧州での政治リスクが高まってきまし

    た。さらに、昨日発表された米住宅関連の指標は予想を下回り、消費者物価指数の

    伸びの鈍化と伴に、FRBによる利上げ観測もやや足踏み状態です。

    これらを材料に米国債には再び資金が向かい、10年債利回りは2.16%台まで

    低下(価格は上昇)してきました。

    日米金利差の縮小はドルが売られ易いことから、ドル円の上昇力が急速に低下して

    いるのが足元の動きです。

    また日本株に目を移しても、連日年初来安値を更新しており、東証1部の売買代金

    も今週は2日連続で2兆円を大きく割りこんでおり、盛り上がりません。個人も含

    め、投資家の多くがリスクに対して身構え、慎重な姿勢を崩していないことが表れ

    ています。

    このような状態で、ドル円はなかなか浮上のきっかけをつかめない状況です。昨年

    12月にはトランプラリーで、118円台半ばまで上昇したドル円でしたが、すで

    にその上昇分の半分は吐き出しています。108円を割り込むと105円台も視野

    に入ってきそうです。まだ米利上げ観測がなくなったわけではなく、ここがドル下

    落の際の支えになっているのも事実ですが、2015年、16年のように利上げ観

    測が急速に後退し、「わずか一回」しか実施できないような状況になると「年後半

    にかけてドル高が進む」とうメインシナリオそのものが修正を余儀なくされること

    になります。

    このように、さまざまなリスクが顕在化しており、なかなかドルを素直に買える状

    況にはなっていません。まだしばらくは「ドルの戻り売り」が機能する状況が続き

    そうです。

    本日の予想レンジは108円~109円程度とみますが、108円台を維持できる

    かどうかが一つのポイントでもあります。


  • ドル円108円割れはひとまず回避 

    ひと目で分かる昨晩の動き

    NY市場

  • ドル円は一時109円台を回復。株価の大幅上昇や金利高に

    加え、ムニューチン米財務長官が「長期的なドル高は望ましい」と

    発言したことが背景。

  • ユーロドルは1.06台後半から売られたが動きは限定的。

    日曜日の仏大統領選を見極めたいとする姿勢が強まる。

  • 株式市場は大幅に反発。過去3日で大きく売られたことの

    反動もあり、ダウは183ドル高で2万600ドル台を回復。

  • 株価の上昇に債券は反落。北朝鮮問題が不透明なことから

    下落幅は小幅に留まる。

  • 金は続伸し1291ドル台に。原油は小幅に売られる。

  • 4月NY連銀製造業景気指数 → 5.20

  • 4月NAHB住宅市場指数   → 68

    本日の注目イベント

  • 日   ペンス米副大統領が来日、麻生財務大臣と経済対話

  • 米   3月住宅着工件数

  • 米   3月建設許可件数

  • 米   3月鉱工業生産

  • 米   3月設備稼働率

  • 米   IMF、世界経済見通し

  • 米   ジョージ・カンザスシティー連銀総裁講演

  • 米  企業決算 → BOA、ゴールドマン                                  

    朝鮮半島の緊張が高まる中、昨日の東京時間にドル円は一時108円13銭

    近辺まで売られ、108円割れも視野に入った印象でしたが、NY市場では

    何とか持ちこたえ、米財務長官の発言などで109円台までドルが買い戻さ

    れています。「リスクオフ」の流れが一旦止まったことで、為替、債券、株

    式で巻き戻しの動きが出たものと思われます。

    ただ引き続きペンス副大統領が過激な発言を行っており、そのペンス氏と本

    日は、日米経済対話が始まることで、まだ円高リスクは依然として残ってい

    ると見られます。

    ムニューチン財務長官は英フィナンシャル・タイムズ(FT)紙とのインタ

    ビューで、「長期的に見て強いドルは良いことだ」と再び言及しました。

    これは就任直後に示した認識と同じものでしたが、「準備通貨」としてのド

    ルの価値について述べたものと思われ、先週のトランプ氏の「ドルは強すぎ

    る」との発言とは全く相反するものです。ただその真意は、「トランプ大統

    領は短期的なドルの強さについて事実に基づく発言を行った」とムニューチ

    ン氏は説明しています。

    ドル円はこの発言に反応し一時は109円台まで反発しましたが、まだドル

    の上値の重さが感じられることに変わりはありません。北朝鮮問題では米国、

    北朝鮮がともに強硬姿勢を崩してはおらず、「一触即発」の状況は変わって

    いません。とりわけ訪韓中のペンス副大統領の発言は注目されます。

    ペンス氏は昨日韓国で記者会見を行い「北朝鮮への戦略的忍耐は終わった」

    と発言し、「北朝鮮は大統領の力と決意を試すべきではない」と述べていま

    す。さらに中国へも一段と圧力を加え「中国が北朝鮮に適切に対応すると信

    じているが、中国が問題に対処しなければ米国と同盟国が行動する」とも述

    べています。副大統領であるペンス氏の言葉は、ある意味トランプ氏の言葉

    を代弁しているともとれ、米国が北朝鮮に対して依然として強い態度で臨ん

    でいることが窺えます。

    そのペンス氏が本日来日し、麻生財務大臣と日米経済対話に臨むことになっ

    ています。今朝のブルームバーグの報道によると、会合は本日の午後都内で

    行われ、日米とも他の閣僚は参加せず、両者で合意した議題を両国に持ち帰

    り、各省庁が検討することになっているようです。

    本日はさすがに日本株も上昇するものと見られますが、109円台でどこま

    でドルが買われるのかに注目しています。109円20―25銭には「雲の

    上限」と「120日線」(1時間足)が集まっており、先ずはこの水準をク

    リアできるかどうかです。

    予想レンジは108円50銭~109円50銭程度と見ます。


  • ドル円続落し108円台半ばに 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は米国が北朝鮮への攻撃があるかどうかを意識
      するなかで緩やかな下落。108円55銭まで売られ、引き続き
      円が買われ易い状況が続く。

    • ユーロドルは小動き。1.06台前半で推移し、この日は米株式、
      債券市場が休場だったことも値動きを小幅にした。

    • 3月消費者物価指数  →  -0.3%

    • 3月小売売上高     →  -0.2%

    本日の注目イベント

    • 中 中国 1-3月GDP
    • 中 中国 3月小売売上高
    • 中 中国 3月鉱工業生産
    • 米 4月NY連銀製造業景気指数
    • 米 4月NAHB住宅市場指数
    • 米 フィッシャー・FRB副議長講演
     
    週末には、懸念されていた北朝鮮の核実験は行われなかったももの、北朝鮮はミサイルを発射し失敗に終わっています。北朝鮮からは依然として挑発が続いており、15日の軍事パレードでは「米国が無謀な挑発をすれば即時打撃する。全面戦には全面戦で対応する」といった姿勢を見せています。

    米国側も、すでに空母カールビンソンは朝鮮半島に到着したとしており、一部の米メディアは「北朝鮮が核実験場に踏み切った場合、米軍が通常兵器で先制攻撃する準備に入った」と伝えているようです。また、今朝の情報では韓国の黄教安大統領代行と同国を訪問中のペンス米副大統領が17日午後3時から共同記者会を開くと発表しています。米国の、シリアやアフガニスタンに続く攻撃はどうやら避けられない状況になってきた印象です。

    ドル円は先週末のNY市場では108円55銭まで売られています。地政学的リスクが高まっている中、前日にトランプ大統領が「ドルは強すぎる」と発言し、さらに週末に発表された3月の小売売上高が2カ月連続で減少していたことで、米景気の持続性に不透明感も出て来ました。

    テクニカル上でも重要な日足の200日移動平均線も、先週末には一時的には割り込んでおり、市場のセンチメントは急速に円買いに傾いています。株式市場でも、連日年初来安値を更新する展開が続いており、急速に「リスクオフ」が進行しています。本日も株安ドル安の流れが強まると、108円台前半までの円高があるかもしれません。だだし先週にも触れましたが、地理的にも日本に近い朝鮮半島で「有事」が起きた場合、はたしてこれまで通り、「安全通貨の円を買う」という行動でいいのかどうか、難しい判断です。「有事」の場合には、先ずは円買いで反応するとは思いますが、その後の動きも慎重に見極める必要があります。

    本日はやはり上値の重い展開が想定されます。上述のように、朝鮮半島での緊張は高まっています。株価がどのように反応するのかを見ながら、108円~109円程度のレンジを予想します。

    ドル円反発するも限定的 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は109円台を回復し、109円39銭近辺まで買われた
      ものの、米国がアフガニスタンの「イスラム国」の施設を攻撃した
      との報道から反落。109円割れまでドルが売られ、109円
      10銭前後で取引を終える。

    • ユーロドルは1.06台前半で小動き。対円では115円台まで
      売られ、直近安値を更新。

    • 株式市場は朝方には前日比プラス圏で推移していたが、
      米国の「イスラム国」施設への攻撃が伝わると急落。
      ダウは115ドル下落し、2万500ドル台を割り込む。

    • 債券相場は地政学的リスクがさらに高まってきたことから
      続伸。長期金利は2.23%台まで低下。

    • 金は続伸し、一時5カ月ぶりとなる1290ドル台まで買われる。
      原油価格も小幅に反発。

    • 3月生産者物価指数               →  -0.1%

    • 新規失業保険申請件数             →  23.4万件

    • 4月ミシガン大学消費者マインド(速報値)  →  98.0

    本日の注目イベント

    • 米   3月消費者物価指数
    • 米   3月小売売上高
    • 米   グッドフライデーのため債券、株式市場は休場

    ドル円は昨日の朝方、株価の下落に伴い108円73銭近辺まで売られたが、その後はもみ合いを続け、夕方には109円台を回復。NY市場では109円39銭あたりまで反発しました。ただ、その後は米国がアフガニスタンにある「イスラム国」の施設を攻撃したことが伝わり、株安、金利低下、と再び地政学的リスクが高まり円が買われています。

    この日は、ミシガン大学消費者マインドなど、経済指標は良好で、さらに、JPモルガンの好決算があったにもかかわらず、米国が「イスラム国」施設を攻撃したことで、北朝鮮への攻撃もあるのではないかとの観測も高まって来ました。今回米国が使用した爆弾は、核以外では米軍最大の破壊力を持つ大規模爆風爆弾兵器(MOAB)を使ったと伝えられ、このあたりにも、トランプ大統領の「あせり」のようなものを感じます。大統領就任時には演説で、「米国はもはや、世界の警察ではない」と述べましたが、どうやら、米国は再び世界の警察の任務に戻ったようです。

    ドル円は注目されていた日足の「200日移動平均線」がある、108円60-70銭の手前で反発しており、この水準が意識されていたことが窺えます。また「月足」でも現在雲の上限に差し掛かっており、この雲の中に入るのかどうかも意識されています。この雲は昨年6月の「BREXIT」に伴い急激な円高が進んだ際にも、しっかりサポートされた「実績」があります。今回も再びこの雲入りを試しており、上記「日足」の200日線と考えると、重要なレベルと言えます。

    それにしても、トランプ氏が大統領に就任してからは、予想はしていましたが、円高圧力が強まっています。もともとドル高を受け入れるとは思っていませんでしたが、それでも財務長官のムニューチン氏が「長期的にはドル高は有益だ」と発言するなど、110-120円の水準なら許容範囲なのではないかとの見方もありました。地政学的なリスクの高まりに加えて、「ドルは強すぎる」といった発言で短期的なドル円のレンジは105-110円に下方修正された可能性もあります。

    本日は再び軟調な株価の動向が気になります。
    NYタイムは株式、債券市場が休みのため、ドル円の値動きも限られると思われますが、米空母は15日にも朝鮮半島付近に到着するとの報道もあり、依然として緊張が続きます。予想レンジは108円50銭~109円80銭程度とみます。
    ======================================
    ウェスチングハウス(WH)。
    不正決算で大揺れに揺れた東芝が2006年に買収した原子炉メーカーですが、今や、その名門企業東芝の運命を左右するほどの「重荷」になっています。このウェスチング社をどこに売却するのかを巡って連日紙面をにぎわせています。一方、朝鮮半島に向け航行中の米原子力空母「カールビンソン」も、いつ目的地に到着するのか、こちらも話題に事欠きません。なにしろ映画「トップガン」にも登場した世界最強の空母です。空母には5000人ほどの人が働いており、さながら「動く小さな街」のようだそうです。この「カールビンソン」、動力は原子力です。しかもその原子炉がウェスチング社製というのは、何か奇妙なめぐり合わせです。
    良い週末を・・・・・。

    ドル円トランプ発言で108円台に 

    ひと目で分かる昨晩の動き
    NY市場


    • ドル円は一段と下落し、一時108円96銭まで円高が進む。
      トランプ氏がWSJ紙とのインタビューで、「ドルは強すぎる」と発言
      したことが伝わるとドルは109円台後半から急落。

    • ユーロドルは反発。1.05台では底堅く推移し、トランプ氏の発言で
      1.0675までユーロ高が進行。

    • 地政学的リスクを背景に株式市場は揃って続落。ダウは59ドル下げ、
      2万600ドルを割り込む。

    • 債券相場は続伸。トランプ氏の「低金利が望ましい」との発言に
      反応して買われる。長期金利は2.23%台へとさらに低下。

    • 金は続伸。原油は8営業日ぶりに反落。

    • 3月財政収支 → -1762億ドル

    本日の注目イベント

    • 豪   豪3月雇用統計
    • 中   中国 3月貿易統計
    • 米   3月生産者物価指数
    • 米   新規失業保険申請件数
    • 米   4月ミシガン大学消費者マインド(速報値)

    米国による北朝鮮への「攻撃」の可能性が高まり、地政学的リスクの上昇を背景に円が買われる展開が続いていますが、それに加え昨日はトランプ大統領による「口撃」に一段と円高が進み、108円台に入って来ました。

    昨日の東京時間にドル円は、一時109円35銭まで売られる場面はあったものの、その後は株価の大幅下落の割には底堅く、NY市場では109円台後半まで反発しましたが、トランプ氏のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)紙とのインタビューが伝えられるとドル円は急落し、108円台後半まで円高が進んで来ました。

    トランプ大統領は「ドルは強くなりすぎていると思う。これはある程度私のせいでもある。人々が私を信頼しているためだ。しかし、これは痛手となっている。最終的に痛手となる」と語っています。支持率が40%を切る中で、「トランプ氏への信頼」と述べることは、やや滑稽にも聞こえますが、市場は素直にドル売りで反応しています。トランプ氏はさらに「中国は為替操作国ではない」とも発言し、「ドルが強く、他国が自国通貨を切り下げている状況で競争するのは極めて難しい」とも述べています。
    また、イエレンFRB議長の再指名に含みを持たせるとともに、「低金利政策が望ましい」と語っています。(ブルームバーグ)同氏は、昨年の大統領選の最中から、「大統領に就任したら、その日に中国を為替操作国に認定する」と豪語し、イエレン議長も「交代させる」と言い放っていました。米国の大統領ともあろう人が、こうも軽々と自分の信念を変えるのはいかがなものかと言いたくなりますが、それで市場が動いたのも事実です。

    ドル円は早朝に108円92銭までドル安が進み、昨日も述べましたが、いよいよ200日線のある108円62銭近辺が意識される展開になって来ました。日足で200日線を下回るようなことがあれば、昨年11月10日以来ということになり、あの大統領選の翌日以来ということになります。そのような状況になると、市場参加者の相場観もさらに下落を予想するようになり、105円と言う数字が聞こえてくることになります。

    市場を取り巻く環境が「円買い一辺倒」に傾きつつある中、忘れてはならないのは米景気の好調さです。年内さらに2回の利上げの可能性も消えたわけではありません。目先円が買われ易い状況であることは事実ですが、このような時こそ冷静に状況を見極める必要があります。本日も円高を理由に日本株は軟調でしょう。既に年初来安値を更新していますが、本日も売り先行で始まると思われ、株価反発のきっかけは見つかりません。結局、NY株式市場が反発するのを待つしかないようです。
    予想レンジは108円50銭~109円80銭程度と見ています。

    このサイトは情報提供を目的としており、投資勧誘を目的とするものでは、ございません。投資の最終判
    断はご自身でなさるようお願い致します。本サイトの情報により皆様に生じたいかなる損害については弊
    社及び執筆者には一切の責任を負いかねます。

    外国為替証拠金取引とは、元本や利益が保証された金融商品ではありません。お取引した通貨にて、
    相場の変動による価格変動やスワップポイントの変動により、損失が発生する場合があります。
    レバレッジ効果では、お客様がお預けになった証拠金以上のお取引が可能となりますが、証拠金以上の
    損失が発生するおそれもあります。個人のお客様の取引に必要な証拠金は、各通貨のレートにより
    決定され、お取引額の4%相当となります。証拠金の25倍までのお取引が可能です。
    (法人のお客様の取引に必要な証拠金は、通貨ペア、取引コースにより1万通貨あたり3,500円から
    34,000円の範囲内であり、証拠金の約200倍までの取引が可能です。)当社では、
    「オフセット注文™」以外の取引手数料、口座維持手数料を無料としておりますが、
    取引レートの売付価格と買付価格には差額(スプレッド)があり、
    また諸費用等については別途掛かる場合があります。当社は法令上要求される区分管理方法の
    信託一本化を整備いたしておりますが、区分管理必要額算出日と追加信託期限に時間差があること
    等から、いかなる状況でも必ずお客様から預かった証拠金が全額返還されることを保証するもの
    ではありません。ロスカット取引は、必ず約束した損失の額で限定するというものではありません。
    通常、あらかじめ約束した損失の額の水準(以下、「ロスカット水準」といいます。)に達した時点から
    決済取引の手続きが始まりますので、実際の損失はロスカット水準より大きくなる場合が考えられます。
    また、ルール通りにロスカット取引が行われた場合であっても、相場の状況によってはお客様より
    お預かりした証拠金以上の損失の額が生じることがあります。お取引の開始あたり、
    契約締結前交付書面を熟読の上、十分に仕組みやリスクをご理解いただき、ご自身の判断にて
    開始していただくようお願いいたします。